瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 爆笑に次ぐ爆笑

<<   作成日時 : 2007/08/19 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

な、トークショーでございましたv

8月16日のファン感謝デーイベント。
終電覚悟で参加しましたが、参加してよかった!!
というか、橋本さん、岡さん、泉見さん、阿知波さん、って、
このメンバーで面白くないはずが無いじゃないですか!!
案の定、爆笑に次ぐ爆笑でした。
詳細は公式ブログにもうのっておりますので、
とりあえず、私の印象に残ったところを。
といっても、笑いすぎて記憶飛んでるかも・・・(笑)


まず橋本さん。
囚人の衣装で出てこられました。
「今日比谷公園から来たとところ」って(笑)。
岡さんに、「顔色の悪い囚人だねー」って突っ込まれてました。
というか、普通に話してる橋本さんは始めてみたのですが、
ほんとに関西弁なんですねー(笑)。
新感線時代の橋本さんは全然知らなくて、なんとなく違和感があったんですが、
関西弁で喋る彼なら、全然違和感ありません!!
というか、その直前に見たバルジャンがふっとびました(笑)。
好きなフレーズは「急いで仕度して何も言わないで」。
初日に頭が真っ白になっちゃって、なのに曲はどんどん進むので、
普通に喋るみたいに言ってしまったんだそうです。
それ以来好きなフレーズなんだとか(何故?・笑)。
歌ってみたいのは、司教さまの歌。
いつもガン見で目から光線ビシバシで改心を迫られるので、一度やってみたいのだとか。
「立ってればいいから」と泉見さんをバルジャンに見立てたんですが・・・
いやー、迫る迫る(笑)。
席の関係で私の見えた橋本さんは後姿だったんですが、
逆に良く見えた泉見さんの嫌そーな顔がまた(笑)。
足は何とか踏みとどまってるけど、上体はどんどん反って逃げてるんですよ。
その襟元をがっしと掴んで歌い上げ、最後は抱きしめる橋本さん・・・これで改心はちょっと無理かも?(笑)
岡さんと阿知波さんにも「高飛車な司教」と突っ込まれてました(笑)。

泉見さんの好きなフレーズは、「ABCカフェ」の、
「息も止まる喜びだ〜世界までが変わるだろう」。
うんうん、納得です。
このフレーズって、泉見マリウスの本質だよねv
あと、マリウスを歌う難しさ、についてもお話してくれました。
歌うことが凄く重くなったときに、
岡さんが「来たね。レ・ミゼはそうなった時が始まりなんだよ(だったかな?)」とおっしゃって、
「そういう時は初心に帰って譜面に戻るんだ」と教えてくださったとか。
それ以来ずっと譜面とにらめっこしているけど、なかなか見えてこないんだそうです。
自分探しのカフェ・ソング・・・そんな感じですね。
あと、担がれるのにもテクニックがいる、という話をしてたかな。
重心をひとつにして、見えないところで手をかけたりしているらしいです。
そのほうが担がれる方も楽なんだとか。
で、誰かかついでみたい人は?の問いに「いません」と(笑)。
で、歌ってみたい歌、というので、初めてレ・ミゼに出たとき、
マリウスと交互にやっていた役のプロローグでの歌。
農場の、「荷物をまとめて失せろ!」のところですね。
曲に合わせて、4人できちんと農場シーンを演じてくださいました。
そして、「失せろ!」と言われて激昂した橋本バルジャンに(またしても)襟元を掴まれた泉見さん。
真顔で「ありがとうございます」とおっしゃってました。可愛いv(おい)

阿知波さんは、初演で28才でマダム・テナルディエを演じた時のことをお話してくださいました。
オーディションの時のやりたい役のアンケートに、
マダム・テナルディエしか書かなかった!とのことなのですが、
他の方も1個しか書かなかったらしく・・・「あれ?みんな1個だけ?」って。
あ、でも、橋本さんは書かなかったんですって。
直接オファーがきたんですかねー。
でも、橋本さん、書けるとしたら、何を書いたんだろう・・・?
好きなフレーズは「あっちでホイ こっちでハイ」(笑)。
というか、どの歌も家で大声では練習できないので、初演の時は困ったのだそうです。
まだ駆け出しで、壁の薄いアパートだったしねー、と。
うん、それはそうだよねー(笑)。
で、阿知波さんもマダム・テナルディエとアンサンブルの女28番(笑)を演じていたらしいです。
女28番は、ラブリィ・レディのマダムやカルーセルの女性や、
あと、ベガーズのシーンの「くそババア」をやっていたのだとか。
そこで、そのシーンを演じてくださったのですが、相手役(マドレーヌね)に岡さんをご指名。
いやー、凄かったです!!
阿知波さんのドスのきいた歌声も迫力で拍手ものでしたが、その後!
岡さんがきちんと裏声でマドレーヌを歌ってくださいました!!
しかも背筋はまっすぐジャベール状態で!(笑)
もう、ほんと爆笑でしたよー。
公式ブログに、そのシーンの動画が載ってますので、是非是非ご覧になってください!!

で、司会の岡さん。
素晴らしい仕切りっぷりでした。
あのメンバーだと、きっとどんどん話が膨らんだと思います。
泉見さんが圧倒されてましたものねー。
好きなフレーズは、どうぞ動画でご確認を(笑)。
いきなり何を歌いだすのかと思いましたよ。
でも、岡さんって、こういう人ですよねー・・・
橋本さんも気になってたそうで、二人で妙に盛り上がっておりました。
自殺のシーンでの、苦労話もしてくださいました。
上手く転がらないと、カルーセルの女性にぶつかっちゃうんだそうです。
その流れで、阿知波さんも、結婚式ではけるときに、
上手側に行くように気をつけているのだとか。
そうでないと、バルジャンの蝋燭に横顔が浮かび上がっちゃうんだそうです。
それは、ちょっと怖いかも(笑)。
橋本さんも、回る方向の足を最初に乗せないと、足が交差しちゃう、というのを、
動きつきで説明してくれました。
うーん・・・その足のバルジャンはちょっと嫌かもしれないなあ・・・(笑)


つらつら書いたら、ずいぶん長くなっちゃいました。
結構覚えてるもんですねー。
でも、文章では、あの面白さの1/10も伝わらないと思います。悔しいなあ。
今日のトークショーはどうだったのでしょう。
橋本さんが出てるから、きっと爆笑だったに違いありません(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ベルばら2 私のミュージカル観劇人生 5
  漫画「ベルサイユのばら」は1972年連載開始。後にフランス革命のややこしい細かい歴史を学ぶのにこの漫画はよく助けてくれた。実在の人物に造形した男装の麗人オスカル、しかも仕事を持つ女性。池田先生と時代が生んだ傑作だ。 73年週刊「マーガレット」でオス... ...続きを見る
薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン
2007/09/10 22:00
ミュージカル女優 私の観劇人生5
 私の好きなミュージカル女優は何人もいるがなんと言ってもスカッと華麗なダンスに、登場すると一瞬に彼女のオーラが劇場中に輝く大浦みずきだ。F・アステアばりのダンスだけじゃない、歌、演技も宝塚ピカ一。いや、それ以上。あの時だけ宝塚に通った。初めて観たのは「... ...続きを見る
薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン
2007/09/10 22:00
私の好きなミュージカル男優
 ミュージカル女優は何人もすぐ浮かぶのだが男優は…それでも歌唱力ありハンサムで愛嬌がある人がいいですね。 まず劇団四季「ジーザス」のタイトルロール、山口祐一郎。大河ドラマにも出演してるのでご存知な方は多いがこの人がこの世界で絶大な人気があることを知らな... ...続きを見る
薔薇・猫・映画・演劇・旅ファン
2007/09/10 22:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も岡さん、
滝田バルジャンのCDに岡アンジョルラスですが若い!今は進化されて素晴らしい。
阿波知さん好きです。浅丘ルリ子の芝居でソロしていて上手くて感動しました。
hitomi
2007/09/10 21:58
hitomiさん、こんばんは!
滝田バルジャンのCD、買おうかどうしようか凄く迷って、
結局買いませんでした・・・・うーん、後悔!
岡さんは、本当に素晴らしいですよね。
「プロデューサーズ」も行きたいなあ、と思っています。
チケットとれるかな?
恭穂@管理人
2007/09/12 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
爆笑に次ぐ爆笑 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる