瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS The voice in her heart

<<   作成日時 : 2008/12/23 21:13   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

10年前―――私は何をしていただろうか。
仕事を始めて2年目。
吸収しなくてはならないことが沢山あって、
消化しなければならないことも沢山あって、
後ろ向きになって泣いたり、
歯を食いしばって喰らいついたり、
自分ができることの少なさに呆然としたり・・・
ああ、その辺は今も変わらないかな。
でも、10年前も今も、泣いてるより笑顔でいる時間の方が多かった。
だから、今までこの仕事を続けてこれた。

10年という時間は、決して短くはない。
でも、長い、というには、あっという間だったか気もする。

きっと、彼女もそうだったんだろう。
私よりずっと年下で、でも、私と同じくらいの時間、仕事をしてきた彼女―――笹本玲奈さん。
彼女の、10年の軌跡を観てきました。


笹本玲奈 10th Anniversary Show Jewel

2008.12.20 マチネ 銀河劇場 3階A列10番台
出演:笹本玲奈、吉野圭吾、東山義久、斉藤直樹、Luje.C、飯野めぐみ、福田えり、玉野和紀


東宝系の舞台の常連で、最高の歌唱力と進化する演技力を持つ笹本玲奈ちゃん。
私は、彼女が出た全ての舞台を観ているわけではないけれど・・・

可愛くて健気なキムも、
真っ直ぐで大胆なマルグリットも、
恋に殉じたマリーも、
お茶目でしたたかなポリーも、
そして、静かな情熱を秘めたマリアンも、
深く深く私の中に残っています。

あああ!
今気づいたけど、私、玲奈ちゃんのエポニーヌ観たことないんだ!!
・・・これは来年必ずチケット取らないとですね(笑)。

それに、ダンスの多い「ミー&マイガール」も観ていないので、
(これは母にねだられているので、来年観にいこうと思っています)
実はダンスをす玲奈ちゃんって、あまりイメージできなかったんですよね。
それが、このショーの第1部で見事に覆されました!!

もう、最初から踊る踊る!
ジャズにモダンにタップに・・・私は踊りの種類は良くわからないのですが、
凄い沢山のダンスを見せてくれました。
でもって、踊りながらしっかり確実に歌う玲奈ちゃん・・・さすがです!!
更に、踊ってる時の全開の笑顔が本当に楽しそうで、
こっちまで楽しくなってしまいましたv
知っている曲は少なかったのですが、本当に見ごたえあり!でした。
それにしても、まさか「夜桜お七」にのって殺陣まで見せてくれるとは思いませんでした。
着物姿も可愛らしかったですv
そのうち和物もやってほしいなあ・・・

第1部は、声の出演のゲストの方々のリクエストに応えて、
いろんな”女”を演じる、というコンセプトなのですが、
その声の出演もめちゃくちゃ豪華!
市村正親さんに古田新太さんに涼風真世さんに浦井健治くん。
いやー、最初に市村さんの声が聞こえたときは、思いっきりびっくりしましたよ。
え? 今日生劇場じゃないの?!って(笑)。
(プログラムをよく読んでいなかったのです・・・)
古田さんはコメントでもしっかり古田さんだったし、
涼風さんは、普段喋る時はこんなに可愛らしい感じなんだと新鮮だったし、
浦井くんは玲奈ちゃんに楽しく振り回されてる感じが微笑ましかったし・・・
どの方の声もとても優しくて、玲奈ちゃん、愛されてるなあ、って思いました。


そして第2部。
玲奈ちゃんがこれまで出演したミュージカルの曲を、
その時の思い出やエピソードを添えながら歌い繋いでいく、という形。
時に一人で、時に他のメンバーと一緒に、
数々の舞台の場面を辿っていくのは、ファンとしてはとても嬉しかったです。
シンプルだけどとても綺麗なラインの黒のドレスの玲奈ちゃん、ちょっと緊張していたかな?
けれど、彼女が歌いだすと、一気にその役の背景が見えてきました。
ええ、「命をあげよう」でも、「オン・マイ・オウン」でも、「オール・フォーローラ」でも、
「愛してる、それだけ」でも、見事に泣きましたとも(笑)。
特に「オール・フォーローラ」。
慙愧の念に心を引き裂かれながら、
それでも自分の中に確かにある妹への情愛を歌い上げるその姿は、まさにマリアンでした!
彼女の後ろに、ざわめく暗い森が見えた気がしました。

彼女の歌った歌の中には”心の声”という言葉が良く出てきます。
それは、立場も、シチュエーションも違う役柄が、
たぶんまったく異なる意味合いで言う言葉。
いろんな役柄の、その想いを、その生き様を、そしてその”心の声”を、
余すところなく届けてくれる存在―――それが、役者なのだと思う。
そして、笹本玲奈は、間違いなくその術を持つ役者であると、そう思いました。

「愛してる、それだけ」を歌った後、抑えきれない涙を零した玲奈ちゃん。
彼女が、役者として、その役の”心の声”を感じ、捉え、表現することは、
きっととてもとても大変なことなのだと思う。
自分のこれまでの経験や想いを、痛いほどさらけ出さなければならないときもあったでしょう。
自分の中の何かを探り、満たし、削りだす―――
それは、きっと言葉で言うよりも遥かに難しいことなのだと思う。
そうするのが役者だといってしまえばそれまでだけど・・・
けれど、彼女が流した沢山の涙も、
自分自身を痛めつけるような役への洞察も、
沢山の仲間からもらうエールも愛情も、
たぶん、彼女にとって全てが大切でいとおしいものなのだとも思います。
そういう気持ちを大切にしながら、これからもどんどん進化する女優さんでいて欲しいな。
そう、心から思いました。


さて、そんな彼女のショーをサポートしたメンバーも、とても豪華でした!
まずは構成・演出・振付を担当された玉野和紀さん。
おしゃれでいろんな色合いに溢れた舞台だったなあ、と思います。
第1部で見事なタップも披露してくださいました!
ピアノの佐山雅弘さんとのセッション・・・もう溜息ものでしたよ。
これは出演された皆さんに言えることなのですが、
どうしてあんな風に身体が動くんでしょうね〜。
運動神経の欠片もない私としては、もう別世界の住人のようでした(笑)。


玲奈姫のダブル王子だった吉野さんと東山さん。
さすがの存在感でした!
ダンスも、歌もめちゃくちゃ見ごたえあり!
でもって、コメディーパートもしいかりとv(笑)
あのぬる〜い時代劇(「夜桜お七」は時代劇風の寸劇だったんです)・・・
尺八で闘う虚無僧の吉野さんの動きに爆笑し、
チンピラの親分な東山さんに「似合うかも・・・」と思い(笑)。
オカマの魔法使いな東山さんに魔法をかけられて野獣になっちゃった吉野さんとか、
小さな白馬の木馬(かぬいぐるみ?)を引きながら登場した王子様吉野さんとか・・・
いかん、コメディーパートしか思い浮かばない(笑)。

でも、何より嬉しかったのは、吉野さんと東山さんの新旧Wアンジョの「民衆の歌」ですね!
ちょっとチープでしたがしっかり衣装もつけて、
ちょっと小さめですが赤い旗を持ったプルベールも従えておりましたv
吉野さんのアンジョはCDでしか聴いたことがなかったので、
一瞬嬉しさに叫んでしまいそうになりましたよ(笑)。
東山さんのアンジョにも去年はよろめいていたので、すごい嬉しかったですv
そして、「民衆の歌」のエネルギーも改めて感じてしまったり・・・
ああ、来年何回観にいけるかなあ(おい)。

もちろん、お二人のダンスも堪能いたしましたよ。
一緒に出てきて玲奈ちゃんと交互に踊るシーンも多かったし。
で、思いました。
お二人のダンスって、まったく違う魅力があるんだなあ、と。
吉野さんのダンスは滑らかな中にもすっと一本筋が通った硬質な印象。
東山さんのダンスは同じように滑らかでも、柔らかなたわみのようなものを感じました。
どちらもとても魅力的でした。
こういうダンスの舞台を、また観てみたいなあ、と思いました。


斉藤さん、Luke.Cさん、飯野さん、福田さんの4人は、
もういろんなシーンでいろんな役で、いろんなダンスを見せてくださいました!
もちろん歌もしっかり!
堪能させていただきましたv
女性陣お二人は「五右衛門ロック」にも出演されていたのですね。
あの舞台もダンスがすごかったしなあ・・・
また新感線の舞台にも出演されるのでしょうか。
名前覚えたし、今度チェックしてみようと思います。


最後のナンバーは、クリスマスソングのメドレーでした。
真っ白な衣装に身を包んだメンバーたちが歌う、
明るく、可愛く、楽しく、そしてちょっと切ないクリスマスソング。
一足早くクリスマスプレゼントをもらったような、そんな気持ちになりました。



10年という時間を、女優として一歩一歩進んできた玲奈ちゃん。
あなたの10年間は、苦しいことも、哀しいことも、悩むことも多かったでしょうけれど、
でも、きっとそれよりも沢山の笑顔に彩られた時間だったのだと、
そう感じさせてもらえるショーでした。
一つの節目を迎えた玲奈ちゃんのこれからが、
沢山の素敵な役や曲との出会いや再会で満たされますように・・・
そして、その一つ一つの”心の声”を客席から感じることができますように・・・
そう、心から祈りたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ミーマイのサリー、すっごく可愛くて切なくて良かったですよ。
玲奈ちゃん好きならお勧めです!
悲劇性の高い役を演じることが多かったけど、
サリーとかポリーとかジェニファーとかチャバとか、そういった陽性のキャラクターの方が玲奈ちゃんのニンには合ってる、と個人的には思います。
(エポニーヌも悪くはない、つーか上手いんですけど、ちょっと可愛すぎるんでマリウス、エポニーヌにしとけといつも思ってしまうのですw)


私はマリアンを見たことがないので、次の再演は見に行きたいなあと思ってます。
みずたましまうま
2008/12/23 23:57
みずたましまうまさん、こんばんは!
お返事が遅れてしまってすみません・・・
サリー、ショーでもちょこっと歌ってくれましたが、
とっても前向きで可愛い女の子でしたv
がんばってチケット取ろうと思います。

マリウス、エポニーヌにしとけ・・・私もそう思います(笑)。
でも、コゼットが魅力的だと、
また違う感じになるんですよね〜。
マリアンは、ほんとにお薦めです!!
是非ご覧になってみてくださいねv
恭穂
2008/12/26 21:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
The voice in her heart 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる