瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっとばかりやっつけですが(汗)

<<   作成日時 : 2009/06/19 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

6月に入って1個も観劇記録を書いておりませんが、実は前半に一つ観にいってました。
なんというか、見ただけで満足しちゃったんですよねー。
でも、後半は観劇な6月なので、その前にちょこっとだけ感想を。


「ミー&マイガール」

2009.6.7 ソワレ 帝国劇場 1階M列10番台
出演:井上芳雄、笹本玲奈、貴城けい、本間憲一、丸山博一、武岡淳一、花房徹、涼風真世、草刈正雄 他

初演は1937年というこのミュージカル。
実は私は初観劇だったのですが、
"古き良き時代"という雰囲気と、現代に通じる新しさとが混在する、
とーっても楽しい舞台でした!
とにかく楽しんだ者勝ち!!という感じですね。
開演前から塩田さんを中心としたオケメンバーのデモンストレーションはあるし、
(いろんな楽器の音が聞けて面白かったです。でもって、パーカッションの女性がめちゃくちゃキュートv)
更にはキャストによるラベンズウォークの振り練習はあるし・・・
最初はちょっとどうしよう・・・?と思いましたが、
割り切って楽しんだら、普通に踊れてしまいました、私(笑)。
さすがに一緒に行った母は踊っていなかったですけどねー。

物語としては、まあ、こういうハッピーエンドもたまにはいいよねーという感じ?
主役のお二人がとても楽しそうで、元気一杯で、見てる方が嬉しくなっちゃいましたv
井上くんのビルは、下町言葉がどうにも違和感がありまして(汗)。
これも貴族の血がかもし出す雰囲気なんでしょうか?(え)
玲奈ちゃんのサリーの方が、どうにも大人に見えてしまいました。
というか、こういう状況下では、女の子の方が周りが見えてしまうし、大人にならざるを得ないんだろうなあ。
なんだか妙に納得してしまいました。

そして、その若い二人の脇を固める方々が秀逸!!

一番は公爵夫人役の涼風さん!!
本当にお綺麗で、コメディなシーンもシリアスなシーンも、
手を緩めることなく全身で演じて、全力で楽しんでいる感じでした。
1幕の最後で客席に降りてこられたとき、割と近くで見ることができたのですが、
とにかく華奢で綺麗!!
でもってめちゃくちゃ可愛らしいvv
綺麗さと可愛らしさと聡明さの同居する女性って、そうそういないと思うんですよねー。
歌もとても聴き応えがあって・・・秋のエリザベス女王、観にいく予定ではなかったんですが、
ちょっと心惹かれてしまっています(笑)。

チャールズ役の丸山さんの、まさに執事!な雰囲気もすごい良かったし、
ちょっとお調子者(?)な弁護士さんな武岡さんにも大いに笑わせていただきました。
貴城さんのジャッキーの押しの強さは素晴らしいし、
(これは、ビルもよろめくでしょう(笑)。母はジャッキーがとてもお気に入りだったようです)
彼女に振り回される本間さんのジェラルドのへたれっぷりも素敵でしたv

舞台セットも凄い豪華ですよねー。
最初の車が鞄になる小道具(?)は、この時代の映画のようでとても面白かったし。

私の場合、心に深く語りかける感じの舞台がやっぱり好みなのですが、
たまにはこういう、何も考えずにキャストもオケも客席もみんなで楽しめる舞台もいいですよね!

・・・というわけで、未だチケットを取っていない「ダンス・オブ・ヴァンパイア」も、
一度は観にいこうと心に決めた恭穂なのでした(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
私は13日に観てきました。今回は、前回よりかなり、楽しめました。
頑張って、テンションあげてる感じが前回はして(井上さんも涼風さんも)、見てる側も努力して楽しもうとしていたんだと、今回のを観て気付きました。
今、仕事が変わり、目一杯頭一杯の状況なので、この手のただ楽しいのは、私にはストライクでした。考えなくていいんですもの。
12月にまた、行きます。女王様もですが、保坂さんの歌も楽しみです。そも時は少し暗めの舞台でもよいように、仕事になれていたいのですが、どんな舞台なのでしょうね。
数吉
2009/06/22 16:51
数吉さん、こんばんは!
こちらこそご無沙汰してしまってすみません。
ブログにはお邪魔させていただいてるんですが・・・
お仕事、お疲れ様です。
人、特に思春期のお子さんを相手にするお仕事、
きっと気持ち的にも体力的にも大変かと・・・
でも、きっとそれにもまして楽しいお仕事ですよね?
授業の工夫など読ませていただいて、
私も数吉さんに教えていただきたかったなあ、と思いました。
・・・って、こんなところですみません(汗)。

涼風さん、本当に見るたびに心惹かれます。
どんな役も素敵に演じられていて・・・
今回の役柄も、一方的でない優しさが感じられました。
秋〜冬の海賊・・・やっぱり観にいこうかな、
と思っています。
どんな舞台なのか、とても楽しみですねv
恭穂
2009/06/25 21:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっとばかりやっつけですが(汗) 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる