瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 青空2

<<   作成日時 : 2010/09/23 23:28   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

というわけで、私のレポも二部構成でおくらせていただきますv(笑)


井上芳雄 10周年記念コンサート

2010.9.12 青山劇場 1階O列10番台
2010.9.19 青山劇場 1階K列40番台

演出・構成・監修:小池修一郎
音楽監督:島健
演奏:島健オーケストラ
ダンス:千田真司、五十嵐耕司


《第二部 スペシャルコンサート》

マイケル・ジャクソンの♪Man in the Mirror のあと、改めて井上くんのご挨拶。
音楽監督+ピアノの島さんと島健オーケストラの紹介もここだったかな?
第一部で、一気にミュージカル曲を歌うのは大変だった、とか、
トートへの思い(?)なんかはここで語っていたように思います。
あ、コスプレ好き宣言もあったような(笑)。
島さんのピアノを聴くのは初めてですが、オーケストラの演奏とあわせて、とにかく素晴らしかったです!
安定感がありつつ、それぞれの楽器がきちんと自己主張して音楽を遊んでいる感じ。
ジャズはさわりしか知りませんが、やっぱり素敵だなあ・・・
これだけ綺麗な金管の音、久々に聞いた気がします(帝劇は酷すぎるよね・・・)。


で、続いて井上くん曰く"愛の歌3曲"。
尾崎豊の♪I Love You は、12日はちょっとまだぎこちないというか、私自身が戸惑ってしまったのですが、
19日はまさに自分の歌にした!という感じでした。
井上くんの歌って、私の中に曖昧だけど視覚的なイメージを浮かばせてくれるんですよねー。
なんでかな?
♪愛しかないとき はクミコさんの曲。
このパートの3曲の中では、私的に一番好きな曲でした。
バックが空の映像だったんですけど、あの雲の浮かぶ澄んだ空の色って、
なんだか凄く井上くんに似合う気がするんですね。
聞いていてとても安らぎました。
♪夜の通行人に捧ぐ は、アコギの音色が凄く素敵で、井上くんの声とも合っていたように思います。
母は、この曲が一番良かった!と言っていました。

次のはシャンソンのパートで、♪Come Fly with Me と♪Cry Me a River。
全く違う雰囲気の2曲を選んだ井上くん。
歌う前の曲の内容の解説が凄くわかりやすい+井上くん節全開で楽しかったですv
うん、私も♪Cry〜の二人の関係がかなり気になります(笑)。
でもって、♪Cry〜の間奏のときの井上くんの立ち姿がとても雰囲気があるなあ、と思っていたら、
そのあとのトークで、これまでは間奏の時に何をしていればいいかわからなくて、
挙動不審だったけど(とは言ってなかったけどニュアンス的にね/笑)、
今回のコンサートで、やっと受け流すことを会得した、と言っていました。
・・・雰囲気出してたんじゃなくて受け流してたのか!(笑)

たしかこのあたりでダンスの千田くんと五十嵐くんの紹介、トーク、で歌とダンスだったかな(違うかも)。
12日は二人ともなんとも優等生な受け答えで、井上くんも遠慮している感じでしたが、
19日はもうつっこむつっこむ!(笑)
千田くんと五十嵐くんも、楽しそうに井上くんのつっこみをかわしたり受け止めたりしてました(笑)。
1幕、顔が出ていないときには、あ、こっちの人のダンスが好みvと思ってたんですが、
顔がでちゃったらどっちか分からなくなっちゃいました(え)。
細くて足のよく上がる方の方(千田くんかなあ)の切れが好きでした。
あ、キャラは五十嵐くんの方が面白かったなv


そして、ゲストコーナー!
12日は香寿たつきさん。
「ガラスの仮面」の熱演が記憶に新しい香寿さん、素で話すのを見るのは「シェルブールの雨傘」のトーク以来。
ほんとにお綺麗な方ですよねー。
そして、井上くんと飲み友達(?)なんだ!
二人のデュエットは「M!」から♪愛していれば分かり合える。
コンスタンツェのパートになったとたん、あまりの可愛らしい歌声にびっくり!
雰囲気も一気に少女っぽくなって、さすが香寿さん!と思いました。
いや、これ本気でコンスタンツェできるって!
井上くんも「Wキャストで」と口走ってました(笑)。
そして、井上くんに贈る歌は♪この青い星の上で(だったかな?)。
宝塚の演目の中の曲らしいのですが、今度は少年っぽさも感じさせる爽やかな曲でしたv

19日は、橋本さとしさん。
何かやってくれるだろう・・・とは思っていましたが、もう予想通りでした!
「まずはこの歌を!」という井上くんの声で流れたのは♪闇が広がる !!
さとしさんトートか!と思ってその時点で客席の期待は↑。
で、次の瞬間舞台の奥に現れたのは、黒いスーツにストレートの銀髪長髪のカツラをかぶり、
妙なポーズ(失礼)をとったさとしさん!
もう一気に客席大爆笑です!
歌い始めても、歌声は素晴らしいのにその動きがとんでもなく芝居がかっていて・・・
下手でルドルフになろうとしていた井上くん、さとしさんを観るたびに、振り返って素でふきだしてました(笑)。
でも歌いだしはきちんとルドルフだったのがすごい!
間奏で両端から二人が近づくところでは、
さとしさんトートが大きく両手を広げてルドルフを抱きしめてキスしようとするのを、片手で見事にいなす井上くん。
張り倒されるような形でよろけながら上手にはけたさとしさんがなかなか戻ってこず、
さすがに動揺して井上くんが手招きしてました。
そして最後、ルドルフを後ろから抱きしめるかと思いきや、ルドルフを遮るように前に出るトート。
すかさずその背を押す井上くん。で、さとしさんはそのまま客席にダイブ!
この一連の流れの中、客席は爆笑の渦に巻き込まれていました・・・闇広でこんなに笑えるなんて!
いやー。いいもの見せていただきました。
というか、これから闇広を聞くと笑っちゃうかもしれないなあ・・・(え)

その後のトークももちろん爆笑でした。
客席ダイブは二人の初共演の「シンデレラストーリー」で毎日やっていたとか。
この演目は井上くん的には小劇場系の役者さんと絡む初めてのアウェイだったとか。
さとしさんと池田成志さんで、腹黒王子な井上くんを露にしたとか。
さとしさんのアウェイは「ミス・サイゴン」と「レ・ミゼラブル」だったとか。
「ミス・サイゴン」の製作発表の♪アメリカン・ドリーム で、思わず客席に降りちゃって、
呆然とする客席の中で井上くんの笑い声だけが響いてたとか、
エンジニアにクリスがお金を投げつけるシーン、
市村さんには当たらないように足元にするけど、さとしさんには思いっきり胸元にぶつけるとか。
井上くんはさとしさんをいじめる時(だったかな?)が一番輝いてると自覚してる、とか。
だからなのか、さとしさんが観て欲しいと思う舞台は、何故か井上くんは観てないとか。
最近も「W」と「ロックンロール」で悩んで、結局大先輩の市村さんをとったとか。
来年の「三銃士」、井上くんは自分も三銃士だと思っていたとか。
さとしさんが「三銃士」での自分の役名を覚えていなかったとか(アントンは違うだろう・・・)。
「M!」の大阪公演のときに、隣(下?)で「シンデレラストーリー」に出ていたキャストと遅くまで呑んでいて、
翌日の1幕、がらがら声な井上くんを楽屋のモニターで心配しながら見てたとか。
その飲み会の時に、新王子の浦井くんにからまれたとか・・・
1週間経つのに、結構覚えてるな、私(笑)。
そんな感じでがんがんトークが続いて、結局袖から時間切れを宣告されてました(笑)。
前半のMCまいてたみたいなのに、全然時間足りませんでしたね(笑)。
で、さとしさんは、井上くんが見に行けなかった「ジェーン・エア」から、最後に1曲歌ってくださいました。
このときも、全然笑いのない素敵な曲、という井上くんの説明に、
自らの解釈を語って、何故か笑いをとってしまう橋本さん・・・徹底してるなー(え)。
歌はもちろん、凄い良かったです。
「ジェーン・エア」とても見ごたえがあったし、また再演して欲しいなあ、と思う。
が、さとしさんが動くたびに、後ろの台に置かれた銀髪のカツラが目に入っちゃって、
なんとも笑いを堪えるのが大変でした。


はけるときも見事に笑いをとったさとしさんを送り、井上くんの歌の再開。
「ジェーン・エア」を観にいかなかった理由は、そのとき「組曲虐殺」をやっていたから、と。
そういえばさとしさんも見に来てくれなかった!と言っていました。
そして、井上ひさしさんの思い出を語り、多喜二と向き合った時間を語ったあと、
「組曲虐殺」より♪独房ソング。
やはり、とても聴き応えのある曲です。
今回当然ながら伴奏は島さんなわけですが、たぶんジャズの要素が強い、というか、
歌い手とのセッション的な面もあるこの曲。
舞台で観たときとは、少し印象が異なる気がしました。

そして、最後の曲は♪Time to Say Good-bye 
サラ・ブライトマンや本田美奈子.さんが歌うこの曲は良く聞きましたが、
男性の歌声でしっかり聞くのはもしかしたらはじめてかも?
サヨナラを言う時、というのは、これまでの時間にサヨナラを告げて、未来へ向かうこと、
という井上くんの言葉そのままの、力強い歌でした。

12日、この時点で結構満足だった私ですが、その後のアンコールで完全にやられてしまいました。

アンコール1曲目はエリック・クラプトンの♪Tears in Heaven
2曲目は、まさに井上くん!という感じの♪歌うたいのバラッド。
どちらもとてもいい曲でしたが、私が思いっきりたられたのは、1曲目。

曲の成り立ちに絡め、10年の間に別れを告げなくてはならなかった人たちへの想いを語った井上くん。
12日は井上ひさしさん、19日は新珠三千代さんのことを、
井上くんなりのシニカルさを交えながら、優しく愛情深く語ってくれました。
彼らは、きっと今このコンサートを見に来てくれている。
その言葉のあと、白い光の中で歌われたこの曲は、私の心の琴線を静かに、けれど激しくかき鳴らしました。
この世界では、もう会うことのない人たち。
けれど、この歌を聞いている間、井上くんが別れた人たちの存在を、深く感じていました。
そして、私自身が別れた人たちの存在も。
その存在は、とても優しくて、とても暖かくて、とても切なくて―――溢れる涙を止めることができませんでした。

今は逢えないあなたに、いつか光溢れる場所で再び出会うまで、
私はこの世界で生きていく。
泣いたり、笑ったり、転んだり、立ち止まったりしながら、
いつかあなたの瞳を真っ直ぐに見つめることができるように、精一杯、前を向いて今を生きていく。
今は、あなたの笑顔を見ることはできないけれど、
その淋しさは、たぶんあなたのくれた愛情と同じだけの重さ。
だからその重さを感じながら、私は歩いていく―――

そんな誓いのような言葉が思い浮びました。
そして同時に、彼を包む白い光の向こうに、高く澄んだ青空が見えたような気がしました。

お芝居の中の曲ではなく、単独の1曲の歌で、これだけの感情を呼び覚ます―――
それはもしかしたらたまたまなのかもしれません。
私が、感傷的に過ぎるのかもしれません。
けれど、この曲で私が視た青空の色は、私にとっては真実で。
だから、これからも私は井上くんの歌を聞くために、劇場に行くんだろうな、と思います。

通勤の途中で見た青空。
これからあんな青空を見るたびに、私は彼が歌った天国の歌を思い出す。
そして、大好きな人たちの笑顔を思う。
こんな素敵な贈り物を、歌にのせて贈ってくれた井上くんに、心からのありがとうを。
これからの君の役者としての、歌うたいとしての人生が、充実したものでありますように。
そして、その人生が、君の歌をもっともっと深めていってくれますように。
君を囲む沢山のファンの端っこから、応援しておりますv

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
あと少しで福岡公演なので、終わってから読もう!と思っていたのですが…誘惑に負けました(笑)

そしてさらに楽しみが増しました。とりあえずプログラムは開演前に買おうと思います。

またお邪魔しますね(^_^)v

みずたましまうま
2010/09/26 23:18
みずたましまうまさん、こんばんは!
私はいっつも誘惑に負けてますよー(笑)。
ネタバレになっちゃって申し訳ないですが、
楽しみが増してくださったなら良かったですv

福岡公演、今調べたら今日なのですね!
今頃はゲストトークを楽しんでらっしゃるころでしょうか。
どうぞみずたましまうまさんが、
楽しい時間を過ごしてらっしゃいますように!
恭穂
2010/09/28 21:19
コメントが大変亀さんになってしまいました。
コンサートの臨場感あふれるレポありがとうございます!
さとしさんとのゲストコーナー DVDに収録されてることを
願います。ってかそれ目当てで?注文していた私です(笑)

私が芳雄君素敵だなあと思ったのが「青空」という曲でした。
何年か前の芳雄君のコンサートで歌ってくれた「青空」
その時も身近な人との突然の別れに触れていました。
ちょうどその時の私のふっきれない思いやらなんやらとリンクして
ボロボロに泣いて でも芳雄君のやさしい歌声にふんわり包まれて
雨が降った後の青空みたいに元気をもらって帰ってきた記憶があります。

それでクミコさんという人を知り CDを購入したりもしました。
コンサートの時は「僕が一方的に好きで」とクミコさんの歌を歌ってた
のですが その後気づけば今は一緒に歌う仲良しさんになっていますよね。
想いは叶うんですねえ。

苦しいことや悲しいことがあっても 青い空を見るたびに
頑張れそうな気がします♪
なんかよくわかんないコメントですみません(笑)

kumigon
2010/10/06 03:00
kumigonさん、こんばんは!
こちらこそ、ブログにコメントできなくてすみません。
なんだか私のPCではコメント欄にたどり着けなくて(汗)。

さとしさんのゲストコーナー、
少しでも雰囲気を感じていただけたなら嬉しいですv
いろいろ大人の事情はあると思いますが、
ゲストコーナーの楽しそうな井上くんはもちろん、
ゲストの方々の歌を、もれなくDVDに入れて欲しいですねv

井上くんが歌った曲に「青空」というのがあるのですか!
知らずに記事タイトルを決めたので、ちょっとびっくり(笑)。
クミコさんの曲、なのですね。
確かお二人で舞台をやってらっしゃいましたよね?
コンサートでの「愛しかないとき」もとても素敵な曲だったので、
是非CDを探してみようと思います。
井上くんの歌声は、私にとってまさに"青空"なイメージになったので、
是非その曲も聴いてみたいですv
恭穂
2010/10/07 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
青空2 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる