瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 心からの"ありがとう"を・・・

<<   作成日時 : 2010/12/31 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

今年も、あと数時間で終わります。
実家の大掃除を終え(笑)、明日の(個人的)仕事始めに備えて、アパートに帰ってきました。
帰り道、実家の近くでは風花がほんのちょっと舞っていました。
途中の道では、一気にフロントガラスの向こうが霞み、何事?!と思ったら、赤城颪作成の土埃でした・・・
どちらも赤城山からの、冬のプレゼントです(笑)。

2010年。
いろんなことがありました。

新しい環境で挫けそうになりました。
大切な人との別れに、枯れることのない涙を流しました。
自分の手の小ささに、呆然とすることもありました。
不確かな未来のビジョンに、押しつぶされそうになることもありました。

でも、そんなふうに弱っているとき、私の傍には必ず家族がいました。
リアルでもネットでも、一緒に泣いて、笑ってくれる友人たちがいてくれました。
劇場という空間がありました。
お芝居という夢をもらいました。
そのどれもが、私の幸せのもとで、財産だと思っています。

特に、お友達なみなさん。
真摯な言葉を、優しいな時間を、素敵な気持ちを、本当に本当にありがとうございました。
来年は新年のご挨拶はご遠慮させていただいておりますが、
心からの感謝の気持ちを、今お伝えできれば、と思います。



さて、では紅白を聴きながら(笑)、今年の観劇記録のまとめに突入です!
(観劇記録を書いた順なので、上演時期とか前後するかも・・・)

・「蜘蛛女のキス」 ×2(大阪・東京)
・「ANJIN イングリッシュサムライ」 (大阪)
・「ウーマン・イン・ホワイト」 (大阪)
・「血は立ったまま眠っている」 
・新感線☆RX 「薔薇とサムライ〜Goemon Rock Over Drive」 ×2
・「ヘンリー六世」
・「戯伝写楽」
・「2人の夫とわたしの事情」 ×2
・「絹の靴下」
・「モジョ ミキボー」
・朗読劇「私の頭の中の消しゴム」(泉見・坂本)
・「ムサシ ロンドン・NYバージョン」
・「CHICAGO」
・「キャンディード」
・「佐倉義民傳」
・「ザ・キャラクター」
・「ひめゆり」
・「赤坂大歌舞伎」
・「X day」 ×2
・「宝塚BOYS」 ×2
・音楽劇「ガラスの仮面 〜二人のヘレン〜」
・「エリザベート」 (朝海、城田)
・「ロックンロール」 ×2
・「イリアス」
・「今の私をカバンにつめて」
・「ファンタスティックス」
・「じゃじゃ馬馴らし」
・「鋼鉄番長」
・「RENT」 ×2(藤岡・ソニン、Anis・ソニン)
・「モーツァルト!」 ×3(井上・涼風、井上・香寿、山崎・涼風)
・「SAMURAI7」
・「Love Letters  20th ANNIVERSARY 2010 Christmas Special」(中川・神田)
・「プライド」
・「ジャンヌ・ダルク」


以上、34演目43公演でした。
諸事情で諦めた演目も幾つかあったのと、
大阪に行っていた2ヶ月の観劇がちょっとだけ(笑)少なかったので、その分ちょっと減りました。
・・・って、十分ですか?(汗)

でもって、今年の恭穂的ベスト3ですが・・・

・「モジョ ミキボー」
  :物語としても好みだったのですが、
   なによりも、二人芝居の深さと醍醐味に、大満足してしまいました。
   勇気を出して下北沢に降り立って良かった!
   小劇場系は、これまで敢えて行かないようにしていたのですが
   (いえ、これと宝塚に手を出したら破産だなあ・・・、と思って/笑)
   こういう上質のお芝居が観れるのは、やっぱり魅力的だなあ、と思ってしまいました。

・「ガラスの仮面 〜二人のヘレン〜」
  :お芝居の魅力と、それに携わること(役者として、スタッフとして、そして観客として)の幸せを、
   余すことなく伝えてくれた舞台だったと思います。
   蜷川さんの舞台は、今年半分ぐらいしか観ていませんが、
   「血は〜」も「ヘンリー六世」も「じゃじゃ馬馴らし」も、このお芝居も、
   全く違うテイストで、そのどれもを素晴らしい完成度で見せてくれた巨匠には、
   やっぱり一生ついていきます!と思いました(笑)。

・「Love Letters」
  :20年、様々なカップルが演じてきたこの朗読劇の、
   私にとっての最初の出会いが、大好きな二人であったことに、
   ちょっと運命的なものを感じてしまいました。
   また違うカップルでも観てみたいし、
   この二人のアンディとメリッサも、できる限り追いかけて行きたいです。


今年もいい舞台が多くて、ほんっとうに悩んでしまいました。
エンターテイメントでいったら、「薔薇とサムライ」は外せないし、
ミュージカルの力でいったら、「WIW」も「蜘蛛女のキス」も「キャンディード」も素晴らしかったし、
役者さんでいったら、「M!」も「RENT」も「プライド」も「宝塚BOYS」も甲乙付けがたいし、
衝撃度でいったら、「ザ・キャラクター」も「佐倉義民傳」は凄かったし・・・
あああ、ほんとに全部が全部、それぞれの魅力がありました。
そして、これだけの数の幸せを、今年私はもらったんだなあ・・・
その中で、初めて接した舞台の3つの形として、この3つを選びました。


また、敢えて観劇記録には入れませんでしたが、今年は心に響くコンサートやライブにも出会えました。

私の幻のベスト・オブ・ファントムを観ることができた、市村さんの「それぞれのコンサート」。
一つの歌で、私の中の何かを浄化してくれた井上くんの10周年記念コンサート。
そして、私の最愛のアーティスト、出口雅之さんの冬と夏のライブ。

この時間も、私にとっては至福の時でした。

来年も、たくさんの舞台やライブがあります。
幸いなことにその空間を感じることのできる舞台や歌声もあれば、
すれ違ってしまう舞台や、出会うことのない舞台もあるでしょう。
でも、出会えたその一つ一つを、大切に、誠実に受け止めていきたい、そう思います。


最後に、来年の希望!(・・・野望?)
その1 アッキーのライブに行くこと!!
その2 洋さんの活躍が見れること!!!
・・・特に二つ目、歳神様、よろしくお願いいたします(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ジルベスターコンサートのカウントダウンをTVで聴きながら
書いております。今年もいろんな事がありましたね。
ありがとうございました♪
来年も笑いあり涙ありまた笑いありの一年になりますように!!
また遊んでくださいませっ!
PS、今夜は風がすごかったですね
日光から帰る時足尾〜草木ダムあたりは吹雪状態でした(汗)
kumigon
2010/12/31 23:55
恭穂さん、こんばんは。
なかなかお会いできず、残念です。
2011年はぜひ観劇&飲みに行きましょう!

ベスト3の中に「モジョ ミキボー」が入ってて、嬉しかったです。
私も昨年の観劇の中で、心に残る一本でした。

「ガラスの仮面」良かったのですね。
自分がチェックしてて、見なかった芝居を、他の人が誉めていると、何か口惜しい(笑)
花梨
2011/01/01 18:16
恭穂さま
あけましておめでとうございます。
昨年は大阪で恭穂さんにお目にかかることができて
とても楽しい思い出ができました。
あの時ご一緒した住吉大社へ、今年も初詣に行って
きました。
2011年も恭穂さんにとってhappyな年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
スキップ
2011/01/02 00:52
kumigonさん、こんばんは!
大晦日、本当に風が強かったですねー。
足尾、吹雪でしたか・・・
そういえば、この時期夜に日光の有料道路を走っていて、
途中で道路が閉鎖になったことがあります・・・(笑)

昨年、ほんとにいろいろありましたね。
今年こそは、kumigonさんとおしゃべりしたいなあ。
「レ・ミゼラブル」もありますし!
別所さんのバルジャン、また通っちゃいそうですv
恭穂
2011/01/05 20:44
花梨さん、こんばんは!
「モジョ ミキボー」、ほんとに心に残るお芝居でした。
あのお二人で、また公演をしてくれないかなあ、
なんて思っていますv
「ガラスの仮面」も、続編やってくれないかなあ・・・と(笑)。

別所バルジャンの活躍が見られる今年こそ、
花梨さんとまたお話させていただきたいです!!
恭穂
2011/01/05 20:47
スキップさん、こんばんは!
大阪でお会いしてから、もうすぐ1年なんですね〜。
なんだかあっという間な気がします。
大阪にはまた是非行きたいと思っていますので、
機会がありましたら、是非遊んでくださいねv
住吉大社にも、またお参りしてみたいです。
今年もお互いに、素敵な舞台との出会いがあるといいですね!
恭穂
2011/01/05 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
心からの"ありがとう"を・・・ 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる