瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS しあわせの足跡

<<   作成日時 : 2012/12/29 22:36   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

今年もあと48時間ちょっとで終わってしまいます。
なんだか年々1年が早くなっている気がする・・・(笑)
今日は個人的仕事納め。
明日の朝まで呼び出しが掛からなければ、このままお休みに突入いたします。
まだ気持ちを緩めることはできませんが、とりあえず、今年の観劇のまとめを。
昨年に引き続き、パーソナルベスト更新(笑)な予感がひしひしとしております(え)。


・「ラ・カージュ・オ・フォール」 帝国劇場 ×4
・「下谷万年町物語」 シアターコクーン
・「CHESS in Concert」 青山劇場 ×2、梅田芸術劇場 ×2
・「ハムレット」 シアタークリエ
・「二月大歌舞伎」 新橋演舞場
・「キャバレー」 国際フォーラムホールC ×2
・「ジキル&ハイド」 日生劇場 
・「ピーター・ブルックの魔笛」 さいたま芸術劇場
・「ニジンスキー」 銀河劇場 ×2
・「SAMURAI7」 青山劇場
・「銀河英雄伝説 第二章 自由惑星同盟篇」 国際フォーラムホールC ×2  
・「シンベリン」 さいたま芸術劇場
・「道化の瞳」 シアタークリエ
・「WARRIOR」 森ノ宮ピロティホール
・「Delicious」 クレイドホール
・「ロミオ&ジュリエット」 赤坂ACTシアター
・「海辺のカフカ」 さいたま芸術劇場
・「サロメ」 新国立劇場中劇場
・「リトルショップ・オブ・ホラーズ」 本多劇場
・「シレンとラギ」 青山劇場 ×2
・「藪原検校」 世田谷パブリックシアター
・「サンセット大通り」 赤坂ACTシアター
・「ミス・サイゴン」 目黒パーシモンホール大ホール ×2、青山劇場
・「ルドルフ ザ・ラスト・キス」 帝国劇場 ×2
・「スリル・ミー」 良知・小西 銀河劇場、田代・新納 銀河劇場 ×2                      
・「songs for a new world」 シアタークリエ ×2
・「Bitter days, Sweet nights」 シブゲキ!
・「銀河英雄伝説 撃墜王」 銀河劇場 ×2
・「ラ・マンチャの男」 帝国劇場
・「CLUB SEVEN 8th stage!」 シアタークリエ
・「TIGER & BUNNY  THE LIVE」 Zepp Diver City(TOKYO)
・「トロイラスとクレシダ」 さいたま芸術劇場
・「Daddy Long Legs 」 シアタークリエ
・「武士の尾」 紀尾井小ホール
・第180回文楽公演 国立劇場小劇場
・「Re:」 SessionU シブゲキ!
・「エッグ」 東京芸術劇場プレイハウス
・「ボクの四谷怪談」 シアターコクーン
・「XY2」 クロスシアター ×2
・「DORAMATICA/ROMANTICA X」 シアタークリエ
・「リチャード三世」 新国立劇場中劇場
・「星めぐりのうた」 銀河劇場 ×2
・「Jane Eyre」 日生劇場
・フランス招聘版ミュージカル「ロミオ&ジュリエット」 シアターオーブ ×2
・「客家」 銀河劇場                                      
・「RENT」 シアタークリエ ×2
・「Delicious Deluxe」 日本橋三井ホール
・「Alice in Wonderland」 青山劇場 ×2
・「日の浦姫物語」 シアターコクーン
・「組曲虐殺」 銀河劇場 
・「ZIPANG PUNK〜五右衛門ロック V」  シアターオーブ
・「祈りと怪物」 KERA version シアターコクーン

というわけで、52演目74公演でした。

・・・はい、予想通り演目数公演数ともに昨年を軽く上回っております(笑)。
これでも、諦めた演目もあったのですから、観たいものを全部観てたらどんなになっちゃうんだろう…?

せっかくなので、コンサート・ライブ関係も。

・MASAYUKI DEGUCHI "2012 SPRING" 渋谷GUIRTY
・中川晃教コンサート 2012 in HAKUJU HALL HAKUJU HALL
・MASAYUKI DEGUCHI JAZZ LIVE 東京倶楽部・目黒
・中川晃教コンサート 2012 in HAKUJU HALL Vol. 2 ×2
・BIRTHDAY LIVE MASAYUKI DEGUCHI 2012 AUTUMN 渋谷GUIRTY
・坂本真綾 LIVE 2012 TOUR “ミツバチ” ベイシア文化ホール

大晦日のクリエのチケットもあるので、無事に行ければもう1個追加(笑)。
いやー、我ながらほんとによく観ました!
というか、よく東京に通いました(笑)。
でも、ブログを遡って舞台の記録を拾っていたら、舞台そのものの記憶だけでなく、 
この時はあの方とご一緒してあんな話をしたなあ、とか、
この頃は仕事がこんなだったなあ、とか、
この日のお昼に食べたランチが美味しかったなあ(笑)、とか、
いろんな記憶が甦ってきました。
辛いことや大変なこともあったはずなのだけど、
そういうことも含めて、「今年もいい一年だった」と笑顔で言うことができそう。

私にとって観劇の記録は、"しあわせの足跡"なんだなあ、と思います。

一人きりの足跡。
誰かと一緒の足跡。
踊るようにように元気な足跡。
俯きながら、一歩一歩踏みしめるような足跡。
ちょっと立ち止まって足踏みすることも、急ぎ駆け出すこともあった。

でも、そのどれもが、私にとって大切な"足跡"です。


そんな沢山の足跡の中から、今年の恭穂的ベスト3を。

「CHESS in Concert」 
  :アッキーの、役者として、歌い手として、表現者としての魅力を改めて実感したステージでした。
   アッキーのことだけでなく、他のキャストのみなさんも本当に素晴らしかったし、
   (これで思いっきり浦井くんによろめきました/笑)
   バンドの音楽も、照明も、そして作品そのものにも、全てに魅了されました。
   いつか是非再演、ないし上演してほしいなあ、と思います。
   もちろん、今回のキャストで!!

「Daddy Long Legs 」
  :決して派手ではなく、むしろ静けささえ感じさせる舞台でしたが、
   とても丁寧に、繊細に作られた世界は本当に魅力的でした。
   ミュージカルファンとしても、本好きとしても、かつて少女だった身としても(笑)、
   心の底から愛おしさを感じられる作品。
   お忙しいお二人ですが、ライフワーク的に、可能な限り再演を重ねて欲しいなあ、と思います。

「TIGER & BUNNY  THE LIVE」
  :最後の1個はかなり悩んだのですが、やっぱりこの舞台を。
   違うメディアの作品を舞台化するということの意味、姿勢、そしてその結果を、
   最高の形で見せてくれた舞台だったと思います。
   正直、この舞台を観なければ「TIGER & BUNNY」という作品にも、ここまで嵌らなかったはず・・・
   いやもう自分でも驚くぐらい嵌ってますから(笑)。
   でも、この舞台の、あの空間をリアルに感じられることができて良かった!!


そんなこんなで、今年も沢山のしあわせに出逢うことができました。
私のたどたどしい、でもちょっと暴走気味(笑)な足並みに、
時々足跡を並べてくれたお友達なみなさん、本当にありがとうございました。
みなさんとご一緒できたからこそ、私の観劇ライフは本当に楽しく幸せなものになっているのだと思います。
来年も、きっと沢山の舞台との出会いがあると思います。

沢山の舞台が生まれること。
その舞台を体感できること。
舞台についてお友達と語り合えること。
そのどれもが、決して当たり前のことではないということ。
だからこその、"しあわせ"。

来年も、みなさんと一緒に沢山の"しあわせの足跡"を刻むことができますように。
ちょっと早いですが、みなさん、良いお年を!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
恭穂さま
今年もブログを通じて恭穂さんといろんな舞台の
感想を語り合えたこと、とても楽しかったですし
感謝しています。
恭穂さんの澄んだ眼差しと繊細な感性で紡ぎ出さ
れる観劇レポが大好きです。
来年はお目にかかってゆっくりお話できる機会が
ありますように。
どうぞよりお年を。
スキップ
2012/12/31 18:10
恭穂さま
あけましておめでとうございます。

2012年観劇記録拝見しました。
74公演とは凄いですね!
そしていつも丁寧な感想を書かれてて、ホント読み応えがあって、素晴らしいです。

今年もBLOGの更新を楽しみにしています。
どこかの劇場でお会い出来ると良いですね!
花梨
2013/01/03 16:30
スキップさん

明けましておめでとうございます。
こちらこそ、スキップさんの観劇レポに、
いつも沢山のことを教えていただきました。
今年はゆっくりお会いできるといいですね。
大阪遠征、狙わなくっちゃ!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
恭穂
2013/01/03 22:21
花梨さん

明けましておめでとうございます。
観劇、嵌り始めると際限がないですよねー(笑)。
独断と偏見に溢れた感想ばかりですが、
花梨さんに少しでも楽しんでいただけたなら幸いですv

今年も、お互いに良い舞台との出会いがあるといいですね。
またどこかの劇場でお会いできるのを、
私も楽しみにしておりますv
恭穂
2013/01/03 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
しあわせの足跡 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる