瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 美しさこそ正義

<<   作成日時 : 2015/08/04 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

某武道館ライブ(今更・・・)の余韻に浸っていたら、あっという間に8月になってしまいました!
8月は前半観劇ないから、夏休みの観劇記録はのんびりすればいいや、と思っているうちに、
もう2週間経っちゃいます・・・
で、私の記憶力がやばいことに気づいてしまった(>_<)

というわけで、さらっと覚書記録、二つ連続で!
・・・まあ、この演目は、深く考察するほどには馴染めていないので妥当かな(^^;)


「エリザベート」

2015.7.23 マチネ 帝国劇場 1階R列40番台

出演:花總まり、井上芳雄、田代万里生、京本大我、未来優希、剣幸、山崎育三郎、
大谷美智浩、角田裕明、広瀬友祐、安倍康律、秋園美緒、大内天 他


というわけで、1ヶ月以上間を開けての二回目の黄泉の国へ行ってまいりました。
この日は外はめちゃくちゃ暑かったのだけれど、
帝劇の中は心情的以上に体感的にめちゃくちゃ寒かったです(^^;)
まあ、夏場はどうにも仕方ないですかねー。

今回2回目にして初見だったのが3人。

花總さんのエリザベートは、もう「美しさこそ正義! 美しさこそ力」と言ってしまいたくなるほどの、
圧倒的な強さと美しさ!
少女の頃の溌剌とした様子も、
トートとの出会いや結婚式のシーンの人形のような現実感のなさも良かったですが、
なによりまさに魂の叫びな♪私だけに 思いっきり魅了されました。
ベスもそうだったけれど、エリザベートも、基本的な部分は完成されている印象。
成長していくというよりも、在るべき場所、在るべき自分という当然のものを獲得するための戦い、という感じ。
でも、そうやって獲得したものが、決して幸せや喜びには直結していないという悲劇。
♪私が踊るとき で、あんなにも晴れやかに高らかに勝利を宣言した彼女が、
次のシーンでは苦悩と悲しみに満ちている―――
その間のことはこのミュージカルでは描かれないけれど、
そういう“現実”を少しずつ知り、模索し、傷つき、向き合い、そして少しずつ受け入れていく。
その上でなお、譲れないものを持っている。
そういうエリザベートなのかなあ、と思いました。


ルドルフ役、京本くんは、何というかチビルドがそのまま大人になった感じ。
幼くて、発展途上。
だからこその暴走っぷりが、ある意味説得力があったように思います。
このルドルフの破滅の原因は、とことん周りの責任なんじゃないかなー、とかって思ってしまった。
ああいう風に育ったら、こういう風になっちゃうよねー、という感じ?(笑)
古川ルドの場合は、あれはもう自分の責任以外のなにものでもないし、それを自分でもわかってる感じ。
エリザベートに懇願するシーンも、なんというか、ほんとうに素直にママに頼ってるんだよね。
そういう幼さがある反面、歌声は想像していたよりもまろやかで深みがあってびっくりしました。
マイヤーリンクのシーンは・・・トートに縋りつくような印象があったのだけど、
ちょっと記憶が薄れちゃったなー(^^;)


山崎くんのルキーニは、軽快さよりも苦悩や屈託を強く感じました。
尾上ルキーニとは違う意味で、もの凄く芝居がかっている。
彼の真意はどこにあるんだろう・・・?って、観ながら何度も思いました。
冒頭の、もう一人の母親のシーンでの真剣な表情が、
個人的には唯一彼の素直な感情なのでは、と思ってみたり。
ルキーニの母親は、この母親のように彼のために懇願したのか、
それとも、彼の存在そのものをなかったことにしてしまうような母親だったのか・・・?
トートとの関係性までちゃんと受取れなかったのが、ちょっと残念でした。


田代くんのフランツは、やっぱりとっても一本気で一生懸命なんだなあ、と思ってしまったり。
なんというか、ほんとにエリザベートに惚れているのが凄く良くわかって、
エリザベート、もうちょっと優しくしてあげようよ・・・と本気で思ってしまいました(笑)。
♪夜のボート と♪悪夢 のシーンは、やっぱり涙なしには見られません(>_<)
あんなにも一生懸命な姿を、エリザベートは知らないんだよね・・・切ないなあ。


ということで、次の記録に突入いたします!(ほんとやっつけですみません(>_<))

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
美しさこそ正義 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる