アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「演劇」のブログ記事

みんなの「演劇」ブログ

タイトル 日 時
眩暈
その涙を流したのは、 その願いを叫んだのは、 その疵を受け止めたのは、 その手を取ったのは、 その笑顔を向けたのは、 その物語を生きたのは――― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/18 23:46
茨の王冠
鋭い輪郭を持つ王冠は、 私には茨でできているように見えた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/23 18:52
幻影の鎖
光の向こうに消えていく、その少女の華奢な背中には、 幾重にも、幾重にも、重い鎖が巻き付いているように見えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/22 22:10
終焉の鐘
その舞台の上に在ったのは、 一つの季節の終わり。 一つの恋の終わり。 一つの命の終わり。 そして、一つの時代の終わり。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/22 20:45
彼の罪、彼女の罰
LACCO TOWERというバンドに♪罪之罰 という曲があります。 その曲には、こんな一節があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/06/30 21:13
彼の正義
最近TVをつければ映っていた某知事さんが辞職されましたね。 某知事さんのしたことや発覚後の対応の是非であるとか、 マスコミや世間の反応如何であるとか、 まあ、いろいろ思ったことはあるのですが、ここはそういうのを書く場所ではないので。 ただ、某知事さんだけでなく、政治の中で、何かしらのトップに立った人って、 なんだかどんどん顔つきが変わっていきますよね。 変わり方はいろいろだけど、いい方向に変わった人って思いつかないなー。 どんなに真摯に政に取り組もうとしている人も、権力を持って、 ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/16 21:58
その刻印
その言葉。 その眼差し。 その微笑み。 その裏切り。 その優しさ。 その冷たさ。 その激情。 ―――その生き様。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/05/22 22:27
一期一会
という言葉を個人的に一番実感するのが観劇なのですが、 今回もまさにそれを見に沁みて死感じてしまいました。 また観るから、ではなくて、毎回本気で向き合ってくれる役者さんに、 こっちも本気で向き合わなくてはね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/30 19:52
踏みしめる地面
闇に沈んだ舞台の奥から聞こえる遠雷。 鈍く、けれど確かな力を持って響き渡るその音。 降り始めた人工の雨の放つ水の匂いと肌に纏いつく湿気。 無機質な雨を受け止めた舞台の上に現れたのは、 3人の女、それぞれが踏みしめた、それぞれの地面―――それぞれの、足場。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/13 21:11
鶯は未だ鳴かず
昨日はちょっと寒かったけど、それまでの暖かさで一気に桜が満開になりました。 今年の桜は急ぎ足ですね。 そういえば、今年はまだ鶯の声、聞いてないなあ。 春の来るのが早すぎて、まだ練習ができてないのかな?(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/03 12:07
その橋の行く末
その橋の、始まりと終わりは闇の中に沈んでいました。 遊女の涙が作ったという蜆川にかかる、来し方も行く末もわからないその橋の上で、 時空を超えて交差する二人の女の過去と今、そして未来。 それぞれに何かを捨て、何かを得て、そして互いに背を向けて歩き出す二人が見据える未来には、 いったい何が待っているのだろうか――― ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/03/23 22:04
未来への羽音
5年前と同じ、金曜日の3月11日の夜を迎えました。 普段曜日で動いているので、曜日が同じ、というのは忘れていたはずの記憶がいろいろ蘇ります。 それでも、あの日とは違う、冷たい雨の降る今日は、 あの日とは違う穏やかな時間の流れで過ぎていきました。 忘れることは絶対ないし、忘れるべきではないけれど、 時間という海の中で、記憶はいつの間にか丸みを帯びていくのかもしれません。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/11 21:27
曇天の光
3月に入って一気に暖かくなりましたね。 毎年楽しみにしている通勤途中のお屋敷にある白木蓮の大木も、 蕾の先の白さが目立つようになってきました。 桜の枝も少しずつ形を変えてきているし、 畑は一面のホトケノザで紫色になっているし、 車は花粉で黄色くなってるし(笑)・・・春ですねー。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/05 19:51
水底で寄り添う想い
仕事にめげたり頭痛に負けたり某所の某刀探索に玉砕したり某ネット小説に嵌ってファンタジー熱再燃したり 久々に観劇記録以外の趣味の文章を勢いで書きあげたりしていたら、 あっという間に2月も最終日になっていました・・・やばい! 今月はそもそも観劇数も少なかったのは確かなのですが、 さすがに1ヶ月に1個しか記事がないのは哀しいので、 滑り込みセーフでもう一個記録しておこうと思います。 ・・・って、そういえば今年最初の記事も滑り込みだった気がする(^^;) 今年はそういう年なのかもですが、記... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/02/29 21:32
千年の森に棲むもの
谷山浩子さんの♪まっくら森の歌、ご存知ですか? 初めて聴いたのは、みんなの歌でだったと思うのですが、 あの吸い込まれるような繰り返される旋律と不思議な歌詞に、 とても心惹かれたのを覚えています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/17 19:36
そこはかとなくSF
普段から眠い眠いと言っている私ですが、最近は冬眠モードなのか、更に眠気に負けております(^^;) 昨日本を読んでいて夜更かししたのはあるのだけど、今日は起きたらお昼だったからね! そして、大掃除のまねごとをした後、お昼寝もしたからね!! でもって、更に眠れそうな自分が怖いです(笑)。 きっとお腹が空かなかったら、24時間眠れる気がするよ(え)。 とりあえず、すっきり目が覚めたので、今年最後の観劇記録を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/12/19 21:11
ガラス張りの密室
めちゃくちゃ忙しいわけではないのだけど、 気持ち的になんだかせわしなく過ごしていたら、あっという間に2週間経ってしまいました! 12月も1/3が終わっちゃったよ! どうする自分!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/10 22:44
神様不在最後の日に
10月も最終日になりました。 明日には出雲から神様が帰ってきますね。 だがしかし・・・いやー、焦る!(笑) また一年無為に過ごしちゃったなあ、となんだか気持ちがざわざわするんですが、 思い返してみれば結構いろいろやってたし、 年内にやらなきゃいけないこともたくさんあるんですよねー。 とりあえず、目先のことから一つずつ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/31 11:40
月の瞳
金に彩られた、そびえたつような漆黒の扉。 二人の老婆がその扉を押し開けた時、その向こうに広がったのは、 鬼と人―――二つの意識の狭間を揺れ動く人々の物語でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/10 19:25
“人”という病
ただひたすらに誰かに向かっていく想いも。 根こそぎ奪ってしまいたいという切望も。 生きるために裏切ってしまった愛情も。 喪失の果てに生まれた憎しみも。 憎しみが失わせた理性も。 慟哭の果ての虚無も。 それでもどこかに残っている信頼も。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/30 23:38
魔法の言葉
避けがたきもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/14 22:46
鏡の向こう
風邪をひいて遠征を諦めたり、仕事でちょっとパタパタしたり、 うっかり諸々に嵌ったりしていたら、すっかりブログ放置してしまいました(^^;) 観劇自体も間があいちゃったんですけどねー。 とりあえず、7月最初の(え)観劇な週末は無事に達成することができました。 かなり重めの演目のチョイスだったので、なかなか自分の中で消化しきれない部分もあるのですが、 受け取った印象が薄れないうちに、ちょこっとでも書き留めておこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/07/08 23:08
楽土の夢
高校生の頃、文芸部だった私が一つだけきちんと完結させたシリーズ物の小説がありました。 その中の一つのお話は、ユダヤ人の青年を主人公としたもので。 その青年が捨てた名前、それがZionでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/18 21:28
最後の花火
最近、各地で大きな地震が多いですね。 先日、私は初めて地震でお芝居が中断する、という状況を経験しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/06/04 20:13
暗闇に咲く花
傷つけるより、傷つく方がいい。 奪うより、奪われる方がいい。 騙すより、騙される方がいい。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/02 20:59
黄昏の旅路
最近、というかここしばらくずっと、チケット運が今一つだなー、というか良くないなー、と感じています。 いや、もともとくじ運とかは良くないのですが、 ライブとかの先行は軒並み落選だし、舞台のチケットもがっくりくることが結構あるし、 最近はまってる某世界では、出会いたい人に全く出会えないし・・・(^^;) これまででくじ運を使い果たしたのか、 単にそもそも運がないのか、 はたまた欲望センサーなるものが働いているのか(笑)、 それとも何か大いなる意志が影響しているのか(え)はわかりませんが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/16 21:33
どっちもどっち?
GWを前にして、怒涛の観劇期間(当社比)に突入した恭穂です(笑)。 もたもたしてると、記録をし損ねちゃうなあ、という危機感もありつつ、 このお芝居に関しては、観たことで満足しちゃって、記録する気力がわいてこなかったり(^^;) でも、せっかくなので、観たよー!の記録だけ、さくっとしておこうと思います。 (明日当直だしね・・・) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/04/22 22:20
封印
終演後、劇場を出た瞬間。 春色の空と、春の匂いのする風と、春の暖かさを持った光が私を包みました。 ついさっきまで“彼ら”と共有していた時間と、 その時間が私の中に落としたやるせなさを噛みしめながら、 ふっと目を上げると、桜の木の幹に張り付くように一つだけ咲いた花が目に入りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/03/25 23:14
薄明の庭
沈みゆく陽の名残の光に輝く空の下。 その庭に落ちる木々の影は、既に忍び寄る宵闇に飲み込まれようとしていました。 仄かな光は、だからこそ、静かな闇の気配を誘い――― その闇にまぎれるように佇む男たちが胸に抱えるのは、深く昏い喪失の傷跡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/18 23:15
ミュータント
今日は久々に着付けのお稽古に行ってきました。 なんだかんだでなかなか行けなくて、ほぼ2か月ぶり! しかも今日は試験でした・・・いやー、焦った!(^^;) でもなんとかなったっぽいので、とりあえずホッとしております。 2月は怒涛の観劇月間なのですが、なんとか継続して行けるといいなー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/01/31 20:16
玻璃の器
その舞台の中央には、1本の大きな木がありました。 星明りを浴びて、淡く発光するかのようなその木肌。 沢山に枝分かれしたその姿は、まるで進化の系統樹のようにも、 いくつもの支流が合わさった大きな川の流れのようにも見えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/26 22:14
光の吹き溜まる場所
私が一番最初に触れた宮沢賢治の物語は「よだかの星」でした。 ずいぶん古い本で、挿絵が誰だったのかも忘れてしまったけれど、 暗い表紙の中、よだかが目指す星の明るさを、未だに思い浮かべることができます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/29 21:47
その扉の鍵
こんなふうにブログをやっている私ですから、 言葉、というものにはやっぱり思い入れがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/24 23:08
消えない赤、消さない赤
最近は月後半に観劇などを入れていることが多くて、 月前半はすっかりブログ放置な恭穂です・・・ 狙ってるわけではないのですが、なんとなくそんな日程に。 今月は結構ばらけているのですが、来月はまさに月末の楽しみに向けて月初め働く!という感じです(笑)。 とりあえず、今月の観劇記録一つ目を。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/10/16 22:20
それでも世界は美しい。
自分はいろんなことに対して、もの凄くキャパが狭いというか、保守的だな、と思うことがあります。 革新的なことには二の足を踏むし、 いわゆる"常識的"なものから外れるのはちょっと怖い。 人から後ろ指さされてもいいと思うほど情熱を傾けられるものもないし、 ルールを破るんだったら、守ったうえでそれがどれだけ無意味かを証明してからにすべきだと思う。 破天荒という言葉は私からは本当に遠くて、 目立たず、静かに暮らしていきたいと常々思ってる。 私が住む世界、私が観る世界、私が受け入れる世界はものすごく狭くて、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/08/25 22:04
A級?B級?
お昼寝をして起きたら、する前よりもちょっと風邪が良くなっているように思う恭穂です。 でも、寝すぎたせいか、全然頭が働かない―!!(笑) まあ、この演目に関してはそういう状況で書くのもいいのかなー(え)。 というわけで、勢いに乗って二つ目の観劇記録です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/29 20:35
朝日の射す部屋
梅雨入りしたなあ、と思ったら、あっという間に6月も半分が過ぎてしまいましたね。 ということは、あと半月で今年が半分終わっちゃう! そう書いたら、なんだか急に焦りが出てきてしまったり(笑)。 仕事と読書に追われて、ブログはすっかり放置になってしまいましたが、 観劇もちょこちょことしております。 いろいろ考えていたら、なんだかすっかり書くタイミングを逃してしまいましたが、 自分の中で消化されていなくても、 こういう舞台を観た、という事実だけは残しておこうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/15 21:57
箱庭の外
ずいぶん昔、脳死移植の最初の法律ができたころ、 臓器移植について書かれた本を手当たり次第に読みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/05/07 22:44
不確かな定義
朗読劇を見るたびに、いつも思うことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/23 21:40
DLLの最初の方でジルーシャが、大学のお友達との会話の中で、 自分がいかにいろんなものを知らないのかを嘆くシーンがあります。 その中で出てきた一つが、ヘンリー8世。 私も高校生の頃に世界史は途中で挫折しているし、 イギリス王家の知識はこれまで観たシェイクスピアからの薔薇戦争あたりに限られているので、 ヘンリー8世がどんな人物かなんて、DLLの初演を観た頃は全然しらず・・・ 今回、この舞台を観てからのDLLだったので、ジルーシャの台詞が妙にリアルに感じられてしまったのでした(笑)。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/09 19:28
つぎはぎの街
今日は予定されていた会議が中止になり、思いがけず早く帰宅することができました。 読みたい本も見たい録画も聞きたい音楽も書きたいメールもいろいろあるのですが、 (そして叫びたい本も叫びたい映画も叫びたい音楽もある/笑) 2月が終わってしまう前に、観劇記録を一つ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/27 21:37
冬眠してた・・・
わけではありませんが、すっかりブログ放置ですみません。 2月ももう数日で終わっちゃいますが、今年の2月は「雪!」の一言に尽きますねー。 実際に降ったのは2日間だけですが、その影響ときたらもう・・・(涙) 8日の雪では観劇二つ諦めたくらいだったのですが(それでも精神的ダメージは大!)、 14日から15日にかけての雪はねー。 道路が一面70cmの雪に埋まっているのを見た瞬間の衝撃ときたら!! 理解を超えた状況に直面すると、何をすればいいのか分からなくなりますね。 で、とりあえず目の前に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/26 22:18
真実の形
今日届くかなー、と思っていたCDが届いておらず、帰宅してちょっと落ち込んでいる恭穂です・・・ まあ、もともと明日発売だからねー。 でもって、明日届いた方が諸々都合がいいことも確かだし! ・・・と自分を慰めつつ(笑)、せっかくなので観劇記録に突入しようと思います。 うん。 2月3月はほんとに怒涛なので、今日できることは今日のうちに! (というかCD届いたらしばらくそっちに根こそぎ持っていかれるに違いないので/笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/02/04 22:22
眷属の分布図
インフルエンザがそろそろ猛威を振るい始めましたね・・・ ウイルスのことがいろいろ解明されるにつれて、感染防御はどんどん細かく複雑になっているような気がします。 もちろんそれは良いことなのだけど、なにもここまで・・・的に感じることもあったり。 感染症にしろなんにしろ何かとの"向き合い方"というのは、 情報が溢れている分、自分でちょうどいいところを見つけていかなくてはならないんだろうな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/24 22:05
片翼
舞台の上で、その人は何度も「化け物」と呼ばれていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/23 20:46
彼の行く先
ここ数日で、一気に気温が下がりましたねー。 数日前から浅間も真っ白になっていましたが、今朝は赤城山のてっぺんもちょこっと白くなっていました。 やばい、まだスタッドレスに変えてないや(汗)。 いろいろ思い悩むことがあったり、日々の仕事に追われたりしていますが、 時間はちゃくちゃくと過ぎていて・・・今年もあと1ヶ月ちょっとなことに、ちょっと動揺しております(笑)。 明日はどうなるかわからない、ので(え)、先週末の観劇記録を書いちゃおうかな。 うーん、それにしても寒い!(暖房入れなさい) ... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/13 21:37
切符
物語の中、彼の手に渡った3枚の切符。 最後に、彼のための切符がないことを知ったとき、彼は自分が切符を渡す番だと、きっと気付いてた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/11/08 21:14
ヒーロー
降りしきる雨の中、全てを受け止めるように両手を広げ空を仰ぐ男の後姿――― この有名な映画も、その原作も、私は触れたことがありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/06 22:05
在処
先週から風邪に負けていた恭穂です。 いやー、久々に喉→気管→鼻というフルコースを体験しちゃいました。 治りが遅いのは、やっぱり年ですかねー(え)。 とりあえず、かなり回復してきたので、このタイミングで書かないと書かないで終わっちゃう!という危機感もあり、 残っていた観劇記録を書いちゃおうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/19 16:24
自然体
10月に入って、1週間ごとに2つの井上戯曲の舞台を観ました。 「それからのブンとフン」と「ムサシ」 井上さんの初期の戯曲と晩年の戯曲。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/14 19:24
金色の箱
「我を選ぶ者は、衆人の欲し求むるものを得べし」 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/09/14 22:01
怒涛の長月・・・
いつになく追い詰められた日々を送っております恭穂です(笑)。 仕事自体はそんなにめちゃくちゃ数が多いわけではないのですが、 1個1個の仕事がけっこう思いというか、苦手なものというか・・・でもやらなくちゃ、という状況で。 私はこれをやりたい!という純粋な気持ちから始まったはずのことが、 なんだかいろんな人の利害とかが絡み合って、なんだか訳がわからなくなっています。 まあ、夏休み前は大抵こんな感じだから仕方ないよねー、と自分を慰めてみたり(笑)。 さすがにちょっとPCに向かう気持ち的な余... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/09/11 21:40
時代を彩る音
油蝉の声。 鳥の声。 ヒグラシの声。 屋根を打つ雨の音。 通り過ぎる自動車。 鳥の羽ばたき。 遠く聞こえる少女たちの歌声。 仲間たちの、笑い声――― ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/11 20:49
闇の底の物語
今朝、通勤途中に今年最初のトンボを見ました。 今週はなんだかとんでもない暑さだけれど、空の色も少しだけ明度を増しているし、 立秋を過ぎて、確実に季節は移っているんですね。 二十四節気をいつも気にかけているわけではないけれど、 ふとした瞬間に、暦の中に小さく記されたその古めかしくて意味深な言葉と季節が結びついたとき、 なんだかとてもしみじみしてしまうのでした。 それは、私が日本という国で生まれ育ったからなんだろうなあ、と思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/09 22:49
新しい、旋律
出されなかった手紙。 果たされなかった再会。 突然に断たれた未来。 海の底に沈む、約束の旋律の終わり――― ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/05 22:51
非常の人
今日は土用の丑の日、ですね。 残念ながら私の食卓には鰻はありませんでしたが、 その代わり、土用の丑の日は鰻!を作った(?)方が主人公の舞台の記録をしようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/22 21:04
リベンジ希望!
長いなあ、と思っていたGWももう最終日ですね。 そろそろUターンラッシュもはじまっているのかしら。 そういえば、昨日の東京駅ももの凄い混雑でした… みんな、お家でのんびりしようよ!って思ったけど、私もその中の一人ですね(笑)。 帰りの新幹線内でお友だちから「遠征お疲れさま」のツイートをいただいて、自分の中の違和感にびっくり! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2013/05/06 18:05
赤く染まる雪
この連休、お仕事は午前中だけなので(明日は当直で〆だけど/笑)、 久々にお布団を干したり、お掃除をしたり、溜めてたDVDの録画を観たりして過ごしました。 今日は映画「SP」を2本続けて! 疲れたけど、おもしろかったー。 ドラマの「SP」は、洋さんが出る!というので初めて見て、 その回だけのつもりが予想外に面白くて、そのまま最後まで見ちゃったんですよね。 最終回の引きが極悪すぎて(笑)、映画を心待ちにしてたのですが、 そもそもあまり映画を見ない私は、公開されても2部構成じゃなあ、とあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/28 22:50
スタートライン
観劇を趣味にブログやツイッターを始めてから、いろいろな方とお話しする機会を得ました。 お互い名前も覚えずに、一度だけお茶やご飯をご一緒しただけ、という方もいれば、 初めてお会いしたその日に数時間話込んだ、という方もいらっしゃいます。 同年代の方ばかりではなく、とてもお若いお嬢さんもいれば、人生の先輩とも言える方もいらして・・・ 普通なら出会わない、世代の違う方たちとやりとりできるのが、 なんだかとても新鮮で嬉しかったりします。 基本ネットでのやりとりなので、限られた分野についての交流... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/27 22:05
花冷えには遅すぎる
今日はもの凄い風でしたねー。 朝、通勤時に信号待ちしてたら、車体がゆれてびっくりしました(笑)。 空っ風な群馬とはいえ、ここまでの風は滅多にないのですが・・・というか、4月ってこんな風吹きましたっけ? この週末も寒くなりそうですねー。 4月最後の(おい)観劇な週末(でも通い)の予定なのですが、何着て行こう・・・ とりあえず、今年の観劇日和運はないものと思って、残り8ヶ月弱を過ごそうと思います(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/19 21:39
春まっさかり!
先週末はなんだかとても忙しくて周りを見る余裕もありませんでしたが、 気がつくともう花水木の花が咲き始めていました。 いつもはGWごろに満開になるのだけど、今年の春は急ぎ足ですね。 山もすっかり萌黄色だし、職場には燕の姿が見え始めたし・・・なんだかちょっと焦ります(笑)。 とりあえず、4月後半も怒涛の日々が続くはずなので(え)、 書けるうちに観劇記録を! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/14 20:38
今はただ"おかえりなさい"と言いたい
その人を初めて目にしたのは、真っ白な舞台の上の鮮やかな赤が印象的な舞台でした。 その白い世界で、青い衣裳に身を包んだその人が演じる役は、 正直言ってとんでもなく受け入れがたい役柄で(というか、その舞台そのものが受け入れがたかった・・・)、 なのに、その人の発する声が、愚かさと嗜虐と恐れに揺れる目が、彼が背負う時間が、 何故かとても印象に残って、終演後にプログラムで名前を確認しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/01 23:14
一つの街の、異なる歴史
寒い寒いといっていたら、いつの間にか蝋梅が綺麗な季節になりましたね。 通勤路には蝋梅の木が何本もあるのですが、車通勤だとその香を感じることができず、ちょっと残念。 蝋梅は、あの不用意に触れたらぱきんと折れてしまいそうな雰囲気の、繊細な花がとても魅力的。 実際に触れたときの柔らかさとのギャップに、いつも触れる瞬間心ときめいておりますv 実家にも植えたばかりの蝋梅が1本。 先週帰ったときにはまだ固い蕾でしたが、次に帰省するときは、その花が見れるかな? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/01/24 22:40
月の影
昨日の夜。 仕事を終えて職場を出た瞬間、目に入った眩しいほどの月に驚きました。 冬の月はいつも冴え冴えとしているけれど、昨日の月の光は冷たい炎のようだった。 思わず、月が作る影を探して後ろを振り向きましたが、 建物の明かりや街灯の光にかき消されて、月の影を見ることはできませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/12/28 22:45
宝の在りか
今年最後の観劇な週末を終えました。 今年も沢山の舞台と出逢って、あるいは再会して、 沢山笑って、沢山泣いて、沢山のものをもらいました。 毎年、数え切れないほどの舞台が創られて、私が出逢えるのはそのほんの一部。 私のまだまだ短い観劇歴の中で、私の中に宝物のように存在する舞台も幾つかあります。 その一つと、再会してきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/23 21:49
涙の意味
考えても考えても考えても―――答えが出ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/12/16 18:22
渇きの大地
彼らの生きるその大地は、乾ききった赤い砂で覆われていました。 彼らの流す涙も、血も、全てを吸い込んで、 それでもなお、癒すことのできない渇きに喘ぐ大地――― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/24 21:42
諦めが大切な時もある
10月に入ってから、昼間晴れ間が見えても、夜になると雨が降る毎日。 毎年10月ってこうでしたっけ? 今年はやっぱり変な気候だなあ、と思ってしまいます。 そのせいか、今年は彼岸花も咲きはじめは遅いのに、去年よりもずっと沢山咲いている気がします。 通勤途中の田圃の畦道が、一面真っ赤になってしまうくらい・・・ それはそれでとても綺麗なのだけれど、なんだかちょっと不安になってしまうのは、 私自身が不安定だからなのかなあ・・・? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/03 20:53
膜の向こう
昔、日本書紀や古事記に嵌って関連書籍を読んだことがあります。 記録として残る歴史。 それは、勝者にとっての、記録。 神話という、ある意味荒唐無稽な物語の向こうに、でも"真実"はきっと確かに存在しているはずで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/30 22:38
その手紙が届けるもの
西にある台風の影響か、今日はとても風が強いです。 カーテンを舞い上がらせて部屋に吹き込んでくる爽やかな風に、 1時間ほどぐっすりと午睡をとることができました(当直明けなのです・・・)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/09/17 18:26
それでも花は咲き続ける
最近、向日葵の花って、沢山種類がありますね。 細い茎の先に、幾つも小さな花が咲いている向日葵。 小人のように小さくて頭でっかちな向日葵。 縮れた色の濃い花びらが印象的な向日葵。 どの向日葵も素敵ですが、やっぱり私が好きなのは、 自分の背丈を越えるくらい大きくて、そのてっぺんに一つだけ花をつけるスタンダードな向日葵。 夏の終わり、良くTVや新聞に載る一面の向日葵畑に、いつか行って見たいなあ、と思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2012/09/07 21:51
天使は誰?
久々に、何も予定のない休日。 溜めてた家事と観劇記録を一気に片付けようと奮闘中です(笑)。 途中、雷雨になったので、その間はPCを切ってぼんやり。 今年の夏は、雷雨が少ないなあ、と思っていたので、ちょっとワクワクしていたのですが(え)、 雨が止んだら一気に蒸し暑くなりました(涙)。 降ってる最中は爽やかだったのに・・・ でも、今日は花火大会だったので、止んで良かったかな。 まあ、私の家からは音しか聞こえませんが(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/11 19:34
その男が人を殺めるたびに、舞台の上から真っ赤な糸が降りてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/01 22:47
血の縁
なんだかすっかりブログ放置が日常となってますが、恭穂は元気にしております! 昨日一昨日と日付が変わるまで仕事だったので、寝不足でちょっと理性が飛んでおりますが(笑)。 まあ、こういうときもあります・・・ とりあえず、ずっと書きたかった観劇記録を。 もう、前振りを考えるだけの気力もなく、眠気で理性が飛んでいるので、 いつも以上に散漫な記録になりそうですが・・・ある意味正直な記録になるかもしれません(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/06/28 22:39
月が視てる
最近、観劇した直後に記録を書くことがめっきり少なくなりました。 直後にツイッターで叫んで(笑)満足しちゃう、というのもあるし、 激しく感情を揺さぶられて、書かずにはいられない、という演目を観ていない、というのもあります。 後者は、いい演目に出逢っていないわけではなくて、 観終わった後、じっくりと自分の中で咀嚼する時間が必要、という意味もあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/16 20:28
陽だまりの外側
大好きな5月も、もう数時間で終わってしまいます。 いやでも色づき始めた紫陽花を見たりすると、6月も好きだなあvと思うので、 そういう点、時分の能天気さにちょっと笑ってしまったり・・・ とりあえず、5月が終わってしまう前に、書き残しの観劇記録を1個仕上げてしまいましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/05/31 21:53
やはり波乱の年・・・
昨夜はちょっと風邪気味だったので、お薬を飲んで寝たところ、 ロミジュリの舞台を観る、という夢を見ました。 しかも、ロミオが浦井健治くんで、ジュリエットが大竹しのぶさん。 でもって、ジュリエットがせっついてロミオと駆け落ちするのだけど、 追っ手に捕まって引き離されてしまう、というもの(・・・既にロミジュリではなくなってます/笑)。 でも、結構面白かったので、続きが見れるかなあ、と二度寝したら、 明日会うお友達と普通に観劇してご飯を食べる夢を見ました。 いずれも正夢だと嬉しいですv(笑... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/12 19:12
風の中で叫べ
GW最終日、寝坊して起きたら外が真っ暗で雷までしてたので、二度寝してしまった恭穂です。 観劇にお出かけしていろんな方と会うのもとっても楽しいし、 こんな風にひたすらごろごろと自堕落に過ごす時間も、私には必要なんですよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/05/06 19:39
約束の未来へ
始まりの遅かった今年の春。 その遅れを取り戻すかのように、この1週間で目に入る色彩が格段に増えました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/04/21 22:53
その先の光を
この物語に出会ったのは、高校生の時でした。 膨大な登場人物。 しかも苦手なカタカナの名前。 私の知識や想像を超えてくるSFの世界。 複雑に絡み合った人間関係――― そのどれもが、私にとっては高いハードルだったはずなのに、 それでもなお、この物語の世界は、文章の中で生きる人たちは、私をとことん魅了した。 原作が好きすぎて、アニメや漫画など、他の媒体には触れることはなかったけれど、 私の中には確かに生き生きと動き回る"彼ら"がいて。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/16 22:39
波乱の年
今年ももう1/4が過ぎてしまって、この3ヶ月強で既にいろいろな舞台と出会いました。 今年は、個人的に当たり外れが大きいというか、出逢う舞台が予想を超えてくることが多いように思います。 うーん、波乱の1年?(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/11 22:37
幽きもの
今年に入ってから、久々に時代小説ブームがきております。 きっかけは、お正月休みに読んだ松井今朝子さんの「そろそろ旅に」。 そこから、畠中恵さん(とうとう手を出してしまいました!)の「しゃばけ」、「アイスクリン強し」、 そして、読みはぐっていた宮部みゆきさんの「おまえさん」・・・と、ちょっとずつ読み進めてきました どの作家さんもそれぞれに味があって、まだ暫く本屋さんでは時代小説に目が行ってしまいそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2012/01/25 22:33
観劇な師走の締めくくり
12月は、泊りがけ観劇はありませんでしたが、 なんだかんだで7公演も観てしまいました・・・ 幸せすぎて、今年の総括をするのが怖すぎる(笑)。 で、その最後の観劇は、まさにアウェイ!な観劇でございました(え)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/12/26 22:30
願い
今夜は23時からNHKBSプレミアムで蜷川シェイクスピア「オセロー」が放送されます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/20 22:34
喝采
エディット・ピアフ――― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/11/17 23:27
むきだしの魂
昨日までの冷たい雨の後。 通勤路の木々の赤や黄色の紅葉は、昨日よりもずっと鮮やかに見えました。 高く澄んだ青空の下で、朝の光を纏うようにキラキラしたその木々を見たとき、 この舞台で映されたゴッホの絵が思い浮びました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/12 22:45
愛のカタチ その2
というわけで、ちょっと間が空きましたが、 先週私が観た「愛のカタチ」の記録その2です(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/10/14 22:50
天地人、そして花
昨日の冷たい雨が嘘のように青い空の美しかった今日。 でも、吹く風はやはり冷たくて。 その風に揺れるベランダの朝顔も、なんだか所在無げな頼りなさがありました。 けれど、天空の青を名前に持つその朝顔の色は、今も全然色褪せなくて――― 空を渡る風に揺れる青い花が、なんだかとても健気に思えてしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/06 22:44
愛しいもの
先日の台風、見事に関東を横切っていきましたが、みなさま、大丈夫でしたか? 私の住むあたりは、一時的に雨風が強かったですが、特に大きな被害はなく、 増水した川を見て、凄かったんだなあ、と改めて思うくらいでした。 が! 昨夜から実家に帰って、今日は亡き祖父のお墓参りと、 両親が祖父から引き継いだ畑の秋野菜の収穫をしてきたのですが、 台風の大雨の名残のぬかるみに見事に足を取られ、思いっきり転んでしまいました(汗)。 まさかこんなところで台風の被害にあうとは・・・! つまずくのはしょっち... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/09/23 22:33
長月の観劇な夏休み三日目!
の今日は、「キネマの天地」二回目と中川晃教くんのコンサートでした! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/10 23:03
夏休み最後の日?
8月もあと数時間になってしまいました。 そして私は夏休みの最後の一日、宿題を前にした子どものような心境です(笑)。 もちろん、観劇記録は宿題(=義務と責任)でもなんでもないのですが、気分的にね・・・ ここ数日仕事と頭痛に負けてネット環境から遠ざかっていたので、 皆さんのブログにお邪魔したり、メールやツイートのお礼もしたいし。 でも、その前に一つでも観劇記録を! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/31 21:39
黄昏の果実
絶対絶命のピンチ、というものに、幸いなことに陥ったことはありません。 打ちのめされたり、落ち込んだり、もう駄目だ、と思ったりしたことはあっても、 そこが終わりだと思ったことは、今までなかった。 だって、その原因は必ず自分自身にあって、 それならば、解決できるのも自分しかいなくて、 ということは、今は蹲っていても、いつか立ち上がることができれば、この場所から歩き出せると知っていたから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/21 21:50
キャパオーバー(汗)
やっと、中川晃教くん主演の「ゲゲゲのげ 〜逢魔が時に揺れるブランコ〜」を観てきました。 いやもう頭も心もキャパオーバーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/07 21:07
文月の観劇な週末 その2〜想いの在処〜
ここ数日、ふとした瞬間に頭の中を巡るメロディがありました。 切なくて、哀しくて、でも心がほっこり暖かくなるシチュエーションで流れたメロディ。 つい最近聴いたはずなのに、そのメロディが何の曲だか思い出せなくて。 ただただその曲が大好きだという気持ちだけがあって、 その気持ちの行き先が見つからないことが、とても悔しくてやるせなくて仕方がなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/07/28 22:56
文月の観劇な週末 その1〜完敗〜
というわけで、昨日は久々の観劇日でした。 マチネが「リタルダンド」、ソワレが「血の婚礼」。 どちらも水分をかなり消耗いたしました・・・前者が涙で、後者が汗で(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/07/17 20:56
いたむこころ
劇場に入って最初に目に入ったのは、客席の両サイドに幾つもぶら下がった赤い提灯と定式幕。 そして、小さな音で流れている♪Amazing Grace 。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/05/21 21:58
命の赤
白い肌。 黒い肌。 白い心。 黒い心。 緑色の盤上でくるくると裏返る駒のように、移ろっていく心の色。 でも。 その命の流れの色は―――鮮やかな赤。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/05/12 22:07
いろいろデビュー
2〜3年前から、やばいなあ、と思いつつ、これは違う!と自分に言い聞かせ続けていましたが、 とうとうつかまってしまったみたいです。 ・・・花粉症に!(涙) いやー、昨日ずいぶん鼻水が出るので、これは風邪?とびくびくしつつ言い聞かせてたんですが、 ばりばりの花粉症(いやな表現だな・・・)の友人から、 昨日からめちゃくちゃ花粉が多いよーといわれ、とうとう観念して花粉症デビューしました(笑)。 私の職場は山の上にあるのですが、下の道から見上げると、 昨日今日と黄色く霞んでいたのだそうです・... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2011/03/26 22:06
真の主人公は誰だ?!(笑)
初めて沖縄に行った一昨年の夏。 群馬とは全然違う空の色。 そもそも群馬にはない(笑)海の美しさ。 そして、初めてのダイビングで見たあの青――― いつかまたあの青に出会いたい。 そんなふうに思っています。 この物語を知った上で訪れたなら、きっとまた違う出会いがあると思うから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/03/02 22:23
最後の嘘
人を信じる、というのは、本当に難しいことだと思う。 なのに、人を裏切る、というのは、なんて簡単なんだろう、とも思う。 この場合"人"は"他人"のことでもあるし、"自分"のことでもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/23 22:53
セピア
雪で始まった三連休。 みなさん、いかがお過ごしでしたか? 私は昨日一昨日は目一杯お仕事でした。 道はそれほど雪の影響はなかったのですが、 昨日の朝は、凍りついた車のフロントガラスと20分にわたって格闘!(笑) それに疲れきったのか、お仕事が忙しかったこともあったのか、 去り行く雪雲の気圧の変化に負けたのか、今日は頭痛で一日寝ちゃいました・・・ あああ! 貴重なお日さまにお布団をあっためてもらおうと思ってたのに、自分の体温で暖めちゃったよ!(涙) せめてもの抵抗で、今はいろいろお... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/13 18:22
深淵
このブログを始めてから、いろいろな方と出会いました。 その方たちを介して、いろいろな舞台に、いろいろな役者さんに、いろいろな音楽に、 いろいろなたくさんのものに出会いました。 それって、私にとってもの凄い財産だなあ、と思う今日この頃。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/02/08 22:36
そんな日もある。
本能寺の変までは、と今のところ毎週欠かさず観ている今年の大河ドラマ。 昨日の回で、信長さまから屈辱的な扱いを受ける明智光秀の手がぶるぶる震えていましたが、 (市村さん、血管切れちゃうんじゃないかと思いました・・・/笑) よもや今日、自分が同じような状況になるとは思いませんでした。 いえ、屈辱的な扱いを受けたわけではなく、怒りで手が震える、という状況です。 朝っぱらからちょっと切れ掛かり、でもここは私が大人な対応をしないと、と踏みとどまったところにとどめがきて、 一瞬何もかも投げ出して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/31 21:49
その遥かな高みを
去年、井上芳雄くんのコンサートで、私は包み込むように優しく深い"青空"に出会いました。 旅立って行った人たちの、そして彼らを見送り・・・いつか再会する私たちの想いを、 全て受け止めてくれるような、そんな慈しみに満ちた神聖な青空。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/01/30 19:31
三度記憶力に挑戦!
今月の観劇な週末から、もうすぐ2週間経ってしまいます! 風邪に負けたのもありますが、読書にはまってたのもあるかなあ・・・ 銀英伝の読み直しが終了し、ただいま「テンペスト」に突入中です。 原作ファンの友人の希望で来月の舞台のチケットをとったので、その前に読んでおこうと思って。 なかなかに魅力的な物語と登場人物ですが、間に挟まる琉歌や候文でつっかかるので(笑)、 一気読みできないのが、かなり悔しいです(笑)。 舞台も、お気に入りの役者さんがかなり出演されるので、 どの方がどの役を演じる... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/27 22:23
おみくじがわり?
この作品が舞台化されることを知ってから、 観にいくかどうかぎりぎりまで悩んだこの舞台。 正直怖いもの見たさ的な、あるいは運試し(笑)的な気持ちでの観劇になりました。 さて、私の今年の観劇運は、どうだったでしょうか?! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/01/10 21:41
猫派の好み
無事に今年の仕事を終え、ただいま実家に帰ってきております。 実家の猫と久々に戯れ、ちょっと癒されましたv ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/29 22:19
まさに至高のハーモニー
この舞台が上演されることを知って、大人買いした原作全12巻。 魅力的なキャスト。 ビッグネームな脚本家。 でも、この複雑な人間関係(ある意味単純でもありますが)と、 深い感情のやり取り、そして登場人物の想いの変遷を、 たった4人のキャストで、3時間に満たない芝居で、どんなふうに表すのか・・・ 結果は、期待以上でした! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/20 22:12
神になろうとした男
母との東京珍道中を終え(スカイツリー、無事に見れました!)、 いつもよりもちょっとぐったりして(え)帰宅いたしました(笑)。 帰宅して、最初にしたこと・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/05 21:47
ギャップの理由
大学生の頃、実習で同じグループだった男子と映画の話で盛り上がったことがあります。 おもに昔のミュージカル映画の話だったのですが、 その中で一つだけ今も印象に残ったエピソードがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

2010/10/30 22:20
なかなか熟成しないので
私は観劇記録を書く時、いつも1つキーワードを決めます。 それは、観劇中に思いつくこともあれば、 観劇後数日立ってからふっと思い浮ぶこともあります。 我ながらぴったり!と思うこともあれば(笑)、 こじつけ感満載なこともあります・・・というかその方が多いかなあ(え)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/09/28 21:15
魂の愛
あの夜。 高校生だった私は、深夜のTVが映し出す光景を、なんだか呆然と見ていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/06 22:34
笑顔の威力
今朝のニュース番組で、日本人は笑顔が下手だといっていました。 確かに、外国の方のような全開の笑顔よりも、 はにかむような控えめな笑顔に出会うことの方が多いかもしれません。 でも、素敵な笑顔は誰だって持っているはずで・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/09/01 22:10
届いたよ、と伝えたい。
研修に絡めたプチ夏休みで、昨日から観劇な休日を過ごしています。 昨日は「エリザベート」と「宝塚BOYS」。 今日は、「ガラスの仮面」を観てきました。 もうね、観劇が好きなことを、心から感謝したくなるくらいいい舞台でした! ので、この気持ちが色あせないうちに観劇記録を書こうと、ホテルでPCを借りました。 ちょっとまだ気持ちがふわふわしているので、きちんとは書けないかもしれないけれど・・・ どうぞお付き合いくださいませ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/08/27 19:35
きれいなもの
たとえば、心から欲しいと願う何かがあるのに、それは決して手に入らないものであるとき。 たとえば、何かが大事で大事でしかたがないのに、既に"終わり"が見えてしまっているとき。 たとえば、自分の中の一番深いところに、なくした何かを幾重にもくるんでしまいこんだとき。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/25 22:40
降り注ぐ光
アッキー(中川晃教)のライブCDが届きました。 私的には、本当に久しぶりの音源。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 20:25
鎮魂
物語が終わった舞台の上には、 引きちぎられ、踏みにじられ、握りつぶされ、汚された紙の残骸がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2010/07/15 22:12
宿題
劇場の中に入ると、井上ひさしさんの笑顔が目に入りました。 白い胡蝶蘭に囲まれた、追悼コーナー。 あの人ごみの中で、私は記帳をすることはどうにもできなかったけれど、 心の中で、深く手を合わせました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/06 19:59
彼女の白
白い舞台、というと、「タイタス・アンドロニカス」が思い浮びます。 あの舞台の白は、美しさと共に光を弾く割れた硝子のような鋭利な攻撃性を感じました。 けれど。 この舞台の白は違った。 光を弾くのではなく、暖かな光を生む白。 全てを拒絶するのではなく、包み込む白。 凛と立つ強さを感じさせる、白。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/01 23:20
こどもの目線
昨日、とうとう下北沢の駅に降り立ちました! 観劇にはまり始めてから、いつもチラシで目にする「下北沢」。 これで小劇場系にはまったら身の破滅だ、という思いと(笑)、 なんとなーく怖いところ、というイメージがあったので、これまで降り立つことはありませんでした。 そんな怖さを乗り越えてとった「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」は、見事当日キャンセル!(涙) その後もこの舞台のチケットを確保することはできず、 でも夕方の観劇の前に何かもう一つ観たいなあ、と思って探していたとき目にしたのが、こ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/30 16:01
もしや最短観劇記録?(笑)
今期のドラマで一番はまっているのが、今夜放送の「Mother」です。 非常に重い内容ですし、ちょっとありえない展開ではあるのですが、 つぐみ役の女の子の大人に負けない演技や、 松雪さんの奈緒の全てを背負い込んじゃう幸薄そうな横顔や、 酒井さん演じる奈緒の妹の強がり表情の深さや、 お母さん役の高畑さんの感情のふり幅の大きさや、 もう一人のお母さんの田中さんの独特の雰囲気と垣間見える感情の波に、 毎回思いっきり引き込まれます。 いろんな"母"といろんな"娘"といろんな"女"の物語。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/12 21:34
桜色はもう少し先
明日はもう4月なのに、先週から寒い日が続いていましたね。 私の住んでいるあたりでは、昨日の朝はうっすら雪が積もっていました・・・ 通勤路の桜の木も、今朝あたりからやっと幾つか綻んできた感じです。 明日からは、ちょっとは暖かくなるのかな? 咲き初めた桜が身を縮めてしまわないように、 穏やかな陽射しが降り注ぐといいなあ、と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/03/31 22:49
適材適所
大阪からもどって初めての何も予定のない休日。 いろいろやろうと思っていたのに、見事に寝倒し+読書に費やしてしまいました。 というのも、昨日は劇団☆新感線と歌舞伎座の梯子でして・・・ さすがに体力の限界を迎えた感じです(笑)。 いや、だって、どちらもとても見ごたえあり! 特に前者は、もう、テンション上がりまくりでしたから!!(笑) やっぱり新感線、大好きですv ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/03/22 20:07
境界
続けてもう1個観劇記録書いちゃいます。 とはいえ、きちんとした感想にはならなそうですが・・・と最初にお断りしておこう(笑)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/02/14 18:57
鷹が飛び立つとき
やっと週末になりました! といっても、今日も午前中は講義があったのですが・・・ 帰宅してから、そのまま一気に数時間眠り込んでしまいました。 さすがに頭の容量と体力が限界だったみたいです(涙)。 日々の研修に追われ、お友達のみなさんに、メールのお返事もできなくて、すみません・・・ とりあえず、恭穂は生きておりますよー。 でもって、日々賦活されております(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/30 20:46
魔都
師走も押し迫った今日は、とっても穏やかな良い天気でしたv 関東平野で生まれ育った私としましては、冬はやっぱり抜けるような青空でないと!と思います。 澄んだ青い空の下で、年末の忙しい一日を、それぞれの流れで過ごしている沢山の人。 その中には、きっと誰かを泣くほど愛したり、誰かを痛いほど求めたり、 誰かを蒼褪めるほど憎んだり、そんな自分を執拗なまでに隠している人もいるはず。 それでも、この空の青の下では、それも全て自然な、そして小さなことのように思える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/12/29 21:05
王座の意味
シェイクスピアの戯曲の中で、実は一番多く舞台で観たのが「リチャード三世」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/13 22:36
きたぞ、大阪!(+追記)
というわけで、なんとかリフレッシュ休暇に突入し(ちょっとやばかったの・・・)、 1月からの住まいのリサーチに大阪にやってきました! ホテルの部屋にたまたまPCがあったので、ちょこっと更新。 いや、だって、凄かったの、「蛮幽鬼」! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/26 21:43
縁(えにし)の糸
お友達のるーくさんからTEAM NACSの「COMPOSER」のDVDを借りたのが、たぶん3年くらい前。 その後、残念ながら生の舞台は拝見したことはないのですが、 TEAM NACSの舞台のDVDを観るたびに、実は一番印象的だったのが安田顕さんでした。 最初はイロモノ係?とか思ってたんですが(だって、冒頭は大体そうですよね?)、 物語が進むにつれて、笑いの奥の悲哀とか願いとか、そういう深い部分が滲み出てくる感じが、 なんだかとってもいいなあ、と思って。 で、いつか生の舞台を拝見したい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/18 21:21
揺らぎの果て
新橋演舞場の2階ロビーには、公式HPやちらしでも見た(たぶん)蛮教の仏像が鎮座していました。 きらびやかな飾りで口元を隠したその面は、何かを思索するかのように閉じた瞼が印象的でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2009/10/16 23:28
月光
去年「人間合格」を観た時、太宰治は教科書の「走れメロス」しか読んだことのなかった私。 小林多喜二についても、作品を読むどころか、中学の教科書程度の知識しかありませんでした。 ので、今回、このお芝居を観るのを、凄く悩んだんですね。 思想的にも、なんの知識も思いもない私が、このお芝居を観てもいいのかな?と。 きちんと井上さんの言いたいことを受け止めることができるのかな?と。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 6

2009/10/13 21:45
七色の虹
普通の(?)お兄さんお姉さんが変身するとヒーローになっちゃう戦隊モノ。 子供の頃は見ていましたが、今は遠ざかってしまい・・・ 職場で子供たちに教えてもらっても、覚えた端から新しいヒーローに代わってしまい、 おばさんはもう全然着いていけません・・・(汗) 最近は、ローカルヒーローもいるんですねー。 以前TVで東北の方のローカルヒーローの特集を見て、へ〜、と思っていたのですが、 つい最近、群馬にもいることを知りました!(遅すぎです) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/07 22:33
二つの流れ
さて、長大な三部作の感想も、最後までたどり着きました。 といっても、既に1週間前の観劇で、ちょっと記憶が曖昧かも・・・(汗) V部は特に沢山の人たちが出てきて、もう誰が何の役だか、プログラムで確認してもわかりませんでした(涙)。 それでも、すごく面白かったんですよね。 夕食も食べておなか一杯だったのに全然眠くならなかったし、 なによりゲルツェンの感情の変遷が、これまでよりも強く感じられました。 というか、一番ゲルツェンが主役らしい物語だったように思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/10/02 23:08
微笑みの残像
さて、短い休憩を挟んでのU部。 休憩ではぴかちゅうさんと久々にちょこっとお話ができました。 やはりこの日観劇されていたsakuramaruさんと、事前のトークイベントにも参加されたとのこと。 観劇後にお話ができなかったのが本当に残念でした。 みなさんとお話できれば、この物語をもう少し理解できたかもしれないなあ、なんて。 そのくらい、私的には3部作の中で一番難解で、一番理解しにくいU部でした。 でも、最初と最後のシーンを重ねた演出にはやられましたけどねー。 ええ、もう、最後のシーンで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/01 22:32
追憶の夕陽
お芝居の始まる前。 舞台の上には会議室にあるようなテーブルとパイプ椅子。 そこに、三々五々集まる役者さんたちは、 自然な雰囲気で談笑したり、ストレッチしたりしていました。 客席にたどり着いた途端、目の前を別所さんが通り過ぎてびっくり! いやー、相変わらずかっこいいですねーv 京野ことみさんは見ほれるほど綺麗だし、佐藤江梨子さんは雰囲気あるし、 銀粉蝶さんと毬谷友子さんはめちゃくちゃ体柔らかいし、美波ちゃんは可愛いし、 阿部さんおっきいし、勝村さん楽しそうだし・・・と、 ほんとは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/30 22:29
航海の行方
先週の土曜日、シアターコクーンで「コースト・オブ・ユートピア」を見てきました。 3時間の舞台でも、精神的に大きな負荷を受けることの多い蜷川さんの演出。 その3倍の賞味9時間の舞台。 しかも19世紀ロシアの思想が盛り込まれた翻訳劇。 そして、前日までの怒涛の学会週間(笑)。 どれもが不安要素で、この舞台を私は眠らずに観ることができるのか、 この舞台を私は楽しむことができるのか、とても緊張して観劇に臨みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/29 22:13
あわいの桜
一つの劇団の、始まりの公演を観てきました。 小劇場系には手を出さないでいようと決めている私にとって(生活の基盤が危うくなります・・・)、 たぶん、この演目でなければ出会うことのなかった劇団です。 たぶん、手探りの状態で、一から創り上げられたこの舞台。 原作への愛情、演じることへの熱情、そしてこの舞台の創造への切情が溢れた、 素晴らしい舞台でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/09/13 23:25
雑草魂ばんざい!
帰宅したら、高校生クイズをやっていました。 すっごい久々な気がしますが、まだこの番組あったんですねー。 で、ご飯食べながら見ていたら、地元の高校がすごい頑張っていました。 思わずTV見ながら拳を握り締めちゃったよ(笑)。 名門私立相手に、ダークホースとか雑草魂とかいろいろ言われてましたが、 ほんとに、いい勝負だったなあ、と思います。 まあ、当事者はめちゃくちゃ大変だったと思いますが・・・ 負けたあとのコメントも凄い大人だったしね。 本当にお疲れさまでした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/04 23:00
死神の記憶
雨の音は好きですか? 私は結構好きです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/29 22:40
賛歌
ゴッホ、という名前を聞いて私が思い浮かべるもの。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/07/02 22:13
死者のみる夢
順調に観劇記録三夜目に突入いたしました。 あ、昼間はちゃんと仕事してるし、旅行準備もしてますよー(頭のなかでは/笑)。 してないのは掃除ぐらいですかね・・・(え) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/07/01 21:52
夏至も過ぎたので
ちょっと夏らしい雰囲気にしてみましたv 夏休みまで1週間を切りましたので、 観劇記録のスパートをかけたいと思います。 とりあえず、短く簡潔に言いたいことを!をポリシーに、 4日連続記録に挑戦です!・・・挫折しないといいなあ(汗)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/29 22:38
緑の大地
いいお天気のGW前半を、ひたすら仕事で費やした恭穂です・・・(涙) でも、明日からは一応フリー!! 久々に農家の孫娘をやってきます。 お友達なみなさん、もし筍や蕗が入用でしたら、メールくださいねー。 クール宅急便で採りたてをお送りいたしますv ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/05/03 23:19
春になってしまうまえに・・・
というか、もうすっかり春ですが(汗)、 書きかけでそのままになっていた「冬物語」の感想、 途中ですがせっかくなので上げておこうと思います。 さすがに3ヶ月以上経ってしまうと、同じテンションで書き足すこともできず・・・(涙) 中途半端ではありますが、大好きな舞台だったので。 DVD化が待ち遠しいです! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/03/30 22:13
孤独の行く先
25年という時間を、たったひとりで過ごすことは可能なのだろうか? この舞台を観た時に、最初に思った疑問はこれでした。 村人から罵声や嘲笑を浴びることはあっても、 心のこもった言葉を交わすことはない。 人間としての最低限の生活すら送れずに、 そこにいなくてはならない理由すら明確ではなく、 それでも、一つの名前と、そこで待つという”約束”だけを胸に行き続けた25年。 その孤独に、なんだかとても胸が痛みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2009/03/20 19:23
笑いの向こうにある何か
”信念”というものがありますか? それを生きるよすがとするような、そんな強い”信念”。 それを奪われてしまったら、世界が変わってしまうような恐怖を覚えるほどの”信念”。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2009/03/14 23:15
断罪の天使
通勤路途中の畑が、いつの間にか紫に染まっていました。 一面のホトケノザ。 あのさっぱりした蜜の味をちょっと思い出しました。 今の子供たちは、雑草の花の蜜の味なんて知らないんだろうな。 まあ、私も国道沿いに咲いた花は味わってみようとは思いませんが(汗)。 ・・・なんだかちょっと寂しいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/10 22:51
今日も大満足v
今日は、朝職場で2時間ほどお仕事して、 その後東大キャンパスでのミニ学会に出席して、 それからさい芸で「ムサシ」を見てきました! いやー、さすがにちょっと忙しくてぐったりです。 録画したエリンとRESCUEは明日見ようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 23:19
鎖骨の記憶
春の淡雪、というには、どうにも気合の入った雪が降っています。 今年は暖冬、ということですが、雪は結構降りましたよね? とりあえず、明日の朝は早起きしないとです。 職場までの山道、凍ってないと良いなあ・・・(切実) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/03 21:49
おもちゃたちの一夜の夢
浅間山の噴火、ご心配いただいたみなさまありがとうございました。 アパートも職場も浅間山北に位置してましたので、 むしろこの辺は火山灰の被害はまったくありませんでした。 風向きによっては、もろに被るんですけどねー。 とりあえず、目に見えた大きな被害のない噴火でよかったです。 まあ、野菜とかにはこれから影響が出てくるんでしょうけれど・・・少ないといいなあ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

2009/02/04 20:29
見えない何か
もともと私はあまり時代劇を見ません。 小説も、宮部みゆきさんはよく読むし、隆慶一郎さんはには「吉原御免状」の後にはまりましたが、 いわゆる大河的なものは殆ど読みません。 なので、忠臣蔵も大まかな筋は知っているけれど、 詳しいことは全然知りません。 昨年、平成中村座で「仮名手本忠臣蔵」を観て、 仁左衛門さんの加古川本蔵の生き様に魅了されましたが、 だからといって忠臣蔵関係の本を読むわけではなく・・・ 嫌いというわけではなくて、縁がなかったんだろうな、と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/01/19 21:14
今年の運は使い果たしたか・・・
先程某所から「ムサシ」のプレオーダーの結果が届きました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/27 20:05
再確認
今日はひたすら忙しい水曜日でしたが、頑張って仕事を終らせて帰ってまいりました。 だって今日は、洋さんBOXが届く日! 無事宅配ボックスから取り出しましたv ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/03 21:27
生きている、私
「表裏源内蛙合戦」を見てから1週間。 今日は久々に目覚まし時計をかけずにいられた休日。 目が覚めた瞬間に、頭のなかに流れた曲がありました。 (普段は携帯アラームの「民衆の歌」で覚醒/笑) 「道元の冒険」の「波羅蜜多ソング」でした・・・ いや、それはそれでありがたいんですが、ちょっと衝撃・・・?(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/11/23 16:28
一冊の絵本
もうあと1日で11月ですね。 今年があと2ヶ月で終っちゃうんですよ! ・・・なんだか焦るなあ・・・ とりあえず、10月のうちに残した観劇記録を、と思ったのですが・・・ うーん、ちょっと記憶が曖昧かも(汗)。 とりあえず、思いつくまま役者さんの感想を中心に書いてみようと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/10/30 21:52
扉の向こう
白い幕に囲まれた薄闇の中で、無邪気に遊ぶ子供たちの声。 無邪気な遊びの時間は長くは続かず、 迎えに来た乳母と共に、子供たちの姿が消えたあと、 そこに現れたのは、まさに「人形の家」でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/09/27 21:45
夢の名残
昨日は職場の同僚とご飯を食べに行ってきました。 普段はあまり一緒に働くことのない人の方が多かったのですが、 それはまあお年頃(?)の女性が5人集まれば話題は尽きることがなく・・・ それでも、お料理が出てくると、会話が途切れるんですよねー(笑)。 かなりボリュームのあるコースをいただいたのですが、 デザートは別腹をみなさん証明して下さいました! あ、私も頑張りましたよー。 でもさすがにおなかいっぱいで、24時間経つ今もお茶しか飲んでいません(え)。 今度は1品少ないコースにしようと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 18:32
雄弁な静寂
暗く冷たい冬の闇。 時に静かに、時に激しく降りしきる雪。 何かに守られているような、 何かに閉ざされているような、 濃密なその空間の中で紡がれる、 こよなく美しい一つの物語。 廻る時の螺旋の中で語られる、 一人の男の狂気とも言える嫉妬が招いた悲劇と、贖罪と、赦しの物語。 そんな舞台を観てきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/08/31 22:19
やっぱり12月はスペシャル!
帰省に20年目の同窓会に怒涛の仕事にで数日ネット落ちしていた私。 数日ぶりに良くお邪魔している方たちのブログやサイトをのぞいていたら、 もう叫びたくなるぐらい嬉しい情報が!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/18 22:15
夢の終り
1945年8月15日。 63年前の明日―――終戦。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/14 22:41
デミートリアス、爆走!!・・・暴走?(え)
というわけで、観てきました、アミッド千秋楽! 初日も千秋楽も大雨ですが、これは雨女な沙也加ちゃんのせいらしい(笑)。 お天気はじめじめだけど、カラッと笑える素敵な舞台でした。 初日の感想とあわせてになっちゃいましたが、 テンションの落ちないうちに観劇記録に突入いたします! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/29 20:36
可愛いv
と、思ってしまいましたのよ。 なにをって・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/09 20:27
緑陰
久々の晴れた休日だったのに、喉が痛くていちにちごろごろしちゃいました。 そんなに体調は悪くないのですが、明日は仕事なので、大事をとって。 ほんとに体力がないなあ・・・とちょっとへこみました。 やっぱりこれは同僚に進められたパワーヨガをやるべきでしょうか。 ・・・DVD買ってみるかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/06/07 19:52
寝る前に・・・
ちょっと叫んでもいいですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/27 22:25
連鎖
観劇な土日を無事終了いたしました。 昨日が2個、今日が1個の観劇だったのですが、 今日はそれに加えて観劇前に渋谷の東急での東山魁夷大版画展を見(偶然だったのです!)、 観劇後にザ・ミュージアムで「薔薇空間」を見てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/25 22:24
優しい雨
なんだか急に寒くなってしまいましたね。 でも、生命力全開な木々も、雨のなかでほっと一息ついているような印象。 緑の色合いも、なんだか優しい気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/10 19:51
逃避・・・かも?(笑)
怒涛の新年度続行中!(涙)ではございますが、 ちょっと気分転換も含めて、観劇記録その2に突入いたします。 前振りを考える気力もありませんが(え)、 日々衰える記憶に挑戦!ということで(笑)。 どうぞお付き合いくださいませv ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/21 23:19
春の色
空の色も花の色も山の色も、すっかり春らしくなりましたね。 冬枯れの山の木々の中にほわんとした桜のピンクが現れて、 その華やかな色が褪せると同時に木々の萌黄色が目立ってくるのを、 毎朝の通勤時に楽しく見ています。 私の職場の周辺も、ようやく桜が満開になりました。 そして、待ちに待った菫の季節。 職場の芝生や裏の林(があるんです!)には、毎年小さな菫が咲きます。 この花を見ると、ああ、春がきたなあ、と思うんですよね。 野生の、とても小さくて、色も淡い地味な菫だけれど、 私にとっては... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/09 21:35
胸に光る小さな花を
よわむしだから、つよがっちゃう。 よわむしだから、いじわるになる。 よわむしだから、ひとりはこわい。 よわむしだから、やさしくなれる。 よわむしだから、だれかといっしょにいきていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/03/23 22:06
春風のような、舞台でした。
今日はずいぶん暖かかったみたいですねー。 私は朝から夜までお仕事だったので、春の日差しは全然満喫できませんでした(涙)。 でも、夜の風の中にも、なんとなく花の香りがするような気がします。 梅もやっと咲きそろってきましたしねv うちのベランダでは、苺の花が花盛りです。 ベランダ菜園、続行中!! 赤い苺が生るのがとっても楽しみですv ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2008/03/15 23:08
合格なのか、失格なのか・・・?
猫の日の今日、みなさんいかがお過ごしですか? 私は今朝、近所の猫と接近遭遇いたしまして、 非常に、足取り軽く職場へと向かいました。 ・・・が、その直後にショックなことが(涙)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/22 21:54
光溢れる場所へ
幕末――― その言葉だけは知っています。 歴史の授業でも繰り返し習ったし。 でも、何故か今まで私は全然魅力を感じなくて・・・ これまでなんとなくその世界に接することがなく過ごしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2008/01/30 22:53
全部見ちゃった。。。
仕事で受け取れなくて、今日再配達してもらった、 「朧の森に棲む鬼」のDVD。 とりあえず、洗濯物たたみながら1幕だけ見よう、と思っていたはずなのに、 結局特典DVDまでぜーんぶ見てしまいました。 えーと、トータル5時間?(笑) たっぷり楽しんじゃいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/14 21:52
羊の水に揺られて見る夢
私が見た野田秀樹さんの舞台は、いつも何かに覆われている。 「贋作・罪と罰」の巨大なプチプチ。 「The BEE」のごわごわした一枚の紙。 そして、「キル」では、柔らかな色合いの滑らかな布。 その中心に置かれた一台の足踏みミシン。 その奥には、搬送用の大きな扉。 ああ、あの扉が「心情あふるる軽薄さ」で、私を打ちのめしたんだなあ、と、 開演前、私はそんなまったく関係のないことを考えていました。 そのくらい、あの空間は静謐だった。 客席のざわめきとは、まったく別の次元にあるような、 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/14 14:57
読み直してしまう前に。
今日は三が日唯一の1日休みです。 群馬は雲ひとつない晴天で、窓を開けていてもあまり寒くありません。 お布団も干して、お花もお日様にあてて、洗濯物も干して・・・ なんだかとってものんびり過ごせています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/03 14:52
一年の計は元旦にあるんでしょうか・・・?
みなさま、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2008/01/02 20:26
Cry for the moon
「キツイなあ・・・」 1幕が終った瞬間に、思わずつぶやいたのがこの言葉でした。 蜷川さんの舞台は、いつも痛いし重いし深いし、 明らかな喜劇ででもなければ、観るのが楽なものなんて全然ありません。 でも、ここまで「キツイ」と思った舞台は初めてでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/11/20 23:48
視線の先にあるものは
朝起きたら、全然声が出なくなっていましたが、 私の声なんて、観劇には関係ないわー! ということで、 しっかり行ってきました、「オセロー」2回目。 予想通り、イアゴーに釘付けの4時間でした(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 20:59
めろめろです・・・v
昨日試験が終わってから、青山劇場で「キャバレー」を観て、 今日はさいたま芸術劇場で「オセロー」を観て、先程帰宅しました。 長い土日でした(笑)。 でもね・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/07 20:34
光のちから
今日は、久々に青空が見えましたね。 といっても、私が職場を出たときには、もうすっかり日が暮れていましたが。 日が暮れるのも一気に早くなりましたよねー。 今年の秋は短いのでしょうか? とりあえず、私の仕事的にはちょっと嫌な季節になりますので(笑)、 自分の体調にも気をつけながら、頑張ろうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2007/09/12 22:54
ことばのちから
夏休み最後の観劇が終わりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/09/07 23:19
夏休み前の宿題
なんとか無事に夏休み前最後の業務を終了しました! あとは、今夜呼び出されなければ、晴れて夏休みに突入です!! 2年ぶりの観劇三昧な夏休みv 今のところ予定は・・・7公演かな? 当日券とか増やさないように気をつけないと(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 6

2007/08/31 20:46
またしても、発掘作業・・・
あと一日頑張れば、ミュージカルと歌舞伎デビューな週末です! 明日のプレゼンの準備もすみました。 ちなみにやれと言われたのは昨日です・・・ ま、内輪の会ですからねー。 とりあえず、週末を励みに乗り切る所存ですが、 その前に、やらねばならないことが! 2週間前の記憶を掘り起こして、観劇記録いってみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/07/19 23:22
70分間の悪夢あるいは現実
泊りがけ観劇より、先ほど帰宅しました。 「精霊の守り人」でテンション上げて(?)出かけたはずなのに、 行きの電車は爆睡・・・途中の駅を覚えていません。 でもって、暑さと赤坂の坂に負けそうになりながら、何とかホテルにたどりつき、 セットオプションのスパへ! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/24 21:27
藪原検校―――ミーハー編(・・・)
というわけで、昨日に引き続き、「藪原検校」」観劇記録です。 蜷川さんの舞台は、特に、日本の戯曲での舞台は、 私にとって、もの凄くいろんなことを投げかけてくれる舞台なことが多いです。 その舞台は、たぶん戯曲そのものを読む以上に、 生々しい感情を私の中に湧き上がらせます。 それは、決して快いものばかりではありません。 自分の中の弱さとか、汚さとか、情けなさとか、怒りとか、 そういうマイナスの感情も、容赦なく引きずり出されます。 でも、それは、私にとってとても必要なことのような気がしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/05/22 23:05
藪原検校―――真面目編(え)
客席を満たすざわめきを無視して、いきなり落ちた照明。 突然の暗闇は、隣にいる人の気配すら塗りつぶし。 一瞬の静寂を切り裂くように響く、甲高い笛の音。 そして、奏でられるギター。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/05/22 00:13
春の嵐
「TOMMY」東京千秋楽。 3月最後の、花冷えの日。 ここ数日からは思いよらなかった、冷たい風。 けれど、日生劇場は汗ばむほどの熱気でした。 そして帰り着いた私を向かえたのは、青白い雷と、打ち付けるような雨。 咲き始めた桜も身を縮めてしまうようなその春の嵐のなかで、 私の中には、確かな鼓動と熱をもって、 今もまだ、トミーの歌声が流れ続けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/03/31 23:02
発掘作業再び(笑)
久々に、観劇記録が1週間以上遅れてしまいました。 日々衰えつつある記憶(え)を掘り起こ・・・せるかな?(笑) とりあえず、サントラCDをBGMに流してみようっと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/05 22:11
ちょっと叫んでいいですか?
帰宅早々なんですが、ちょっと叫びたくなる情報が!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/16 19:56
水も滴るいい男!!
三が日唯一のお休みの今日、初詣に行ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/03 22:56
やっぱり生はいいですねーv
というわけで、当直明けナチュラルハイのまま、行って来ました三軒茶屋。 今日の演目はアッキーのライブアクト。 やっぱりアッキーの生声は素晴らしいです! 見るたびに成長していっている彼の姿に、元気をもらってきました。 正式な観劇記録は後日ですが、嬉しい発表があったので、ちょっと叫んでいいですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 21:40
カノンと孔雀とサティと桜 その1(笑)
蜷川幸雄は、やはり天才だと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/14 22:11
「歓喜の歌」はいかにして創られたのか
実は、モーツァルトよりベートーヴェンが好きです。 クラシックには詳しくないですが、ピアノソナタも交響曲も。 映画も「アマデウス」より「最後の恋」の方が好きでした。 あの、ピアノを抱きしめるようにして「月光」を弾く姿が忘れられません。 ミュージカルでは「モーツァルト!」でアッキーの魅力にはまりまくりましたが、 それでもやっぱりどちらが好き?ときかれたら、 きっと躊躇いなく「ベートーヴェン」と答えると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/30 22:31
無事観れました(笑)
なんだかぱたぱたとした土日でしたが、 しっかり観ましたよー、「吉原御免状」! うーん、なんというか、やっぱりもう一度生の舞台か、 ゲキ×シネの大画面で見たかったなあ、というのが正直なところ。 沢山の格子戸であらわされた吉原が、 回り舞台の上でどんどんと様変わりしていく様子や、立ち回りの迫力は、 うちの小さなTVの画面では、ちょっと味わえないのですよね。 総じて暗めの画面がTVでは見にくいのも一因なのでしょうけど。 でも、久々に観ても、やっぱりいい舞台だったな、と思います。 以下... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/09 22:31
かっこいいなあ・・・
劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎「吉原御免状」DVD。 特典映像だけ見ました。 ええ、もう理性総動員で(笑)。 いや、ここのところちょっと寝不足なので、これで見ちゃうと明日に響くのは明らかなので。 ここは大人の自制心で、強制終了いたしました。 ・・・が、叫んでもいいですか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/06 22:39
「夏の夜の夢」の夜+リンク
今日は夏至ですね。 一年で一番日が長い日。 そして「夏の夜の夢」の舞台の一夜・・・だったと思うのだけど、違うかな? 思い返してみれば、一番初めにきちんと子供向けでない戯曲として読んだシェイクスピアは、 「夏の夜の夢」だったと思います。 というか、高校の部活の夏合宿で、内輪でやったんだよ、これ。 私はヘレナの役でした。・・・なんて実物とかけ離れた役(笑)。 でも、この子の一途さは結構好きだったかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/21 21:51
待ってました!+バトン
今日のE!マガ(というメルマガね)に、待ってました!の情報がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/23 21:30
胡桃の中
完全復活に至りつつある恭穂でございます(笑)。 観念して飲み始めた抗生剤が効いたのか、それとも治る時期だったのか・・・ いまいちはっきりしませんが、まあ、良くなればそれで良いよねv ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/22 20:44
生存報告(笑)
へろへろな日記のまま、1週間放置してしまってすみません。 ご心配くださった方々、どうもありがとうございました。 完全ではありませんが、とりあえず復活してきております。 こんなに体調不良が長引いたのは久々です。やっぱり年ですかねー(汗)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/21 22:14
幸せな休日
さて、今年4つ目の観劇記録です・・・って、年々ペースがあがってるなー。 この後も6月、いや、8月の舞台のチケットまでキープしてあるし(笑)。 小劇場系まで手を出したらやばいなー、とおもって自制してるのですが、 それも破られる日は近いかも?!(笑) 完璧な非日常空間で、でもそれを受け取った後、日常の自分も豊かになる・・・ 舞台や映画って、そういうものだと思うのですよね。 とりあえず、私の元気の素でありますv ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/12 22:13
それは、神の生誕の日
野田地図第十一回公演 「贋作・罪と罰」 2006.1.28 ソワレ シアターコクーン 中2階MR列2番 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/29 22:15
絶対的な孤独
というわけで、忘れないうちに今年一個目の観劇記録。 あ、基本的に観劇記録はネタばれになりますので、 もしこちらに迷い込んで来てしまった方がいらっしゃいましたら、どうぞご注意くださいね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/20 22:51

トップへ | みんなの「演劇」ブログ

瓔珞の音 演劇のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる