アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「中川晃教」のブログ記事

みんなの「中川晃教」ブログ

タイトル 日 時
息吹
その空間に溢れたのは、 華奢な篠笛から迸る音色。 踊り手の身体を包み込む生気。 美しい言葉の間の僅かな吐息。 そして、彼の歌声―――全ての、息吹。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/08 18:37
君に贈る歌
もっと高くへ―――もっと、眩い場所へ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 19:20
天気雨
午前中のお仕事を終えて、お昼ご飯を食べた後ちょっとお昼寝をしていたら、 遠い雷の音と、波のような細かい雨の音で目が覚めました。 夕立かな、と思って窓の外を見ると、そこには青空があって。 天気雨の、何度見てもどこか不思議な空間に、しばし窓際に佇んでしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 19:32
Happiness
このブログを始めて、気づいたらもう11年が過ぎていました。 再演の舞台の記録を書くとき。 以前観た役者さんの新しい一面を発見したとき。 ふと思い出したとき。 そんな時に、自分の記事を読み返すことがあります。 ああ、この時の自分は、こんなことを想ってたんだなあ、とか、 趣味ってやっぱり年を重ねても変わらないわ(^^;)、とか、 それから―――この舞台を観た時には、あんなことがあったんだな、と、 一気に記憶が蘇ることがあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/28 21:02
春色の一日
遠く冬枯れた山肌に不意に灯る小さな灯りのような桜の花。 その隙間を埋めるように、日々色合いを変えていく新緑の緑。 冬とは違う不透明さが優しい空の色。 空の色を映したかのようなおおいぬのふぐりの小さな花。 風に揺れる一面の菜の花。 柔らかなパステルカラーに彩られた春は、なんだかそれだけで幸せな気持ちになります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/04/13 20:45
余白の誘惑
全てが作りこまれた完璧なものの美しさには、感嘆するし圧倒される。 でも、隙のある、完璧ではないものにも心惹かれる。 それはきっと、その余白に隠された何かを感じるから。 その余白に、自分の心を忍ばせることができるから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/02 21:22
最初の記憶
一人の青年の中の、天才という“怪物”。 その“怪物”が創り出した、孤独な“生命=怪物”。 二人の“怪物”が辿り着いた世界の果て――― ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/26 22:09
瓦礫の薔薇
焼け落ちた城の瓦礫の中。 小さな炎のように咲く真っ赤な薔薇。 それはきっと、誰かに向かう彼らの想いの名残。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/25 22:22
ジョーカー
今日は天気予報通り雪が降りました。 11月に10p以上も雪が降るなんて初めてで・・・タイヤ交換の間に合わなかった私は大慌てでした(^^;) そして明日はきっと道が凍るんだわ。 なんとか先程タイヤ交換をしてもらえたので、ちょこっと安心ではありますが。 でもまあ、人生油断は禁物ですな(笑)。 とりあえず、今年のボーナス出たら、ゴム式のタイヤチェーンを買うことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/24 21:07
その煌めきを信じて
15年前、私は何をしていただろう。 仕事上の進路の分岐点に立って、車の中で一人泣いてた頃かもしれない。 あの頃に、彼の歌を知っていたら。 今日のように、涙でぼやけた視界で、それでも夜空に星を探すように、顔を上げていたかもしれない。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/24 19:31
相棒
その森の深淵。 息づいているのは、彼の音楽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/28 19:32
闇を超えて
始まりの春。 高揚の夏。 立ち止まる秋。 闇の中、雌伏の冬。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/02 22:00
家族の距離感
家族だから甘えられることもあれば、家族だから甘えられないこともある。 家族だから言えることもあれば、家族だから言えないこともある。 家族だから許せることもあれば、家族だからこそ許せないこともある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/24 22:00
奔流
一つずつ重なっていく、声と音。 細い流れがより合わさって大きな流れになるように、 その瞬間生まれた彼らのハーモニー。 それはきっと、しがらみもためらいも矜持も、 全てを有無を言わさず押し流す、抗うことのできない奔流。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/05 22:01
素晴らしきもの
仕事柄、“命”と接することが多くあります。 母の体に宿ること。 そこで育まれること。 この世界に生まれ出ること。 そして、成長していくこと―――生きていくこと。 そのどれもが、当たり前じゃなくて、奇跡みたいに尊くて。 だから、出逢った全ての“命”を言祝ぎたいと思う。 思うけど、でも、いろんな事情で、あからさまにそうすることができない時もあって・・・ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/26 22:44
回転扉を抜けるとき
子ども頃、回転扉が苦手でした。 回りつづける透明な扉。 そこに人が入り、そしてまた出ていく、通過点のはずの扉。 でも、絶えず動き続けるその動きの中に一度入ったら、なんだか抜け出せなくなるような気がして。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/04/25 23:31
進化の過程
物語のための役者。 役者のための物語。 どちらが良いとも言えないし、 どちらが悪いとも言えないし、 バランスが良いから満足とも限らない。 所詮は好みの問題なのかもしれないけれど・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/14 22:12
劇場の守り神
舞台を観るようになってずいぶん経って、 照明や衣装、美術などのスタッフの方のお名前を覚えたり、 一つの舞台を創り上げるのに、沢山の人が関わってるなあ、とは思っていたけれど、 実際に、その人たちがどんなふうにどんな仕事をしているのかは、私にはまったくの道の世界でした。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/11/18 21:29
戦う相手
彼はただ、守りたかっただけ。 でも、彼にとって守る方法は戦うことしかなかった。 戦って、戦って、戦って―――気づいたら、守りたいものは遠くに去っていた。 それでも。 だからこそ。 彼は、彼のパートナーになろうとしたのかもしれない。 戦う以外の方法で、大切な彼女を守るために。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/29 21:37
余白のその奥
物語でも、舞台でも、役者さんでも、ミュージシャンでも、 “余白”を感じさせてくれる存在が好きです。 目の前にあるもののその向こう側。 そこに至るまでの過程。 その想いを抱くまでの葛藤。 その言葉が生まれるまでの思考。 描かれている以上のものを感じさせてくれる、“余白”。 “余白”がしっかりしているからこそ創り上げられる、世界。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/12 20:31
口ずさむ歌
今日は久々に空を横切るISSを見ることができました。 おりしも今日はブルームーン。 明るい満月と、アパートの廊下の煌々とした電灯の下で、 全く星の見えないどこか仄明るさのある夜空を、ゆっくりと横切る星とはどこか違う光。 あの光の中に、人がいるという事実が、頭ではわかっていても実感にはなっていない。 ISSを見ると、いつもそんな不思議な感覚に陥ります。 そして、あの小さな光は、沢山の人の夢の結晶なんだなあ、と思ってみたり。 もちろん、野望とか利害とかの結晶でもあるのかもしれませんが、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/31 22:23
花に堕ちる
昔、取りつかれたかのように繰り返し聞いたCDがあります。 スラヴァの「VOCALIES」。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/24 23:46
祈りの歌
仕事も遊びも怒涛だった2月を無事に乗り越えたと思ったら、3月になって体調を崩しました(-_-) といっても、風邪を引いたとか花粉症とかではなくて・・・ 何かなー、と思っていたのですが、やっと思いつきました! あれですよ、あれ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/09 22:14
本気の威力
私には、これには絶対嵌らないでおこう、と思っているものがいくつかあります。 その一つが宝塚。 いやだって嵌ったら絶対生活破綻するし! ・・・って、そう言ってる段階で既に危険なんですよね(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/02/17 22:27
刹那の永遠
彼の左手 未知との遭遇 降り注ぐ光 奇跡 その音が紡ぐ風景 だから、きみはそのままで 新しい、旋律 君こそが、宝物 帰り着く場所 満ちてゆくもの 灯源 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/24 20:47
音の海を君と揺蕩う
去年の最後の歌声はアッキーだったので、 今年最初の歌声はアッキーにしようと思っていたのですが、 タイミングの関係でちょっと浮気してしまった恭穂でございます(^^;) ごめん、アッキー!! でも、愛は分けるものではなくて増えるものなので、許してください(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/22 22:07
灯源
年末も押し迫った今日。 お掃除も年賀状準備も放置して、今年最後の東京行きから帰宅いたしました。 今日は、アッキーのFCイベントに参加。 実は、FCはいろいろ入ってるけど(え)、こういうFCイベントというのは初めてでして。 今回も行こうかどうしようかかなり迷ったのですが、 Twitterでアッキーファンのみなさんにどーん!と背中を押していただいたので、 思い切って行ってきました。 最初はアウェイ感にびくびくしてたし(笑)、 始まったら始まったで未知の世界に呆然としたり戸惑ったりした... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/27 20:48
人見知りしてる場合じゃない?
近しい人はご存知のことと思いますが、私はとっても人見知りです。 ええ、誰も信じてくれなくても、ほんとに人見知りなんです! まあ、沈黙が怖くて喋っちゃうからねー。 でも、初めての人と会う時は、心臓バクバクしてるんですよ(^^;) そんな私にとってはこの舞台のシチュエーションは、まさに一生経験することのないもので(笑)。 でも、観終わってみたら、なんだか無性に誰かとお喋りしたくなりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/12/04 22:20
A級?B級?
お昼寝をして起きたら、する前よりもちょっと風邪が良くなっているように思う恭穂です。 でも、寝すぎたせいか、全然頭が働かない―!!(笑) まあ、この演目に関してはそういう状況で書くのもいいのかなー(え)。 というわけで、勢いに乗って二つ目の観劇記録です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/07/29 20:35
満ちてゆくもの
以前参加した講習で、オーシャンリズム、というものを知りました。 赤ちゃんを抱っこした時に、一定のリズムではなく、 寄せては返す波のように、強さも振幅も変動する動きをすることで、 赤ちゃんがとてもリラックスできる、というものでした。 実際にやってみると、どうしても一定のリズムを刻んでしまって、とても難しかったことを覚えています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/05/11 21:00
不確かな定義
朗読劇を見るたびに、いつも思うことがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/23 21:40
突き上げた拳に未来を見た・・・かも?(笑)
今月は前半に1回しか観劇がなくて、あらら?と思っていたら、 後半から2月にかけて怒涛の日程になっていることに今更気付き始めた恭穂です、こんばんは(笑)。 今年は何事もスタートダッシュが遅くなる、ということかしら? まあ、それも良いかとv ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/21 22:12
何でもあり!
新年早々ブログ放置ですみません・・・ お正月からこっち、すっかり読書モードに入っておりまして。 PCを立ち上げない日も多くなってしまいました。 今年最初の三連休の後半二日で読みきったのが、 宮部みゆきさんの「誰か」「名もなき毒」「ペテロの葬列」の三部作(かな?)。 えーと、トータル1700ページくらい?(笑) ここまで一気に読んだのは、やっぱり宮部さんの「ソロモンの偽証」以来です。 宮部作品、危険! でも、一気に読んだことで、杉村三郎という人物の変わっていく部分と変わらない部分が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/01/15 22:38
帰り着く場所
今年もあと数日で終わってしまいます。 というか、もう50時間切っちゃうよ!(笑) 今年は、自分の力不足や至らなさに打ちのめされ、傲慢さや弱さを実感し、何度も泣いた1年でした。 そして同時に、たくさんの喜びや優しさに出会えた一年でもありました。 笑ったり怒ったり泣いたり楽しんだり・・・まさに喜怒哀楽に彩られた1年。 うん。 頑張った、と今なら言えるかな。 それは、多分"彼"がそう言ってくれたから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/29 19:59
盤上で向きあうもの
この三連休は午前中お仕事で、午後は自宅待機という勤務体制。 昨日夜遅くまで会議をしていてちょっとへろへろしてたので、午後にちょっとお昼寝をしました。 そうしたら、見事に大阪の劇場にいる夢を見た(笑)。 舞台が始まる前に目が覚めちゃったけど、本気で気持ちだけ大阪に飛んでたかもしれません・・・(え) 今頃はまさに白と黒の世界で人と人、国と国、人と国が、静かな戦いをしているころでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/21 20:33
101個目の幸せを信じて。
大満足の舞台に出逢うと、書きたい気持ちが抑えきれなくなるときと、何も書く気が起きなくなるときがあります。 後者はめったにないのだけれど、今回はまさにそのパターン。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/10/30 22:17
新しい、旋律
出されなかった手紙。 果たされなかった再会。 突然に断たれた未来。 海の底に沈む、約束の旋律の終わり――― ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/05 22:51
君こそが、宝物
ロックな日らしい今日、待ちに待った「L'OPERA ROCK MOZART」のCDが届きました! 発売延期になったのも頷けるような、力の入ったつくりにびっくり! 装丁(っていうのかな?)もリーフレットも素晴らしくて、2バージョンを並べてしばらく眺めちゃいました(笑)。 ほんとに、最初から最後までゴージャスなミュージカルだなあ・・・ 家事をしながら流していたのですが、あの舞台がわーっと脳裏に思い浮んで、ついつい手が止まってしまいます。 ROMを観た時も、私にとってアッキーはとにかく特別な... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/09 18:25
春まっさかり!
先週末はなんだかとても忙しくて周りを見る余裕もありませんでしたが、 気がつくともう花水木の花が咲き始めていました。 いつもはGWごろに満開になるのだけど、今年の春は急ぎ足ですね。 山もすっかり萌黄色だし、職場には燕の姿が見え始めたし・・・なんだかちょっと焦ります(笑)。 とりあえず、4月後半も怒涛の日々が続くはずなので(え)、 書けるうちに観劇記録を! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/04/14 20:38
だから、きみはそのままで
昨日中途半端に書いてしまったせいか、 今日は仕事の合間にふっと「あ、あのこと書きたいな」とか思ってしまいました。 こんなにいろいろ書き留めておきたくなる舞台も久しぶり? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/27 22:51
終わっちゃった・・・
先週末は、久々に大阪遠征してきました。 目的は、もちろんROM! そして、大好きな方々とのお喋り! 個人的に、けっこう体力の限界に挑戦的な日程だったのですが、 でも、本当に本当に幸せな二日間でした。 ご一緒してくださったみなさん、ちょこっと劇場でお会いした方々、 そして、この舞台を生み出してくださった全ての方々に感謝を! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/26 21:14
絶賛モーツァルトモード!
に、見事に突入しております。 ただ、手持ちのフランス版CDにどうにももやもやしてしまって・・・ ライブっぽい感じもないし、曲順もばらばらだし、 なによりあの舞台を観てしまったら、あの歌声でないともう満足できない! というわけで、通勤中は相変わらずUNISON SQUARE GARDENを聴きつつ、 それ以外の時間であの舞台を脳内再生しております。 うーん、でもやっぱりアッキーのモーツァルトの記憶が余りないのですよね(涙)。 ああ、早くもう一回観たいなあ・・・! そして、早くCDが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/19 20:35
覚醒
二月最初(え)の観劇な週末から帰宅しました。 戸惑いと、混乱と、感動の二日間でした。 まだ、全然自分の中で消化できていないけれど、 この気持ちは今書いておかなきゃいけない、そう思います。 たぶん、めちゃくちゃ読みにくい文章になると思うけど、 今上演中の東京千秋楽に想いを馳せながら、この気持ちを、書きとめます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/17 20:46
純化する意識
このブログの名前は、宮沢賢治の詩の一節からいただきました。 小さい頃から、宮沢賢治の物語には触れていたけれど、 詩を読んだのは、大学1年の文学の授業が初めて。 その、今生きる場所をほんの少しだけずれた位相から見つめているような詩の世界と、 その世界に微かに響く、澄んだ瓔珞の音のイメージがとても鮮やかで、 何度もその詩を読み直しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/26 23:22
その音が紡ぐ風景
怒涛の夏休み終盤の、音楽な夏休みから、もう2週間が経ってしまいます。 一気に秋の色が深まった二日間。 町の鎮守さまの夏祭りに静かな熱気を讃えていた町。 冷たい雨の中、進んでいくお神輿のかすんだ鈴の音。 そして、二日間で、全く違う印象を与えてくれたアッキーのコンサート。 全てが、もう遠い昔のような懐かしさと、つい昨日のような鮮やかさがあります。 夏休み後のやっぱり怒涛の日常に追われて、記録が滞ってしまったけれど、 自分のための記録として、あの二日間を書き留めておこうと思います。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/06 19:20
天使は誰?
久々に、何も予定のない休日。 溜めてた家事と観劇記録を一気に片付けようと奮闘中です(笑)。 途中、雷雨になったので、その間はPCを切ってぼんやり。 今年の夏は、雷雨が少ないなあ、と思っていたので、ちょっとワクワクしていたのですが(え)、 雨が止んだら一気に蒸し暑くなりました(涙)。 降ってる最中は爽やかだったのに・・・ でも、今日は花火大会だったので、止んで良かったかな。 まあ、私の家からは音しか聞こえませんが(笑)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/11 19:34
その先の光を
この物語に出会ったのは、高校生の時でした。 膨大な登場人物。 しかも苦手なカタカナの名前。 私の知識や想像を超えてくるSFの世界。 複雑に絡み合った人間関係――― そのどれもが、私にとっては高いハードルだったはずなのに、 それでもなお、この物語の世界は、文章の中で生きる人たちは、私をとことん魅了した。 原作が好きすぎて、アニメや漫画など、他の媒体には触れることはなかったけれど、 私の中には確かに生き生きと動き回る"彼ら"がいて。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/04/16 22:39
波乱の年
今年ももう1/4が過ぎてしまって、この3ヶ月強で既にいろいろな舞台と出会いました。 今年は、個人的に当たり外れが大きいというか、出逢う舞台が予想を超えてくることが多いように思います。 うーん、波乱の1年?(笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/11 22:37
閉ざされた世界
未だ「CHESS in Concert」の余韻にどっぷりつかっている恭穂です(笑)。 大阪公演の記録をしようと思うと仕事が忙しかったり、残業になったり、予想外のことがおきたり、気持ちがそれたり・・・ なんだかんだでもう10日も経ってしまいました。 これはきっとまだまだ余韻に浸ってて良いってことなんだわvと勝手に解釈してましたが、 さすがに私の記憶力も限界・・・というか、脳内妄想捏造が増えてきそうな気配なので(既に遅いかも/汗)、 気持ちの切り替えも兼ねて向き合ってみようと思います。 ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/21 22:34
奇跡
ミュージカルを観ていると、時々、質量を感じる程の存在感のある歌声に出逢うことがあります。 けれど、迸る光のような歌声が劇場を満たすように感じられることは、きっと本当に稀なことだと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/31 23:15
神無月の観劇な週末〜与える喜び〜
今月の観劇な週末。 土曜日にすっかり夜更かしをしてしまってから、なんだか夜型になってしまいました。 ので、朝がとっても眠いです・・・(汗) 明日は怒涛の水曜日なので(お仕事が一番忙しい日なのです)、 今日は早く寝なくては・・・と思うのですが、 頭の中をILYの曲が巡るので、勢いにのって観劇記録に行ってみようと思います! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/18 23:20
愛のカタチ その1
先週の土曜日、久々(でもないか/笑)のマチソワをしてきました。 どちらもまさに"愛"の物語。 でも、そのカタチは全然異なっていて・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/10/11 21:26
出逢えたことに、感謝を
車通勤の私の通勤の友は音楽。 夏に車を買い替えたとき、一番最初にオーディオのハードに落としたのが、 アッキーの「Plugless concert」のCDでした。 その中の♪ I WILL GET YOUR KISS 。 最近聞くたびにうるうるしてしまいます。 もともと大好きな曲ではあったのですが、こんな風になったのは、アッキーのコンサートに行ってから。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/09/25 20:00
長月の観劇な夏休み最終日!
というわけで、無事に帰宅いたしました。 群馬は夕立かなあ、なんて思っていたのですが、 秋の澄んだ空気に星が綺麗に見えていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/09/11 23:10
黄昏の果実
絶対絶命のピンチ、というものに、幸いなことに陥ったことはありません。 打ちのめされたり、落ち込んだり、もう駄目だ、と思ったりしたことはあっても、 そこが終わりだと思ったことは、今までなかった。 だって、その原因は必ず自分自身にあって、 それならば、解決できるのも自分しかいなくて、 ということは、今は蹲っていても、いつか立ち上がることができれば、この場所から歩き出せると知っていたから。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/08/21 21:50
キャパオーバー(汗)
やっと、中川晃教くん主演の「ゲゲゲのげ 〜逢魔が時に揺れるブランコ〜」を観てきました。 いやもう頭も心もキャパオーバーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/08/07 21:07
約束
今朝、通勤中にいつも引っかからない信号にひっかかり、 ふと横を見たら、真っ白な夾竹桃が咲いていました。 紫陽花が咲き、ねじり花が咲き、梅雨まっさかりだなあ、と思っていたら、 もう真夏の花(私にとって)が咲いているのにびっくり! 信号に引っかかって、ちょこっと焦っていた気持ちが、すっと爽やかになりました。 いつもと違うところに止まると、こういう発見もありますねv ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/06/24 22:09
それぞれの花の色
学生の頃から世界史日本史共に、近代史が大の苦手だった私。 いわゆる幕末から明治、大正、昭和にいたる流れは、その中でも特に苦手でした。 それは、めまぐるしく変わっていく価値観や、 蜘蛛の糸のように絡み合う生々しい思惑、 そして、常に在る戦の影を感じていたからかもしれません。 そんな私ですが、最近幕末から明治初期を舞台とした物語に出会う機会が何回かありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/13 22:06
まだ書き足りないか、自分(笑)
アンパレ本編についてあんなに書きましたが、 せっかくなので千秋楽のカーテンコールのこともちょこっと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/29 22:57
風の行方
地下鉄の階段を降りるとき、吹き上げる風に立ち止まることがあります。 人気の少ない地下鉄のホームに立つとき、どこからか吹く風に振り返ることがあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/04/29 21:00
WE SEE WHAT MOST DON'T
この週末、「Underground Parade」の前楽、千秋楽を観てきました。 かっこいいビジュアルと、公式サイトのPVのかっこいい映像。 どんな舞台なのか、わくわくしながら、そしてちょっとどきどきしながらクリエに向かいました。 そして――― ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/04/24 21:11
今、聴いて欲しい歌声
昨夜は、1ヶ月ぶりに実家に帰省。 祖母がちょっとナーバスになっていたけれど、両親も祖母も変わりなくて一安心。 実家は殆ど地震の被害はありませんでしたが、 腰が悪くてほぼ一日中家の中でTVを見て過ごす祖母にとっては、 繰り返される地震直後の映像や原発のニュースは、やっぱりかなりストレスのようです。 実際に被災された方たちにとっても、辛い映像なんだろうな・・・ 情報は絶対に必要だけど、でも、やっぱり楽しい番組だって必要だと思う。 子どもたちにはなおさら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/03/19 23:03
うきゃっvv
と、見た瞬間喜びの声(なんです/笑)を上げてしまいました! 何にって・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2010/12/27 22:30
神になろうとした男
母との東京珍道中を終え(スカイツリー、無事に見れました!)、 いつもよりもちょっとぐったりして(え)帰宅いたしました(笑)。 帰宅して、最初にしたこと・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/12/05 21:47
禁断のマチソワ(?)
今日は、「Mozart!」と「SAMURAI7」のマチソワをしてきました。 あ、もちろん母は前者のみです(笑)。 前回の「M!」観劇を考えれば、ちょっと禁断の組み合わせかも、と思っていたのですが、 むしろこの組み合わせが私的にはよかったかも。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/12/04 22:33
呪縛
初演からずっと観続けているこのミュージカル。 私の大好きなミュージカルの一つです。 でも、今回。 私にとって一つ大きな変化がありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2010/11/26 23:08
降り注ぐ光
アッキー(中川晃教)のライブCDが届きました。 私的には、本当に久しぶりの音源。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/01 20:25
死神の記憶
雨の音は好きですか? 私は結構好きです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/29 22:40
雨上がりの青空を
昨日のマチネと今日のソワレ、二日続けて「死神の精度」を観てきました。 昨日はちょっと冗長かなあ、と思ったのですが、今日は全然そんなこと思いませんでした! どのシーンもどの台詞もどの視線も意味がある。 雨上がりの青空を輝かせる明るい光を感じました。 今日は最前列で観たせいもあるのでしょうが、 それを差し引いても、一日でこんなに進化するなんて! と驚きました。 私はもう観ることは叶わないのですが、きっと千秋楽まで毎日進化していくのだと思います。 お勧めです!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/23 20:46
夏至も過ぎたので
ちょっと夏らしい雰囲気にしてみましたv 夏休みまで1週間を切りましたので、 観劇記録のスパートをかけたいと思います。 とりあえず、短く簡潔に言いたいことを!をポリシーに、 4日連続記録に挑戦です!・・・挫折しないといいなあ(汗)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/29 22:38
この声が聴きたかった
「女信長」観てきました。 いろいろ個人的に微妙な部分はありましたが、かなり面白かったです! 黒木メイサちゃん、めちゃくちゃかっこいいし、 家臣のイケメン(笑)たちも頑張ってたし、 (家康がすてきでしたv) 有森さんのお濃はいい女だし… そしてなによりアッキーの光秀。 メイサちゃんに負けないかっこよさでした。 思ったより歌も多くて… 最後の物理的な圧力すら感じてしまいそうな歌声。 思わずフライング拍手しちゃいました。 これがあるからアッキーのファンは止められないんですよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/20 21:39
帝劇のサンタさん
「モーツァルト!」な二日間を終え、無事帰宅いたしました。 今日は満月なのかな。 駅から出たら、綺麗な大きな月が出ていました。 学生のころにいた山形では、クリスマスは雪のことが多くて、 それはそれでいい雰囲気でしたが、 こういう綺麗な夜空のクリスマス・イブも素敵だなあ、と思います。 私はキリスト教徒ではないけれど、遥か昔にこの地に生まれてきた一つの命を、 そしてこれまで生まれてきた、あるいはこれから生まれてくる数多の命を、 素直に、純粋に祝福できるような気持ちになります。 もうプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2007/12/24 21:42
さて、どのくらいの長さになるか・・・?
さてさて、今期2回目の「Mozart!」。 この日は群馬は朝から非常に冷え込みまして。 東京に降り立った瞬間、「東京ってあったかい・・・」と素で思ってしまいました(笑)。 昨日の朝も、車のフロントガラスが凍ってたしねー。 そろそろ朝起きるのが辛い時期になってきました。 でも、帝劇の2階席は、めちゃくちゃ暑かったです! 自分熱発してるのでは、と一瞬本気で疑うほどでした。 やっぱり観劇は脱ぎ着のできる重ね着がよいですね・・・(しみじみ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/12/19 22:08
観劇な週末その1〜Mozart!
ということで、観劇記録第一弾です。 が、「Mozart!」に関しては、観劇直後に携帯からブログに叫びましたが、 やっぱり、この舞台、私にとっては特別みたいです。 結局井上ヴォルフ、一回追加しちゃったので、あと3回観る予定ですが、 チケット増やさないように気をつけないと!(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/28 23:17
やっぱり、大好き!
今期の「Mozart!」の初観劇してまいりました! なんだか最初っから感極まってしまって、いろんなシーンでうるうるしてしまいました。 やっぱり私は、理屈でなくこのミュージカルが好きなんだなあ、と再確認した感じです。 観劇記録は後日改めて書きますが、 ちょこっと叫んでおこうかな(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/24 22:46
中途半端だけど、とりあえず
「エレンディラ」上演の話を知ったのは、たぶん一昨年。 大好きな演出家と、作曲家と、アッキー(肩書き、何がいいんですかね?)の競演に、 めちゃくちゃ期待していたら・・・延期(涙)。 原作までしっかり読んで備えてたのになー。 でも、その原作の入った短編集「エレンディラ」は、 吹きすさぶ風と、暗く果てしない海と、照りつける太陽と、腐りかけた甘い果物の香りと、 そして、乾燥し灼けた大地に生きる人々の生命力を感じさせる、 幻想的な物語ばかりでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/09/03 10:28
トミーからもらったもの
最近、朝起きたときや、職場を早足で歩いているときなどに、 ふっと「TOMMY」の曲が浮かびます。 それはザ・フーのこともあれば、 中川晃教やソムン・タクの歌声のときもあります。 今日思い浮かんだのは、アッキーの歌う「Amazing Journey」でした。 今日も、大阪の舞台は熱かったのでしょうか? あの熱狂に、もう浸ることができないのはとても寂しいけど、 後で読み返したときに、少しでもあのときの気持ちが思い浮かぶように、 まだこの熱が冷めないうちに、記録しておこうと思います。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/25 22:28
春の嵐
「TOMMY」東京千秋楽。 3月最後の、花冷えの日。 ここ数日からは思いよらなかった、冷たい風。 けれど、日生劇場は汗ばむほどの熱気でした。 そして帰り着いた私を向かえたのは、青白い雷と、打ち付けるような雨。 咲き始めた桜も身を縮めてしまうようなその春の嵐のなかで、 私の中には、確かな鼓動と熱をもって、 今もまだ、トミーの歌声が流れ続けています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/03/31 23:02
未知との遭遇
今日も寒い1日でしたねー。 丸の内のビル風に負けそうになりました。 空っ風の中で育った群馬県民としては痛恨の失態!(え) でも、こんな寒さの中でも、近所の白蓮の花が綺麗に咲き始めていました。 なんだか嬉しくなりますね。 さて、そんなほっこりした気持ちで向かった日生劇場。 初見の「TOMMY」は、あまりに衝撃的で、呆然としているうちに終わっちゃいました(笑)。 観劇記録にすらならなそうですが、とりあえず、感想を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/18 23:35
彼の左手
日曜のライブアクト以来、久々に頭の中がアッキーの楽曲で埋まっています。 気がつくと口ずさんじゃうんですよねー。 アッキーは、もちろんあのハイトーンヴォイスも魅力なのだけど、 あの多彩で且つ個性的なメロディーラインも、 痛いほどまっすぐな歌詞も、 全部があってアッキーなんだよなー、と思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/29 21:41
届いちゃったよ・・・!
もろもろの事情で、「OUR HOUSE」千秋楽の観劇記録に手をつけてないのに、 届いてしまいました・・・「吉原御免状」DVD!! うー・・・観たい。 観たいが、ここで観てしまったら、「OUR HOUSE」の記憶が飛んでしまう(悩)。 って、悩んでる間に書いちゃえば良いんですよねー。 まだちょっと自分の中で熟成されてない感もあるのですが、 見切り発車的観劇記録行ってみましょう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/06 20:52
過去最長・・・?(汗)
先週末、ちょっと湿度は高かったですが、久々に青空が見えましたね。 貴重なお布団を干せる土曜日だったのですが、 私はあっさりそれを放棄して、ミュージカルを観にいってきました(笑)。 久々の生アッキーですから! お布団を干す以上に、私を元気にしてくれそうで。 そして実際にそのとおりだったのです! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/26 22:50

トップへ | みんなの「中川晃教」ブログ

瓔珞の音 中川晃教のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる