双翼

運命の分かれ目、というようなたいそうなことを感じることはこれまでないのですが、 今思ってみれば、あの時のあの電話が、私の運命の分かれ目だったのかもしれないなあ。 そんなことを思い出した、配信でした。 「僕らこそミュージック」 2020.9.23 帝国劇場(配信) 出演:井上芳雄・中川晃教 これまで…
コメント:0

続きを読むread more

愛情証明

今日の仕事帰り、通勤路の畦道に今年最初の彼岸花を見つけました。 これからだんだん畦道が真っ赤に染まっていくのを見るのが、毎日の楽しみになりそうです。 うん。 辛いことも悲しいこともやるせないこともたくさんあるけど、 同じくらい、いやそれ以上に、嬉しいことや楽しいこと、幸せを感じることもある。 どの感情も私自身だから、見ない振り…
コメント:0

続きを読むread more

理由

今日はユニゾンの配信対バンライブがありました。 7組のバンドを迎えての、5時間を越える配信ライブ。 名前だけ知ってて、初めて見る(聴く)バンドも多くて、 お家でフェス!みたいな感じでのんびり楽しませていただきました。 どのバンドもそれぞれの魅力で素敵だったし、 広いライブハウスのフロアに対面でステージを作って、 二組のバンド…
コメント:0

続きを読むread more

出会いの奇跡

19歳。 たぶん、いろんなことが未完成で。 たぶん、根拠のない万能感があって。 たぶん、漠然とした不安があって。 たぶん、柔らかくて、でも頑なな心を持つ―――そんな時期。 そんなころの彼に、あの人との出会いがあって本当に良かった。 そんな風に思った90分×2でした。 「My Story −素敵な仲間たち−」 …
コメント:0

続きを読むread more

信じる未来

酷暑の8月が終わって9月になった途端、朝の空気に秋の気配が強くなりましたね。 そろそろ彼岸花も咲き始めるでしょうか。 また毎日の通勤路の楽しみが増えますv 舞台を観に行けない分、いろいろ自分で楽しみを探さないとね。 もちろん、与えていただける楽しみも満喫いたしますよー!(笑) 「ダディ・ロング・レッグズ」 井上芳雄×…
コメント:0

続きを読むread more

逸材

8月も最後の日曜日になりました。 1ヶ月前は、まだ梅雨が明けない・・・と湿気に負けていたのに、 1ヶ月後の今は、まだ酷暑が続いている・・・と暑さに負けています(^^;) でも、空の色はもう透き通ってきているので、きっと気が付くと秋がきちゃうんだろうなあ。 まだまだ舞台を観に行くどころか、県外にすら出られない日が続いていますが…
コメント:0

続きを読むread more

孵化

闇に沈んだ小さな空間。 そこから世界は始まった。 UNISON SQUARE GARDEN 2020 「USG 2020“LIVE (in the) HOUSE 2”」 2020.8.22 代官山UNIT(配信) ≪セットリスト≫ ♪ マスターボリューム ♪ MIDNIGHT JUNGLE ♪ f…
コメント:0

続きを読むread more

渦巻く縁(えにし)

今日は1週間で一番忙しい水曜日。 しかも夏休みでめっちゃ忙しかったのですが、 何とか定時で上がって帝劇コンの配信をついさっきまで見ていました。 やっぱり帝劇って特別な場所なんだなあ、としみじみ思ってしまいました。 いや、劇場はどこだって、特別なんだけど。 いろいろなミュージカルのいろいろな曲を豪華キャストで聴くことができて大満…
コメント:0

続きを読むread more

花灯

最近、というか去年くらいから、ネットの小説に嵌って、いろいろ読んでいます。 異世界転生ものとか、悪役令嬢ものとか。 ときどき、これは!という作家さんに出会ったりして、大変楽しませていただいています。 テンプレ的な設定でも、いろんな物語が広がるのが面白いなあ、と。 そんな中で時々見かけるのが、悪役令嬢が何度も時間をループするもの。…
コメント:0

続きを読むread more

伸ばした手の先の光

今日はちょっといろいろと忙しくて、気が付いたら夕方になっていました。 JBコンの千穐楽に念を飛ばそう(え)と思っていたのになあ・・・ でも、SNSには、千穐楽を見届けたみなさんやキャストのみなさんと言葉がたくさんあって、 素晴らしい千穐楽だったんだなあ、となんだか涙が出そうになりました。 うん。 本当に、おめでとうございます!…
コメント:0

続きを読むread more

遠くにある星

今日は本当に久々のマチソワな日曜日でした。 ・・・と言っても配信なんですけどね(笑)。 実際に劇場に行くと、マチソワ間も非日常なわけですが、 自宅で配信だと日常と隣り合わせな感じが、なんだか不思議。 でも、体力的にはめっちゃ楽(笑)。 配信を観ていると、やっぱり劇場に行きたいなあ、 あの歌声を肌で感じたいなあ、と思ってし…
コメント:0

続きを読むread more

最後の名前

8月になった途端、いきなり夏空になりました。 昨日は雲の隙間から見えていた月が、今夜は遮るものなくその皓い光を降り注いでくれています。 そういえば、さっき見たこの舞台にも、月の下で歌う曲があったなあ。 SHOW-ISMS  Version マトリョーシカ 2020.8.1 マチネ シアタークリエ(配信) 出演:…
コメント:0

続きを読むread more

二つのリアル

そろそろ梅雨が明けないかなあ、と思い始めてはや幾日(笑)。 いやでも冗談でなく、そろそろ梅雨明けしてくれないと、いろいろ大変ですよね・・・ COVID-19の状況も、まだまだ出口が見えない感じですが、 それでも、前に進んでいると感じられることがあるのは嬉しいことだな、と思います。 例えば、再稼働した劇場で輝いてる人たちとか。…
コメント:0

続きを読むread more

溢れる愛を

以前から言っているかもしれませんが、私はPC関係の知識がほぼありません・・・って断言することじゃないですが(^^;) 仕事でも、こうしてプライベートでもPCは使っているのですが、 とりあえず、なんとなく使えてる感じ? 多分、便利な機能をたくさん見落としているんだと思います・・・ PCの画面をTVに映すのも、以前調べた時に良くわか…
コメント:0

続きを読むread more

還りゆく音

劇場やホールは、観客が入ることでその音響が完成する、と何かで読んだ記憶があります。 人の体が吸収する音。 人の体が跳ね返す音。 人の熱気で揺らぐ音。 ステージから放たれる音は、オーディエンスの体を通してステージの上へと還っていく。 だとしたら。 あの空っぽの空間に放たれた彼らの“音”。 それは、どんな風に彼らに還っ…
コメント:0

続きを読むread more

最後の一歩、最初の一歩

一昨日の日曜日は、久々の青空でした。 めっちゃ暑かったけど(^^;) 暑いのは苦手だし、雨の日も好きだけど、やっぱり人間にはお日様が必要なんだなあ。 でもって、私には彼の歌声という光も必要なのだと再確認した一日でした。 中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』 2020.7…
コメント:0

続きを読むread more

いつか

ステイホームを続行したまま7月になりました。 週末は雨にも負けず(笑)なるべくお散歩をしているのですが、 大好きな凌霄花や百日紅が咲き始めたのがちょっと嬉しかったりv 今年は久々にベランダに日本朝顔も植えたので、咲くのがとても楽しみです。 西洋朝顔の爽やかさも好きですし、日本朝顔の艶めいた雰囲気も好きです。 そういえば、雨柳堂…
コメント:0

続きを読むread more

裁きの時

今日は夏至でしたね。 家の辺りは曇っていて見えませんでしたが、部分日食もありました。 夏至の日食って江戸時代以来とニュースで言っていたような・・・? 個人的には夏至で日食というとなんとなく妖精がざわざわしてそうなイメージがあります(笑)。 今日は日直でしたが、当直の同僚が少し早く交代してくれたので、 せっかく間に合うから、と悩…
コメント:0

続きを読むread more

渇望という糧

前回のブログから3週間が過ぎました。 みなさま、お元気でお過ごしでしょうか? 緊急事態宣言も解除されて、徐々に舞台も再開の動きが見えてくると同時に、 公演中止のお知らせも届く日々が続いています。 もともと観劇以外はあんまり日常的にお出掛けや外食もしないので、 実はあまりストレスなく引きこもり生活を満喫している私ですが、 やっ…
コメント:0

続きを読むread more

亡霊の舞踏会

見慣れた赤い座席に貼られた、白い紙。 その紙に書かれた、言葉たち。 それは、この物語の幻の舞踏会で踊る人々のように、 不確かで、儚くて、けれど強い想いとしてそこに存在していた。 VOCARION Ⅶ「女王がいた客室」room 301 シアタークリエ 原作・脚本・演出:藤沢文翁 作曲・音楽監督:小杉紗代 出…
コメント:0

続きを読むread more