残骸

11月最後の日曜日です。 すっかりおうち時間を過ごすのに慣れてしまった自分がいて、 月に何回も東京に行っていたのがなんだか嘘みたいです。 状況が落ち着いても、東京に行くのが面倒になっちゃいそうでちょっと怖い(^^;) でも、来年は応援している役者さん勢ぞろいな舞台もあるので、 そんなことも言ってられない!ってなるといいな。 …
コメント:0

続きを読むread more

虚構の誠

その時。 きっと彼の隣には猫がいた。 青いたれ目の真っ白な猫。 赤いつり目の真っ黒な猫。 かつてとは違う姿で。 でも、かつてと同じ、心強さで。 そして、かつてなかった、ぬくもりで。 きっと最期のその時まで、彼のそばに寄り添った。 ミュージカル『刀剣乱舞』 ~幕末天狼傳~ 2020.11.14 ソワレ TOK…
コメント:0

続きを読むread more

左手の記憶

ピーター・パンが一番に合う役者は誰か、と言われたら、 迷わず挙げる名前があります。 椎名鯛造くん。 少年社中の「ネバーランド」は、本当に名作だと思うし、 「ピカレスク・セブン」でも素敵なピーター・パンを見せてくれました。 そして今日。 彼が見せてくれたのは、“その先の”ピーター・パン――― ひとりし…
コメント:0

続きを読むread more

吟遊詩人の系譜

15年前。 初めて彼女の歌声を聴いた瞬間の衝撃を、今でも覚えています。 高く澄んで美しい―――そして、小さな舞台の上という空間を凌駕するような、何かがあった。 この1週間は、そんな彼女の声とお芝居を堪能する1週間でした。 日曜日は一人芝居の朗読音楽劇(かな?)を見て。 火曜日には彼女名義のアルバムが届いて。 木曜日には彼…
コメント:0

続きを読むread more

見えない影

昨日は、手元にあった最後のチケットの上演日でした。 譲渡しようかな、と思っていたのですが、なんだか手放しがたくて・・・ 結果として空席を作ってしまったのは申し訳ないけれど、 でも、空いているあの席に、私の気持ちの一欠けらが飛んで行っていたのではないかな、と思います。 そんなわけで、今、手元にチケットゼロです! こんなこと、何年…
コメント:0

続きを読むread more

雨上がりの空へ

昨日の冷たい雨が嘘のように、今日は穏やかな秋晴れでした。 当直明けの帰り道、朱く色づいた烏瓜がキラキラしていて、なんだか嬉しくなったりv まあ、帰宅したら、寝不足に負けて青空横目にお昼寝しちゃったんですけどね(^^;) お布団、干したかったなあ・・・ 来週末は自宅でお仕事なので、良いお天気になってくれることを祈るばかりです。 …
コメント:0

続きを読むread more

明順応

言葉も希望も約束も。 見えない大切なものを奪われて。 真っ暗な孤独を彷徨っても。 彼らの―――私の眼はあの光を覚えている。 だから。 この暗闇から抜け出したとき。 光に眩んだこの眼がとらえていく世界は。 きっと。 この日の灯りが描いたたくさんの花のように。 ―――美しい。 Halo at 四畳…
コメント:0

続きを読むread more

文学の名のもとに

10月になりました。 10月の最初の日は、中秋の名月でしたが、秋の澄んだ夜空に皓い月が本当に綺麗でした。 あの舞台で彼が吠えたあの月も、こんな風に美しかったのでしょうか。 舞台「文豪とアルケミスト 綴リ人ノ輪唱」 2020.9.27 ソワレ 京都劇場(配信) 出演:平野良、佐藤永典、三津谷亮、椎名鯛造、深澤大河…
コメント:0

続きを読むread more

双翼

運命の分かれ目、というようなたいそうなことを感じることはこれまでないのですが、 今思ってみれば、あの時のあの電話が、私の運命の分かれ目だったのかもしれないなあ。 そんなことを思い出した、配信でした。 「僕らこそミュージック」 2020.9.23 帝国劇場(配信) 出演:井上芳雄・中川晃教 これまで…
コメント:0

続きを読むread more

愛情証明

今日の仕事帰り、通勤路の畦道に今年最初の彼岸花を見つけました。 これからだんだん畦道が真っ赤に染まっていくのを見るのが、毎日の楽しみになりそうです。 うん。 辛いことも悲しいこともやるせないこともたくさんあるけど、 同じくらい、いやそれ以上に、嬉しいことや楽しいこと、幸せを感じることもある。 どの感情も私自身だから、見ない振り…
コメント:0

続きを読むread more

理由

今日はユニゾンの配信対バンライブがありました。 7組のバンドを迎えての、5時間を越える配信ライブ。 名前だけ知ってて、初めて見る(聴く)バンドも多くて、 お家でフェス!みたいな感じでのんびり楽しませていただきました。 どのバンドもそれぞれの魅力で素敵だったし、 広いライブハウスのフロアに対面でステージを作って、 二組のバンド…
コメント:0

続きを読むread more

出会いの奇跡

19歳。 たぶん、いろんなことが未完成で。 たぶん、根拠のない万能感があって。 たぶん、漠然とした不安があって。 たぶん、柔らかくて、でも頑なな心を持つ―――そんな時期。 そんなころの彼に、あの人との出会いがあって本当に良かった。 そんな風に思った90分×2でした。 「My Story −素敵な仲間たち−」 …
コメント:0

続きを読むread more

信じる未来

酷暑の8月が終わって9月になった途端、朝の空気に秋の気配が強くなりましたね。 そろそろ彼岸花も咲き始めるでしょうか。 また毎日の通勤路の楽しみが増えますv 舞台を観に行けない分、いろいろ自分で楽しみを探さないとね。 もちろん、与えていただける楽しみも満喫いたしますよー!(笑) 「ダディ・ロング・レッグズ」 井上芳雄×…
コメント:0

続きを読むread more

逸材

8月も最後の日曜日になりました。 1ヶ月前は、まだ梅雨が明けない・・・と湿気に負けていたのに、 1ヶ月後の今は、まだ酷暑が続いている・・・と暑さに負けています(^^;) でも、空の色はもう透き通ってきているので、きっと気が付くと秋がきちゃうんだろうなあ。 まだまだ舞台を観に行くどころか、県外にすら出られない日が続いていますが…
コメント:0

続きを読むread more

孵化

闇に沈んだ小さな空間。 そこから世界は始まった。 UNISON SQUARE GARDEN 2020 「USG 2020“LIVE (in the) HOUSE 2”」 2020.8.22 代官山UNIT(配信) ≪セットリスト≫ ♪ マスターボリューム ♪ MIDNIGHT JUNGLE ♪ f…
コメント:0

続きを読むread more

渦巻く縁(えにし)

今日は1週間で一番忙しい水曜日。 しかも夏休みでめっちゃ忙しかったのですが、 何とか定時で上がって帝劇コンの配信をついさっきまで見ていました。 やっぱり帝劇って特別な場所なんだなあ、としみじみ思ってしまいました。 いや、劇場はどこだって、特別なんだけど。 いろいろなミュージカルのいろいろな曲を豪華キャストで聴くことができて大満…
コメント:0

続きを読むread more

花灯

最近、というか去年くらいから、ネットの小説に嵌って、いろいろ読んでいます。 異世界転生ものとか、悪役令嬢ものとか。 ときどき、これは!という作家さんに出会ったりして、大変楽しませていただいています。 テンプレ的な設定でも、いろんな物語が広がるのが面白いなあ、と。 そんな中で時々見かけるのが、悪役令嬢が何度も時間をループするもの。…
コメント:0

続きを読むread more

伸ばした手の先の光

今日はちょっといろいろと忙しくて、気が付いたら夕方になっていました。 JBコンの千穐楽に念を飛ばそう(え)と思っていたのになあ・・・ でも、SNSには、千穐楽を見届けたみなさんやキャストのみなさんと言葉がたくさんあって、 素晴らしい千穐楽だったんだなあ、となんだか涙が出そうになりました。 うん。 本当に、おめでとうございます!…
コメント:0

続きを読むread more

遠くにある星

今日は本当に久々のマチソワな日曜日でした。 ・・・と言っても配信なんですけどね(笑)。 実際に劇場に行くと、マチソワ間も非日常なわけですが、 自宅で配信だと日常と隣り合わせな感じが、なんだか不思議。 でも、体力的にはめっちゃ楽(笑)。 配信を観ていると、やっぱり劇場に行きたいなあ、 あの歌声を肌で感じたいなあ、と思ってし…
コメント:0

続きを読むread more

最後の名前

8月になった途端、いきなり夏空になりました。 昨日は雲の隙間から見えていた月が、今夜は遮るものなくその皓い光を降り注いでくれています。 そういえば、さっき見たこの舞台にも、月の下で歌う曲があったなあ。 SHOW-ISMS  Version マトリョーシカ 2020.8.1 マチネ シアタークリエ(配信) 出演:…
コメント:0

続きを読むread more