待ってました!+バトン

今日のE!マガ(というメルマガね)に、待ってました!の情報がありました。

劇団☆新感線「吉原御免状」DVD化!!

もうめちゃくちゃ嬉しいですv
どうしてももう一回観たい舞台だったんですよね。

劇団☆新感線は、一昨年の冬に観た「SHIROH」が初で、
その時はアッキーが目当てだったのですが、
想像していた以上にアグレッシブでスピード感のある舞台に魅了されました。
で、昨年の夏休みに観にいったのが「吉原御免状」だったのですが・・・衝撃でした。
あの華やかさ。
あの猥雑さ。
溢れる色彩に、切り裂くような光の演出。
激しさの中に切なさのある音楽。
そしてジェットコースターのような演出の中に落とされる、沈黙の演出。
その後に観た「キャッツ」の記憶が曖昧になるぐらい、衝撃的な舞台でした。
(もちろん「キャッツ」も楽しみましたが)

そして、主人公・松永誠一郎の最後の台詞。
呆然としてしまって、拍手に乗り遅れたなんて、
蜷川さんの「リチャードⅢ世」以来でした。

俳優陣も素晴らしかったんですよ!
堤真一さん可愛いしv
松雪泰子さん壮絶に綺麗だったしv
古田新太さんかっこいいしv
京野ことみさん可憐だしv
高田聖子さんおちゃめだしv
橋本じゅんさんダンディだしv
プログラムのスチールも溜息が出るぐらい美しくて・・・
堤さんファンのYさんに速攻送り付けました(笑)。

で、家に帰ってから、原作本と、
新感線のDVDを一気に揃えちゃったんですよねー。
で、更にはまりました(笑)。
これも語りだすと長くなるので割愛しますが(汗)、
もう、そのくらい私を引きずり込んだ舞台だったんです!

その舞台をもう一度、いや何度でもDVDで観れる・・・なんて幸せv
まあ、正直に言えば、ゲキ×シネになって大画面で観れたら一番だったのですが、
そうなったら完全にR指定だったと思う。
だって、思いっきりあだるてぃな舞台だったんですもの(笑)。
これ、青山劇場(こどもの城の中にあるんです)でやって、ほんとに大丈夫なの?!
と本気で心配しちゃいましたよ(笑)。
うーん・・・だからDVDなのかな?
とにかく、これはもう購入確定です!
早く7月にならないかなー。
発売されたら、しばらくはことあるごとに語っちゃうと思うけど、
みなさん許してくださいねー(と、先に謝っておこう・笑)。


あんまり嬉しかったので、連日更新になっちゃいました(笑)。
せっかくなので、いただいてあったバトンを一個。
あんまりに遅くって、もう、くださったななさんも忘れてらっしゃると思いますが・・・(汗)


***17歳バトン***

*17歳のとき何してた?

音楽部で歌唱って、文芸部で文章書いて、図書委員で本に埋もれておりました(笑)。
初めてミュージカルを観たのも17の時だった気がします。
四季の「オペラ座の怪人」・・・これが現在の私を形づくったに違いない・・・

*17歳のとき何考えてた?

何考えてたかな~。多分、一番文章を書いてたときなので、
授業中とかも小説のプロットを立ててた気がします(笑)。
将来のこともちょっとは考えてたかな。
でもその頃は数学の先生になりたかったの。
めちゃくちゃ文系なのにねー(笑)。
いや、数学って綺麗だなー、と思って。今も憧れですv

*17歳でやり残したことは?

えーっと・・・恋愛?
高校生らしい可愛い恋愛がしたかったなあ、と(笑)。公園デートとか?
・・・自分で書いてて照れちゃったよ(汗)
当時は他の事のほうが面白くって、それどころじゃなかったんですけどね。

*17歳に戻るとしたら?

うーん、今戻っても、きっともう高校までのあの山道を自転車では通えないと思う。
・・・って、そういう設問じゃないですよね(笑)。
そうだなあ、もっと腹筋とか背筋とか鍛えて、しっかり歌をやりたいかな。

*17歳に戻っていただく5人

いつもと同様にここで打ち止めで。欲しいかたいらしたら持っていってくださいねー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック