Cute & Cool・・・but very hot!!

というわけで、無事ライブから帰還いたしました。
イブイブの赤坂は、恐れていたほどの人ごみではなく一安心。
でもって、春以来のDECOのライブは、もう本当に素敵でしたv
以下、煩悩のままに叫び倒しますが、ご容赦くださいませ(笑)。


DECO CHRISTMAS LIVE

2006.12.23 赤坂 GRAFFITI


今回は、みなさんダークスーツの胸に紅いガーベラのコサージュをつけて登場。
ええ、もうめちゃくちゃかっこよかったですよー。
出口さんは、「クリスマスというよりお正月みたいな花」とおっしゃってましたが、
全然そんなことありません!
真紅の薔薇だとちょっとはまり過ぎちゃう気がしますので、
(会場のファンの方からもらってましたが、本当にお似合いでした・・・!)
ガーベラの可愛らしさは、結構意表をついていていい感じv と思っていたら、
今回のライブは本当にみなさんキュートでした!!

楽曲は、もちろん最高にクールでかっこよく、且つ情熱的。
曲順を覚えようと最初は努力していたのですが、
途中から思いっきり気持ちを持っていかれてしまい、断念。
DECOの曲は、本当に出口さんの声の魅力が全開で押し寄せてくるし、
他の楽器の魅力も最大限に引き出されている感じがします。
あああ、本当にCD出してくれないかなー・・・
生で聴くのが一番なのはわかっているけれど、
そろそろ繰り返し聴ける音源が欲しいです。
SSCもDandy-Dもそらで歌えるほど聞き込んじゃってるし、
DECOの曲もアレンジも、本当に大好きなので。
1曲1曲にコメントをつけるには、記憶が飛んじゃってるし、別の方向に煩悩が行ってしまったので(笑)、
今回は1曲だけ。

今回もやってくださった「瓦礫の詩人」。
GVのオリジナルヴァージョンは、歌に歌われる「少年」の視点のように思うのですが、
DECOのアレンジは、「成長した少年」の歌のように感じました。
GVヴァージョンの胸が痛くなるほどのやるせなさや純粋さ、そして憧れ・・・
そういったものを全て通り越して、その上でまだ道の途中を歩き続けている「成長した少年」の、
強さやしたたかさ、「少年」であった自分へ向けられる愛情と哀しみ、そして赦し・・・
GVよりも明るさの増したアレンジが、
何故かGV以上の切なさを私に感じさせました。
今の出口さんだからこそ出来るアレンジ。
本当に、本当に大好きです・・・!


さて、それでは今回のDECOの何がそんなに可愛かったのか?!にいってみましょうか(笑)。

個人的に可愛らしさNo.1は、ドラムスのKOJIさんでした!
SSCでもDECOでもその演奏は聴いていたのですが、
陣取った場所の関係などから、今回ほど真正面からじっくり見たことはなかったんですね。
いやー、演奏中のあの笑顔に悩殺されました(笑)。
すっごい楽しそうに、全開の笑顔で、且つアグレッシブで複雑な演奏をされてるんですよ!
「BACKSEAT BUTTERFRY」から「ALLONS-Y, ALLONS-O」の流れの中で笑顔と演奏に釘付けになり、
そのあともことあるごとにKOJIさんに目がいっちゃいました。
こんなこと初めてですよ・・・
ドラムの演奏スタイルって本当に流れるように綺麗なんですねー。
うっとりでした。

でもって次点はサックスの日野林さん。
なんて和み系の笑顔をされる方なんでしょう・・・!
演奏の合間のあの優しそうな笑顔に和んでおりました。
なんというか、お父さんみたいな笑顔?(違!)
もちろん、演奏も素晴らしかったです!
多彩な音を滑らかに演奏されていて、聴いていると自然に体が動いちゃう感じでした。
他にもいろいろ参加されてるとのこと。
HPチェックして、聴きにいってみようかなー。

そして、ギターの浅井さん。
2日前(だったかな?)にお子さんがお生まれになったそうで。
おめでとうございます!!
今回も淡々と演奏されていて、あまり表情は変わらなかったのですが、
そのギターは相変わらず冴えておりました!
スパッと切り裂くような演奏も、楽曲に溶け込むような柔らかさも自由自在。
この方の演奏を聴くと、生のギターって、本当に凄いなあ、と思います。
あまり表情の動かない方ですが、出口さんの振ったクリスマスプレゼントの話題に、
唯一答えてくれたあたり、いい人だなあ、と思うのですv

今回もめちゃくちゃかっこよかった喜平太さん!
髪の色が見覚えていたのよりもかなり金色になっていて、
なんというかますます私の中のぼーさんのイメージに重なりました。
髪の毛伸ばして後ろで縛ってくれないかなー(笑)。
ウッドベースを抱きしめるような演奏は今回も艶っぽくv
でも、その音は艶っぽさだけでなく安定感も疾走感もあって・・・
あああ、やっぱりベースの音っていいなあvv
ベースの魅力が溢れる楽曲だから、DECOの曲やアレンジって、
私の中ではずれがないのかもしれません。
いつか「RISKY」やってください!

そして、やっぱり最愛の人でした。出口さん。
いつもいつもライブのあとに思うのです。
どうしてこの人の声はこんなにも私の深い部分に浸透してくるのかなあ、と。
全然答えなんかでないし、だからこそずっと追いかけていくんだろうな。

今回は最初から語りモードだったのでしょうか?
いつもよりMCが多かったような印象があります。
相変わらずの出口節絶好調!(笑)
クリスマスのプレゼントのライフルで庭の植木を駄目にして怒られた話とか、
不○家のアイスクリームのクリスマスケーキが嬉しかった話とか、
水面下で活動中のローマとしきの話とか、
キャンプにはまった話とか(FCでキャンプ祭り・・・もしかして半分本気?!)・・・
でも、まさかスタンディングのタイミングまで指示してくださるとは思いませんでした(笑)。
(客席は椅子だったんです)
前回なかなかみんな立たなかったのが寂しかったのかな・・・?
指示どおり(笑)にみんなが立ち上がったあとのあの笑顔!!
めちゃくちゃ可愛かったですv

そういえば、今日も前回と同じ一段高いボックス席(?)にいたので、
出口さんをはじめメンバーが遮るものなく見えたのですが、
歌ってる途中に(たまたま)指差した手が私のほうを向いてい(る気がし)て、
本気でどきどきしちゃいました(笑)。
ファン心理ですからしかたありません。
目があったりしたら、本気で一瞬心臓止まります(笑)。
だから、ファンクラブイベントとかも絶対に行けないなー。
年末は、ローマとしきで熱海のホテルで忘年会をやるようですが、
そんなのに参加しちゃったら、もうどうなることか(汗)。
まあ、一人で参加する勇気はかけらもないのですけどね。
ライブが終わった後も、出口近くにメンバー5人全員立っていたのですが、
小さく拍手してお辞儀して出て行くしかできませんでした。
あああ!私の馬鹿!!
お疲れさまでした、とか、かっこよかったです、とか(可愛かったですとはさすがにいえない・笑)、
CD是非出してください!!(切実)とか、言うこと一杯あったのにー!!(涙)
それでも、ちょっと出口さんが微笑んでくれたのが見えて、すっごい幸せでしたv
KOJIさんの笑顔も間近でみたかったなー(え)。
次のライブの時は、もっと気の利いたことがいえるように頑張ろう・・・!


思うままに書いていたら、全然まとまりがなくなっちゃいました(汗)。
来年は出口さんのデビュー20周年とのこと。
「たぶん出来ないだろうけど」GVの再結成の話も出たとか。
GV再結成は難しくても、上領さんとのセッションはまたやってほしいなあ。
前回はいけなくて、ほんとに悲しかったのです。
MCの中で、30周年50周年というお話がでましたが、
ええ、どこまででもついていきますとも!!
とりあえず、来年の20周年、どんなイベントが計画されるのか、
思いっきり楽しみにしておりますねv
なのでCD出してください!(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック