リーの新刊!

ぱたぱたとせわしない毎日を送っている間に、
タニス・リーの新刊が3冊も出ていたことに気づきました!
で、早速購入です。
え?引越? ちゃくちゃくと準備は進んでますよー。
新しく買った本は、スーツケースにつめて手持ちで運びます(笑)。

新しく出たのは、

「銀色の恋人」新装版
  :表紙の絵はやっぱり変わってしまっていました。
   個人的にはちょっと可愛らしすぎですが・・・新しい解説もついているのでオッケーですv
   でもって!
   続編「Metallic Love」の邦訳も5月24日に発売だそうです!!
   訳者も同じく井辻朱美さん。原著は挫折してるのでめちゃくちゃ嬉しいですv
    邦題の「銀色の愛ふたたび」 は見なかったことにしておきます・・・(涙) 「メタリック・ラヴ」でいいじゃん・・・(号泣)  

「ヴェヌスの秘録1 水底の仮面」
「ヴェヌスの秘録2 炎の聖少女」
  :こちらも原著は持ってるけど、未読です・・・(汗)
   訳は柿沼瑛子さん。アン・ライスの訳などをされている方ですよね。
   リーの訳は故・浅羽莢子さんがベストだとは思いますが、
   この方も期待してよいのかな? なんにしろ日本語で読めるのがめちゃくちゃ嬉しいですv
   全4巻の残り2冊も毎月発売予定のよう・・・幸せですv

そして、今月もう1冊発売されるのが「パイレーティカ」。
これは、半分ぐらい原著を読んで、そこで止まっていますが、
雰囲気的には「ウルフタワー」に似てるのかな・・・?
一人称ではないですけど、SF要素のあるFTという感じでした。
たぶん、分類的にもジュブナイル。
なので、小学館で新しく創刊される「ルルル文庫」というのに入るらしいです。
で、挿絵が渡瀬悠宇さん・・・・・・・・・ま、カバーかければいっか(酷)。


とにもかくにも、リーの翻訳本が出版されるのは大歓迎です!
引越先の新しい本棚は、リー専用にしようかなあ、と目論む今日この頃(笑)。
というわけで、引越準備に戻りますー。


あ、ちなみに「パイレーティカ」の情報を得たのは、
吉田秋生さんの新刊「海街diary 1」でした。
「Lovers' Kiss」と同じ時間軸(たぶん1年ぐらい前の設定)なこのお話。
「桜の園」系列の雰囲気で、読んでいてとても切ないけど、とても優しい気持ちになりました。
ちょっと幼い朋章も出てきたりして。
彼はその手を離してしまったけど、里佳子と出会う前の朋章にも、
彼を大事に思う人がいてくれたんだなあ、と思うと、ちょっと嬉しくなりました。
こちらの本もお薦めですv

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

るーく
2007年05月05日 22:45
帰って参りました。
リーさん情報有り難うございます!!!
……原著は流石に無理なので(涙
今度お会いしたときに語りましょう~~!!
恭穂@管理人
2007年05月06日 21:47
おかえりなさいませ、るーくさんv
今日はゆっくりできましたか?
リーの新刊、嬉しいですよねー。
原著は私も挫折しまくりですが、
老後の楽しみのために購入してしまいます(笑)。
今度お会いした時は、是非リー話も!

この記事へのトラックバック