たまにはレ・ミゼ以外の話題も・・・

今日のポチたまの、黒い仔猫の姉弟に、メロメロな恭穂でございます。

・・・なんて可愛いんだ!!

またしてもにゃんこ禁断症状が出そうな感じです。
近所のにゃんこの親子とも、1mぐらいの距離で見詰め合えるようになりました(笑)。
戯れる日はまだまだ遠そうです(笑)。


昨日、「精霊の守り人」のDVD3巻が届きました。
カバーのあのらぶらぶな二人は何ですか?!
噂にはきいていましたが、ちょっとびっくりしました(笑)。
とりあえず、この巻で、やっと全部のお話が見れたことになります。
やっぱり噂だった青い手の首領(着流し?)。
うん。ほんとにバルサさんに惚れてるよね、この人。
手下たちもそれが分かっているところが微笑ましいです(え)。
そして、なんというか大人な魅力ですな!(笑)
拗ねたタンダが可愛いというかなんというか。
まあねー、あれだけ二人の気持ちが通じるところ(違)を見ちゃえばねー。
ここから「青霧に死す」の最後のタンダに繋がるわけですか。
納得です(笑)。
ブックレットにタンダの初稿が載っていましたが、
私的には、どちらかというと、今(決定稿)のタンダの方がイメージに近いかなあ。
はっきり言って、タンダよりバルサさんの方が背が高いイメージなので。

でもって、このお話のトロガイ師!!

どうしてそこでそういうことを言うかな?!(怒)

なんだか八つ当たってるみたいで、ちょっと嫌かもー・・・・
たまごな叫びで稼いだポイントが、一気に下がりました。
繰り返し見れば、もっと違う感じ方が出来るのかなあ。


ぱたぱたしながらも、本もちょこっとずつ読んでおります。
つい先日、ブラッドリーの「アヴァロンの霧」全4巻を読み終わりました。
もともと気になっていたのですが、既に絶版で。
でも、英会話の先生が好き、とおっしゃっていたので、
古本で探して買ったのですが、けっこう面白かったです!
アーサー王伝説を、アーサーの姉・妖姫モーゲンの視点から描いたものなのですが、
割とスムーズに読むことができました。
でも、話の中身としては、どちらかというと恋愛寄り。
しかも、アーサーの妃のグウェンフウィファルが嫌な女でねー。
それが、ちょっとネックだったなー。
個人的には、サトクリフの「落日の剣」の方が好みでした。

あと「夏目友人帳」と「花よりも花の如く」も読みました。
前者は、小動物にちょっとめろめろですv
可愛いし、切ないし、シビアだし、優しいし・・・緑川ゆきさんのお話、大好きです!!
後者はほんとに待ってた最新刊なので、とっても嬉しく読みました。
最初のお話が、子方の海人くんの苦悩を描いた(違う?)お話だったのですが、
おもいっきりレ・ミゼの子役ちゃんたちのことを思ってしまいましたよ。
もちろん、「家」の芸として物心ついたときから能を演じている子方と、
多かれ少なかれ自分の意思で舞台に立っている子役たちとは、
スタンスも覚悟も違うのかもしれないけれど、
でも、大人の世界の中で、同じだけの覚悟を求められることは一緒なのかなあ・・・って。
でもって、とーってもいいところでお話が終っているので、
ちょっとというか、かなり先が気になっています(笑)。
次はいつ出るのかなあ・・・


こんな感じで、久々の雑記でした。
さっき、ちょこっと雨が降ったのですが、この後もう少し振るのかな?
昼間の暑さはまだ厳しいけれど、
陽射しや風には秋の匂いが感じられるようになって来ましたね。
職場の周囲でトンボも見かけました。
とりあえず、夏休みまであと1週間。
気合を入れて頑張ります!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック