命の重さ

今日は、生まれて12時間後の赤ちゃんを抱っこしてきました。
赤ちゃんって、抱っこするだけでどうしてこんなに気持ちがあったかく、優しくなれるんでしょう。
3キロちょっとの体重ですが、それ以上の命の重さを腕に感じました。
ちょっとうるうるしてしまいましたよ。
やっぱり、こどもはみんな幸せになるために生まれてくるんだよね。

でもって、帰宅してから先週録画した「鋼の錬金術師」のアニメを見ました。
ウィンリィが、スカーが両親を殺したということを知り、彼に銃を向けるシーン。
原作でも印象的なシーンではありましたが、見事に泣かされてしまいましたよ。
よもやこのアニメで泣かされるとは・・・(いや、どっちかっていいうとギャグ要素が印象的で)
銃からウィンリィの指を一本一本優しく引き剥がすときのエドの台詞、
あの言葉、彼はどんな気持ちで言ったのかなあ・・・
動きと声の相乗効果の出た、アニメならではのシーンだったと思います。

更に、今日は本当に久々に「獣の奏者 エリン」をリアルタイムで見ました。
リランとエクの出逢いの回だったわけですが、
リランが全身ピンクになっちゃったのにびっくり!!
胸元だけが真紅になるイメージだったので・・・
でも、絵的には綺麗だったかなあ。
その後の、観念的というかイメージ的なシーンの連続も意味深で良くできてるなあ、と思いました。
あの、小さな王獣の影がぱっと広がるのって、
染色体なのかな、と思ったのですが・・・違うかな?
一瞬、停止して数えようかと思っちゃいましたよ(リアルタイムじゃ無理です)。
それにしてもこのアニメ、ほんとに「雫」の使い方が秀逸。
元さんの歌声、実はちょっと苦手なのですが、
このシーンでは違和感なく聞くことができました。

そんなこんなで、命の重さを考えた土曜日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック