最近のはまりもの

3連休、中1日のお仕事でしたが、その他は引き続き農家の孫娘でした(笑)。
昨日も両親と一緒にいろいろ植えたり収穫したりしましたが、
後半、私はひたすら黙々と花山椒を摘んでおりました。
因みに、山椒の花はこんな感じ。

画像


本来はこの黄色い花の部分だけを摘んで佃煮にするのですが、
今回はちょっと花が開きすぎちゃって、蕾だけでは足りなそうだったので、葉っぱも一緒に採りました。
で、佃煮にしたのがこちら(ピントの甘さはご容赦を)。

画像


実は、これまで山椒の花を摘んだことってなかったんですね。
新芽は天麩羅や佃煮、実もじゃこと一緒に佃煮にするくらい。
今回、花にも目が向いたのは、高田郁さんの「みをつくし料理帖」を読んだから。
実はこの中に、花山椒の佃煮を作るシーンがありまして、
凄く旬の短い春の味覚、というのがとっても印象的だったのですね。
で、今回作り方をネットで調べて(残念ながら巻末の料理には載ってなかったので)作ったわけですが、
これがめちゃくちゃ美味しい!!
来年は、きちんと花だけ摘んで作ってみようと思います。
あ、澪のほろにが蕗ご飯も作りましたよー。
というか、今も明日のお弁当用に炊いてます(笑)。
これもほんとに美味しくて、母と一緒にとっても幸せな気持ちになりましたv


そんなこんなで最近大のお気に入りな高田郁さん。
大好きな作家さんがツイッターでお薦めされているのを見て、
ちょうど時代物小説に嵌っていたところだったので手に取ってみたのですが、
これがもう本当に面白かった!!

最初に読んだ「銀二貫」は、当直をしながら読んでいたのですが、
もう何度一人で涙しては慌てて周りを見回したことか!(笑)
真っ当に、ひたむきに生きる人たちの強さや優しさや美しさが、
決して"きれいごと"ではなく描かれていました。
どちらかというと感情を排して状況を描写するような淡々と丁寧に紡がれる文章の中に、
キラキラしたものが沢山隠されている感じ。
とっても素敵なお話だったので、昨日父にも薦めてきましたv

そして、次に手に取った「みをつくし料理帖」は、久々にハイペースで一気読みしちゃいました!
こちらも、歯がゆくなるほど真摯に生きる女性と、彼女を取り囲む優しい人たちの物語。
お料理の描写も美味しそうで、料理の苦手な私もいろいろ作ってみたくなりました。
で、シリーズを読み薦めるにつれて、何故か主人公の澪が蒼井優ちゃん、
小松原さまが上川隆也さんに脳内変換されてしまって・・・めったに小説を読んでてこういうことないんですけどねー。
個人的に珍しくて面白かったので、他のキャストも考えてみちゃいました。
(私の極個人的なイメージですので、あしからず)

澪・・・・・・・・・・蒼井優ちゃん
小松原・・・・・・上川隆也さん
芳・・・・・・・・・・樋口可南子さん
種市・・・・・・・・笹野高史さん
おりょう・・・・・・松下由樹さん
伊佐三・・・・・・内野聖陽さん
太一・・・・・・・・坂口湧久くん
源斉・・・・・・・・向井理さん
あさひ太夫・・・堀北真希ちゃん
又次・・・・・・・・堤真一さん
美緒・・・・・・・・神田沙也加ちゃん
爽助・・・・・・・・阿部サダオさん
坂本堂・・・・・・小日向文世さん
清右衛門・・・・吉田鋼太郎さん
佐兵衛・・・・・・長谷川博己さん
駒澤弥三郎・・佐藤二朗さん
早帆・・・・・・・・中谷美紀さん
里津・・・・・・・・野際陽子さん
りう・・・・・・・・・高田聖子さん

とりあえず、こんな感じかなあ。他にもいろいろ想像はしてみたのですが・・・
NHKあたりでドラマ化してくれないかなあ、と思ってみたりv(笑)


そんなこんなで高田郁さんは既刊を読破しちゃうくらいはまっているのですが、
最近同じくらい嵌っているのが・・・「TIGER&BUNNY」!
はい、久々にアニメに嵌りました(笑)。
お友達の強いプッシュでDVDをお借りしたのですが、ほんとに面白かったです!
巷ではかなり流行っているみたいで、私もツイッターのTLで題名は知っていたのですが、
なるほど、これは人気が出るわ、と素直に思いました。
細部まで作りこまれた世界観、魅力的で個性的なキャラクター、
伏線もしっかり張りつつ1話ごとに解決する部分をちゃんと作った物語、
そして、決して"完璧"ではない完成度と、それに賦活される想像力。
以前、同じお友達にハガレンの最初のアニメを借りたことがあって、
そのときは「なんて足場の不確かは人たちの物語なんだろう」と思ったのですが、
タイバニは、逆にある程度自分の足場を固めている人たちが、
それまでの過去や背景をある意味大切に背負った上で、前へ進んでいく物語だなあ、と思いました。
あ、もちろん若者たちの発展途上さも良かったですよv
正直なことを言ってしまえば、終わり方はちょっと中途半端だなあ、とも思ったのですが、
(だって、見事に謎が残ったままですよね?!)
夏(秋?)に映画版が公開されるということなので、そこでいろいろ解決するのかしら?
因みに、私が一番好きなキャラクターですが・・・内緒v(笑)


同じお友達にお薦めいただいて、やっぱり思いっきり嵌っているのが、BUMP OF CHICKEN.
最近の通勤時の音楽は、彼らの曲ばかりです。
とても人気のバンドのようで、私も何曲かは聴いたことがあったりもしたのですが、
アルバムという形でしっかり聴くと、心の深いところに届く"何か"が半端ない!
歌声は決して私の好みではないのですが、聴いているうちにどんどん惹かれていったし、
何よりその歌詞の、聴くたびにいろいろな発見や感情を呼び覚ましてくれる深さに瞠目です。
「ダンデライオン 」、「ハンマーソングと痛みの塔 」、「かさぶたぶたぶ 」、「透明飛行船」、「分別奮闘記」あたりは、
もう理屈を越えた部分で大好きです!
特に「ダンデライオン」は、聴くたびに一人涙してしまう・・・2番のサビの部分とか、ほんとにどうしようかと思います。
子どもの頃から大好きで、でも辛くてめったに開くことのできない絵本で、
「ひとりぼっちのこねこ」というのがあるのですが、その絵本に通じるものがあるかなあ・・・
まだ全部の曲を十分に聴き込めてはいないのですが、
近々お薦めしてくれたお友達にお会いする予定があるので、
いろいろお話させていただけると嬉しいなあ、と思います。
というかその前に、素敵なアニメと音楽を教えてくださってありがとう、ななさん!!

あ、そういえば、歌詞を書いてらっしゃる方、蒲公英がお好きなのでしょうか?
何曲か蒲公英をモチーフにした歌がありますよね。
連休中通った祖父の畑には、蒲公英が沢山咲いていました。
伸びやかに空を目指す蒲公英の明るく優しく、でもちょっと控えめな黄色は、
BUMPのイメージかもしれませんね。

画像


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック