帰り着く場所

今年もあと数日で終わってしまいます。
というか、もう50時間切っちゃうよ!(笑)
今年は、自分の力不足や至らなさに打ちのめされ、傲慢さや弱さを実感し、何度も泣いた1年でした。
そして同時に、たくさんの喜びや優しさに出会えた一年でもありました。
笑ったり怒ったり泣いたり楽しんだり・・・まさに喜怒哀楽に彩られた1年。
うん。
頑張った、と今なら言えるかな。
それは、多分"彼"がそう言ってくれたから。

まだあるたくさんの足りない部分も、良いことも悪いことも全部含めて、
1年を歩きとおした私に―――私たちに彼が手渡してくれた、最高の時間。
最高の、ご褒美。


中川晃教コンサート2013
『 I Sing ~Be Happy~』

2013.12.28 天王洲銀河劇場 1回A列15番台


というわけで、今年の〆はアッキーのコンサートになりました。
3daysの中日に1日だけの参戦です。
今頃は、3日目が盛り上がってる頃かなー。
行きたかったけど、諸々で断念。
でも、昨日1日だけで、本当に溢れるほどの幸せと喜びといたわりと祝福と・・・たくさんの光をもらいました。

セットリストは、記憶が曖昧なので(笑)公式に発表されましたら、後日追記いたしますねー。

というわけで、12月30日追記。結構記憶合ってたかな?(笑)


≪セットリスト≫(VISIONより)

♪ I WILL GET YOUR KISS
♪ 愛したあなた  
♪ 旅人  (原曲 / チャイコフスキー 花のワルツ)
♪ きみの胸のタトゥー (ロックオペラモーツァルトより *ヴォルフガング)
♪ 殺しのシンフォニー (ロックオペラモーツァルトより *サリエリ)
♪ Stereo Voice
♪ Home (ミュージカル THE WIZより)
♪ マタドール
♪ 夜明けのセレナーデ
♪ Just Call My Name
♪ COUNT UP MY LOVE
♪ WHAT ARE YOU AFRAID OF
♪ Catch Fire
♪ China Girl
♪ フタツ、ヒトツ Futa-tu,Hito-tu
♪ ユーアー ザ スーパースター

アンコール1
♪ SUNSHINE
♪マイソング

アンコール2
♪ Miracle of love


今回は、チェスコンに引き続き、最前列ほぼセンターという超良席。
が、去年POP SSICのコンサートで最前列だったときに、ものすごく緊張しちゃって、
あんまりコンサートに集中できなかったくらい過去(笑)があるので、
今回もどうなるかなー、とちょっと不安だったのですが、結果的には全くの杞憂でした。
劇場に入った途端、既にキラキラした笑顔のアッキーファンのお知り合いにお会いできた、というのもあるし、
開演前のアッキーのアナウンスにぬるく笑ったのでリラックスできた、ということもあるし、
(語尾を全部「~する」にしてたんですよ。で、間違えて「~です」って言ったらわざわざ言い直したり/笑)
劇場でのコンサートなので、舞台の高さがきちんと境界線になってくれてた、ということもある。
でも、何より、その始まりで一気に気持ちをアッキーの世界に連れて行かれた感じだったのかも。

赤い幕の中央が綺麗なドレープを作って引き上げられたその奥、
蒼い光の中にいたのは、光を弾く漆黒のグランドピアノに向かう中川晃教でした。
そして始まった、♪I WILL GET YOUR KISS 。
硬質な輝きのあるピアノの音。
その音と時に融合し、時に反射しあうアッキーの歌声。
彼のデビュー曲―――彼の、原点。
きっと今の彼だったら紡がない、どこか夢見がちで幼い言葉たち。
でも、今のアッキーだから届けられる、新たな深淵―――
もともと好きな曲ではあるのだけれど、なんだか昨日はちょっと受ける印象が違った。
続けて歌われた♪愛したあなた へのつながりもなんだかとても自然で・・・
気持ちも身体も全部引き寄せられるように、息をのんで見つめてしまいました。
うん、たぶんちょっと呼吸数減ってたと思う(笑)。
その後のMCがいつものアッキーで(え)、なんだかちょっとほっとしてしまいました(笑)。

この日の衣裳は、蒼いジャケットに白いシャツ、黒いベストに黒いパンツ、銀色の靴・・・と、ストゥール、だったかな?
ストゥールだけ前日と違う、と言ってたけど、3日間でそういう変化だったのかな?
前半、ストゥール、ジャケット、ベストとどんどん脱いでいって、何ごと?と思いました。
ノースリーブな感じの白いシャツでの時間が一番長かったのだけど、
とりあえず、アッキーの腕がどんなに綺麗なのかを実感いたしました(笑)。
いえ、ピアノを弾いているとき、位置的に私の真正面だったんですが、
右腕の筋肉の動きの滑らかさとか力強さとかめちゃくちゃ綺麗だったんですよ!
もともとピアノ弾きさんの手って綺麗だよなあ、と思っていたのですが、
まさか上腕前腕の筋肉の美しさにうっとりする日が来ようとは(笑)。
いやでもこれは必見!(え)

そんなこんなで、最初からいろいろ持っていかれちゃったので、
曲順とかの記憶がちょっとどころでなく曖昧です・・・いやでもそれも正しい姿なのかも!(笑)
というわけで、個人的に印象に残った曲について順不同に書いていこうかな、と思います。

最初のMCの後に歌ったのが、♪旅人 。
夏のPOP SSICコンサートに行けなかったので初めて聞きましたが、めちゃくちゃいい曲!
青空の下、歩き続ける旅人が見る木々の緑、キラキラした木漏れ日、そしてそれを揺らす風―――
歩んでも歩んでも逃れられない不安。
歩んできた道に残した想い。
けれど、その先にあるはずの、未来―――
そういう景色や感覚や感情が、鮮やかなイメージとして伝わってくる感じ。
なんだかもう早々に涙目になりましたよ。
最初はPOPP SSICの曲とは気付かなくて、
終わり間際のベースの音色に、あれ?これ「花のワルツ」?と(笑)。
次のMCで、「POP SSICでは、毎年新しい曲を加えたくて」と言っていましたが、
POP SSICはほんとにどの曲も素晴らしくて大好きです!
来年もコンサートやってくれるのかな。やってほしいな。

POP SSICと繋がる感じ、ということで歌ってくれたのが、ROMからの2曲。
♪君の胸のタトゥー は、ミュージカルの中で聴いたときには、
モーツァルトの奔放さとか無邪気さだけでなく、危うさのようなものが強く感じられて、
楽しい旋律とは裏腹に、ちょっといたたまれない感じがあったのですが、
単独で聞くと、なんというか凄く明るい恋の歌で、ちょっと不思議な感じでした。
♪殺しのシンフォニー はがらっと印象が変わってびっくり!
照明の影響もあるのだとは思いますが、なんというか凄い色気だった・・・
ミュージカルも観ているし、役柄とかシチュエーションとかの知識はあるわけなのだけど、
そうではなく独立した1曲として、また別の魅力を見せてもらった気がします。
で、続けて歌ってくれた♪Stereo Voice もめちゃくちゃかっこよかった!
この3曲は、バンドのみなさんが手加減なしで演奏し合ってくれてる感じで、
時々アッキーを通り越して視線が行っちゃいました(笑)。
そういえば、ギターの方、クラシック・エレキあわせて5個ぐらいギターが並んでましたが、
曲に合わせて使い分けてたんでしょうね。
ギターの音はまだまだ未知の世界なので、ちゃんと確認できなくて残念でした!
♪マタドール でのギターと歌のセッションもかっこよかったなーv
ギターの方が凄く楽しそうなのも印象的でしたv

♪Home はこの後だったかな?
「The Wiz」について少し話してくれて(これ、ほんとに名盤!)、
物語というか役柄を説明してくれるときの仕草が可愛かったーvv
残念ながらこれまで舞台として接する機会がなかったのですが、来年のクリスマスはやってくれるのかな?
それを見越して来年の年末はあけておこうかなー・・・って、もう1年後の話ですか(笑)。
で、♪Home 。
いろんな出来事のあった旅をしてきたあとに歌われる歌なのでそのつもりで聴いて、と言っていましたが・・・
いやー、沁みた・・・
♪旅人 もそうだし、♪マイソング や♪Miracle of Loveで もなんだけど、
今回のコンサートはアッキーの中にある"ふるさと"というか"帰り着く場所"というものを強く感じました。
それは、まさに文字通り故郷や家という帰る場所、あるいは生まれ育った場所でもあるし、
それとは違う次元の魂や心の深いところに根ざしたもの―――場所だけでなく、音楽や言葉や思い出や人・・・
そういうものなのかもしれない。
人生はよく旅に例えられるけれど、その旅の果てにある、帰り着く場所。
懐かしく、愛しく、大切な―――そんな場所。
行く先が見えながら、でも旅の途上にあるような♪Home の歌詞とアッキーの歌声を聴きながら、
なんだかそんなことをとりとめもなく考えました。
で、アッキーの歌声は、私にとって"帰り着く場所"のひとつなのかもしれないな、と、そんなことも思いました。

♪ JUST CALL MY NAME は、疲れてるときに聴きたくなる曲なのですが、
でもって、今年も何度も助けられましたが(笑)、
今回聴いていて初めて、この曲は恋人を励ます曲というだけでなく、
そうすることで男の子自身が救われ、そして強くなっていく曲なんだな、と思いました。
・・・って今更ですか?(笑)

前半はそんな感じでしみじみ聞かせる曲(ROMの曲は体が動いちゃいそうでしたが/笑)が多かったのですが、
後半、というか終盤は、立って乗れる曲が続いたかな。
♪COUNT UP MY LOVE 、大好きな曲なのでめちゃくちゃテンション上がりましたv
♪WHAT ARE YOU AFRAID OF は、コールアンドレスポンスがあったことを、その場で思い出しました(笑)。
ちょっとフライングしちゃったけど、許してください(笑)。
♪ CHINA GIRL は、個人的にはじっくり聴きたいタイプの曲だったので、
手拍子がおざなりになっちゃった・・・ごめんなさい。

終盤、いろんなことを頑張った私たちのために、と♪ユーアーザ スーパースター を前半アカペラで歌ってくれました。
凄い優しくて、凄く強い歌声で・・・なんだかね、ほんとに1年頑張ったご褒美をもらった気持ちになりました。
たくさんの喜びや幸せをくれたアッキーに、私のほうがお礼を伝えなきゃいけないのに、
最後の最後までアッキーにはもらってばっかりだったなあ・・・


で、アンコール。
舞台上のカメラが客席のほうを向いていたので、きっと客席からくるんだな、と思ったらあたりでしたv
曲は♪SUNSHINE 。
いやー、アッキーの歌声も弾むみたいだったけど、
アッキーを見つめるみなさんの笑顔がほんとにキラキラしてて、私がめちゃくちゃ幸せな気持ちになりました。
時々、一人の人を見つめるように歌うときもあったのかな。
きゃーvという声が聞こえたりしててv
最前列前の通路も通ってくれたのだけど、あんまり間近に来られるとどうしていいか分からなくなっちゃうので、
さらっと通り過ぎてくれてよかった(笑)。

舞台上に戻ってから、バンドメンバーの皆さんの紹介。
ソロ演奏みたいな感じもあって、凄く楽しかったです。
というか、みなさん大人なのに少年みたいな笑顔が凄い素敵だったv

アンコールはもう1曲、♪マイソング 。
ミラーの反射が綺麗でしたv

で、ダブルアンコールで演奏してくれたのが、♪Miracle of Love の弾き語り。
この日だけ販売の黄色いTシャツに着替えてきてました。
袖で、顔を拭いて着替えて・・・で忙しかったんだ!というのをジェスチャーでやってくれて、可愛かったv
今回は、アッキー的にはとにかく観客と一緒に楽しみたい、という気持ちが強かったのかな。
途中のMCでも、2階席3階席まで煽るような言葉もあったし。
で、この日は(も?)アッキーが満足できるようなレスポンスがあったのかしら。
凄く嬉しいので(幸せなので、だったかな?)この曲をやらせてください、と言って歌ってくれました。
去年までは、この曲を聴くと号泣してたのだけど、
今年になってからは何故か涙よりも笑顔の方が湧き上がってくる感じ。
未来を見据える眼差しとか、決意とか、そういう強い気持ちの方が、
今の私には届きやすいのかもしれないなあ、と思ってみたり。
一つの曲でもこんな風に届ける側も受け取る側も変わっていくことが、
なんだかとても素敵なことのように思えました。

そんな感じであっという間の2時間強でした。
本気で、アンコール前にアッキーが引っ込んだ時点でまだ半分くらいかと思った。
素で「衣裳変え?」と思ったもの(笑)。
アッキーももっと歌っていたかったっぽいなあ、なんて思ったのだけどどうかな?
とにかく、1年の最後に最高に幸せな時間とプレゼントしてもらいました。
バンドのみなさんと並んで挨拶するアッキーに、せっかく最前列なんだから「ありがとう」って伝えたかったけど、
なんだかもう声にならなくて、とにかく笑顔で拍手するしかできなかった。
あ、そういえば、今年はアッキーに直接気持ちを伝えたい、と思ってたんだけど、
結局そういう機会はなかったなあ。
来年の目標にFCイベント参加を入れておこう!(笑)


そうそう、この回たくさんカメラが入ってました。
お、DVD化されるのかな?と最初嬉しく思ってたんですが、
舞台奥から撮影するカメラに気付いたとき、ちょっとどうしようかと思いました。
最前列、映るよね・・・?って(笑)。
でも、始まっちゃったら、カメラのことは忘れちゃった!
某ベーシストくんの教えの通り、舞台と自分1対1で、でも周りに迷惑はかけずに気をつけながら、
好きなように身体を動かして、好きなように腕を上げて、好きなように手拍子して、思いっきり楽しみました。
DVDが発売されて、万が一、最前列でノリノリなおばさんが映ってたとしても、
どうかみなさん、ぬるくスルーしてくださいねー(笑)。
でもこのコンサート、劇場なだけあって、照明が凄く凝ってて綺麗でした。
後方席から見たら、最前列とは違う空間を感じられたんだろうな。
というわけで、DVD化、お待ちしておりますv

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みずたましまうま
2013年12月31日 23:11
ステキなコンサートだったんだなぁ、って読んでいるだけで幸せな気分になりました。
「WIZ」のCD,買っちゃいましたー!(笑)
ゆっくりじっくり、受け止められたら…と思ってます
(チェスコンで久々に生アッキーの歌声を聞いたら、やっぱりCDじゃ物足りなくなっちゃいそうですけど)
恭穂
2014年01月03日 15:42
みずたましまうまさん

はい。とっても素敵なコンサートでしたv
「The Wiz」はいかがでしたか?
みずたましまうまさんに気に入っていただけたら嬉しいですv
この演目は、彼のライフワークなのだそうです。
私もまだ生で聞いたことがないのですが、
毎年演じたい、とコンサートで言っていたので、
いつか是非ご一緒したいですねv

この記事へのトラックバック