リミッター解除の果て

今年はリミッター解除して、本も舞台も音楽も、気になったものはなるべく体験してみようと決めてみました。
結果、たくさんのものに出会って、ものすごく世界が広がった気がします。
この年になっても新しい世界が広がるのって、なんだかとっても嬉しいですねv
そういう出会いには、たいてい誰かとの出会いややりとりもあるわけで。
人見知りはどうやっても治りそうにない私ですが(笑)、
でも、リアルで、ネットで、いろんな人と出会ったり交流できたのも、とても幸せなことだな、と思います。
本当に、多方面に感謝です!

さて、では一応恒例の1年の総括に。
今年も記録更新なるか?!(笑)


・「Daddy Long Legs」
・「シラノ」  濱田+田代×1、彩吹+平方×1
・「ZIPANG PUNK~五右衛門ロック」 ×3
・「祈りと怪物 ~ウィルヴィルの三姉妹~」 Ninagawa version
・「100万回生きたねこ」 ×2
・「ロックオペラ モーツァルト」 ルージュver.  東京×1、大阪×2
・「ロックオペラ モーツァルト」 インディゴver. 東京×1、大阪×1
・「アンナ・カレーニナ」 
・「屋根の上のヴァイオリン弾き」
・「Thrill me」 Bペア ×2
・「Thrill me」 Cペア ×2
・「ウェディング・シンガー」 
・「私のなかの悪魔」 ×2
・「銀河英雄伝説 第三章 内乱」 ×2
・朗読活劇 レチタ・カルダ 「沖田総司」
・「トゥモロー・モーニング」
・「ヘンリー四世」
・「今ひとたびの修羅」
・「木の上の軍隊」
・「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 ×2
・「天翔ける風に」
・「レ・ミゼラブル」 東京×2、大阪×1
・「シルバースプーンに映る月」
・「ドリアン・グレイ」 ×2
・「盲導犬」
・「非常の人 何ぞ非常に」
・「あかい壁の家」 ×2
・「春琴 shun-kin」
・「宝塚BOYS」 ×2
・「二都物語」 ×2
・「ジャンヌ」
・「ヴェニスの商人」
・「ロミオ&ジュリエット」 ×5
・「next to normal」
・「ムサシ ロンドン・NYバージョン」
・「それからのブンとフン」
・「SONG WRITERS」 ×3
・「ショーシャンクの空に」
・「イーハトーボの劇列車」 ×2
・「鉈切り丸」
・「メリリー・ウィ・ロール・アロング」 ×2
・「MIWA」
・「スクルージ」
・「CLUB SEVEN 9th stage」
・「CHESS in Concert」 ×2
・「モンテ・クリスト伯」

というわけで、44演目73公演でした。
一演目のキャスト違いを観るのが結構あったので、演目数は少なめ。
公演数は、リミッター解除のわりには去年とそんなに変わらなかったなあ、なんて一瞬思ったのですが・・・

・MASAYUKI DEGUCHI 2013 SPRING ~アンプラグドライブ
・UNISON SQUARE GARDEN “CIDER ROAD” TOUR 2013
・三大ミュージカルプリンスコンサート StarS
・中川晃教コンサート2013『I Sing』
・UNISON SQUARE GARDEN  fun time HOLIDAY 5
・LIQUIDROOM 9th ANNIVERSARY presents "UNDER THE INFLUENCE"
・ゲシュタルト、崩壊!!(ポラロイズ)
・ポラロイズ出演のライブ
・中川晃教コンサート2013『I Sing ~Be Happy~』

ライブやコンサートを足したら去年より多かったです(笑)。
体調不良で行けなかったライブとかもあったので、やっぱり解除なだけあったかと・・・

とりあえず、個人的に今年の一番の出来事は、UNISON SQUARE GARDENへの嵌りっぷりですかねー。
いやもうほんとにこんなにも嵌り込むとは思ってもみませんでした。
去年の今頃はそこまでじゃなかったので、1年足らずでがーっと深みにはまったわけなのですが、
でも、それが今年の私にとっては必然だったんだろうな、と今となっては思います。
彼らの音楽に出逢ったことで、いろんな意味でモチベーションが上がったし、いろんなところで助けられた。
ライブを自分から全身で楽しんでいく充実感や幸福感を知ることもできました。
その結果として、アッキーや出口さんのコンサートやライブへの向き合い方も少し変わったかも?
そして、彼らをきっかけにバンドサウンドに改めて興味が出たことで、
旧友と親交を深めることができたり、彼女をきっかけに素敵なバンドに出会えたりもしました。
それもとっても嬉しかったなv
そして何より、彼らがこれから創り出す"世界"を旅することが―――旅できることが、
嬉しくて、幸せで、楽しみで楽しみで仕方ありません!


さて、では今年出会った舞台の中から、恭穂的ベスト3を。

「春琴 shun-kin」
 :あのしんとした空間の深さ、濃さ、闇さ―――今思い返しても自分の中のどこかが震えます。
  たった一度の邂逅で、こんなにも深く根ざすような印象を残す舞台はめったにないかと。
  いつかまたあの空間に沈みこむ瞬間が来ることを願って止みません。

「ショーシャンクの空に」
 :なんとなく観にいった舞台で、もの凄い衝撃を受けました。
  物語の力、役者の力、脚本の力、演出の力、そしえて演劇の力―――
  たくさんの良質な"力"をまざまざまと見せられた演目でした。
  こういう出会いがあるから、観劇はやめられないですv

「ロックオペラ モーツァルト」
 :3つ目はかなり悩んだのですが、やっぱりこれは外せないかなあ、と。
  「ショーシャンクの空に」とはまったく別の方向で、
  関わる人たちの本気と実力と挑戦を感じたミュージカルでした。
  そして、アッキーの"モーツァルト"に対する私の中のしこりを溶かした作品でもありました。
  冷静に思い返してみれば、納得行かないところとか、これはどうなの?って思うところもあるのだけれど、
  でも、ものすごいパワーと愛情に溢れた作品だったことは確かで。
  主役二人の役代わりもあるしなかなか難しいとは思いますが、
  この作品はまた是非再演していって欲しいな、と思います。


で、最後まで3つ目で悩んだのが「私のなかの悪魔」
とても上質な作品で、強く印象に残っています。
が、いかんせん洋さんの舞台復帰(だよね?)作ということで、冷静でなかった部分もありまして(笑)。
でも、やっぱり舞台の上の洋さんがほんとにほんとに大好きだということを再認識いたしました。
映画や映像の情報はぽつぽつ出てきていて、それも嬉しいのですが、
年に1回くらいは舞台に出てくれると嬉しいなー。


さて、そんなこんなで今年も無事に納めることができました。
お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。

世界には、きっと私の知らないことはまだまだたくさんあって。
というか、生きている間に出会えるものはものすごく限られている。
それはちっぽけな一人の人間としては仕方のないことなのだけれど、
でも、だからこそ、その中で出会えた奇跡を大切にしながら、
出会えたことに感謝して、出会えた理由を考えて、
自分の心に、身体に、魂のような根源的な部分に響いてくる"何か"と、
畏れずに躊躇わずに、喜びと愛しさと感謝をもってこれからも向き合っていけるといいなあ、と思います。
というわけで、来年も体力気力財力の続く限り、リミッター解除していきます!

そんな暴走気味な私ですが、来年も呆れずお付き合いいただけると嬉しいです。
そして、来年もみなさんと一緒にたくさんの素敵な何かに出会っていけますように。
どうぞ、よいお年をお迎えください!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

みずたましまうま
2013年12月31日 23:31
今年は、2月に久しぶりにお会いできて嬉しかったです!
あの時はほんとに楽しかった(^^♪
自分が行けない時も、見られない舞台も
コメントできなくてもこちらを読ませていただいて、楽しませていただいていました。
今年もおすそ分け、ありがとうございました。

自分の観劇まとめは年が明けてからになりそうな
ダメな大人の私ですが(笑)
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
来年は1月のPGC以外と2月のユニゾンライブ以外は
まだ全然予定が立てられていないのですが
来年もまたお会いできたらいいなぁ(*´▽`*)

Twitterやブログでも、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
恭穂
2014年01月03日 15:40
みずたましまうまさん

明けましておめでとうございます!
お返事が遅れてしまってすみません。

去年は久々にお会いしておしゃべりできて楽しかったですね。
来年は是非またお会いできますように。
1月のPGC、どうにか行けないか、今ちょっと画策中です(笑)。
ユニゾンライブも楽しんでいただけると嬉しいなあ・・・!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
花梨
2014年01月03日 23:41
恭穂さま

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

73公演は凄いですね。
好きな演目って、リピートしたくなりますよね。
「ロックオペラ モーツァルト」の5回は羨ましい限りです。
再演を待ち望んでいる演目です。

「春琴」は私の中では別格、すでに伝統入りです。

今年は劇場でお会い出来ると良いですね!
お体に気を付けて、観劇ライフ頑張ってくださいね。
感想を読むのを楽しみにしています。
恭穂
2014年01月04日 20:34
花梨さん

明けましておめでとうございます。
「ロックオペラ モーツァルト」は、上演期間が短すぎましたよね。
衣裳もセットも豪華でしたし、また是非再演して欲しいですね。
できれば夏休みに(笑)。

今年もお互い素敵な舞台に出会えるといいですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
スキップ
2014年01月05日 18:13
恭穂さま
ご挨拶が遅れましたが、
あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

恭穂さんのリミッター解除編を拝見していて
一番に感じたのはリピートが多いこと。
好きな舞台って何度も観たくなりますし
ミュージカルではWキャストやトリプルキャスト
という場合もありますが、このリピ率の高さ(笑)
はうらやましいです。
今年はぜひそんなお話もゆっくりさせていただける
機会があればいいなぁ。
昨年あんなにニアミス続きだったので今年はどこか
でお目にかかれると信じて。

お互いに今年もよい舞台にたくさん出会えますように。
恭穂
2014年01月05日 19:31
スキップさん

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

確かに改めてみるとリピートが多いですね(笑)。
複数キャストですと、どうしても繰り返し観たくなりますし、
アッキーの舞台は複数回観ないと、最初は歌声に持っていかれて、
舞台そのものをきちんと見ることができないので(笑)。

去年は本当にニアミスが多かったので、
今年こそスキップさんとゆっくりお話できる機会をもてれば嬉しいですv
大阪遠征もすると思いますので(笑)、
タイミングが合いましたら是非!

この記事へのトラックバック