今年のキーワード

今年も明日で終わりですね。
今年は仕事のお正月休みが最短の6日間なのですが、もう1/3終わっちゃった!
年々時間が過ぎるのが速く感じるようになってきましたが、今年もほんとに速かった・・・(笑)
でも、今年観た舞台を振り返ってみると、なんだかずいぶん前に見たような気持ちもしてみたり。
時間の感覚って、一定ではないのだなあ、となんだかしみじみ思ってしました。

というわけで、今年の総括いってみます!
まずは、今年観た舞台。

・「花より男子 The Musical」
・「元禄港歌 ~千年の恋の森~」
・「逆鱗」
・「ピアフ」
・「コウノトリの小さな鞄」
・「GEM CLUB」
・「ETERNAL CHIKAMATSU」―近松門左衛門「心中天網島」より―
・「さよならソルシエ」×2
・「乱鶯」
・「猟銃」
・「グランドホテル」 GREEN×3
・「グランドホテル」 RED×2
・「アルカディア」
・「1789 ~バスティーユの恋人たち~」×4
・「刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺」(ライブビューイング)
・「尺には尺を」
・「Tell Me on a Sunday ~サヨナラは日曜日に~」
・「あわれ彼女は娼婦」×2
・「JERSEY BOYS」 TEAM WHITE×2
・「JERSEY BOYS」 TEAM RED
・「エリザベート」×2
・「王家の紋章」×4
・「市村座」
・「クレシダ」×2
・「ミス・サイゴン」
・「あずみ 戦国編」
・「MURDER BALLAD」×2
・「刀剣乱舞」~幕末天狼傳~ ×2(1回はライブビューイング)
・「ヘンリー四世」第一部 ―混沌―
・「ヘンリー四世」第二部 ―戴冠―
・「RENT 20TH ANNIVERSARY TOUR」

以上、30演目、47公演でした。
このブログを始めてから、初めての前年割れ!(笑)
まあ、今年は諸事情でチケットをとりつつ諦めた舞台が結構多かったので、そのせいもあるかな。
多分、チケットとった分は、去年とあまり変わらなかったと思います。
やむを得ない事情とはいえ、空席を作ってしまったのは、本当に悔やまれるところ。
チケットの譲渡について、いろいろ言われる昨今。
どんなにスケジュール帳とにらめっこしても、
どうしたって半年先の予定を完璧に予測するのは難しいですよね。
某ラジオで、フェイスブックとの紐づけで、キャンセルを可能にしたらどうか、なんて意見もでていましたが、
そういうシステムが本当に確立されるといいなあ、と思います。

で、今年の恭穂的ベスト3。

「クレシダ」
 :お芝居を観る喜びを鮮やかに感じさせてくれた舞台でした。
  どの役者さんも本当に魅力的。
  シェイクスピアに関連する舞台で、また洋さんを見ることができたのも嬉しかったし、
  平さんの役者としての在り方に、本当に心惹かれました。
  まさか、これが平さんの最後の舞台になるだなんて、思ってもいませんでした。
  いろんな意味で、本当に宝物のような観劇の記憶になりました。

「グランドホテル」
 :作品としての力強さはもちろんのこと、
  2チームで異なるエンディング、という試みが面白かった演目。
  まったく違う印象を与えながら、二つを見たことで完成したんだ、という実感もある。
  片方を見たらもう片方が観たくなるという、ループに陥りそうになりました(笑)。
  同じエンディングなのに、キャストが異なることで、
  別の舞台を観ているような感覚になったJBとの違いも興味深く。
  (これも素晴らしい舞台でした!が、自分の中でちょっと未消化なので・・・)
  なかなか難しいかもしれないけど、この演目はぜひまた再演して欲しいなあ。

「アルカディア」
 :実は複数回観る予定が1回しか観れなかったこの舞台。
  非常に難解で、正直きちんと理解できたとは全く言えないのですが、
  描き出された静謐で美しい光景が、今も鮮やかに私の中に残っている気がします。
  ミステリーであり、ファンタジーであり、恋愛ものであり、お仕事ものであり・・・
  いろんな要素がありながら、でも後にのこる印象はひたすらに美しい。
  もしかしたら、これは私の思い込みなのかもしれないけれど、
  その答えを知るためにも、またぜひ上演して欲しい舞台です。

次点として、「刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺」を上げておきたい。
ライビュしか観ていないので、ベスト3には入れませんでしたが、
正直今年一番嵌ったのがこの舞台な気がします(笑)。
ゲームがもともと好き、というのもあるのだけれど、
ゲームをしていない人でも十分に楽しめるクオリティだと思う。
舞台としての脚本、演出、役者さんの見せ方、そして、役者さんの真摯さや熱量、
どれも本当に素晴らしかった!
もう、何度DVDを見返したことか(笑)。
この舞台で、以前心惹かれた役者さんにまたよろめいたのも嬉しかったりv
再演のチケットは見事に玉砕して、自分のチケ運のなさを嘆く日々だったわけですが(笑)、
きっと長く上演されるコンテンツだと思うので、いつか生の舞台を観てみたいなあ、と思います。

私が「2.5次元」という言葉を知ったのは去年か一昨年だと思うのだけど、
今年は2.5次元、というかいわゆる漫画やゲームを原作とした舞台を幾つか見る機会がありました。
良くできているなあ、と思うものもあれば、なんとなく釈然としないものを感じる舞台もあったし、
東宝で作る2.5次元系の舞台と、いわゆる元祖2.5次元な舞台との差異にもやもやした時もありました。
ジャンルとしての定義を私はしっかり把握しているわけではないのだけれど、
原作物の場合、舞台化にしろアニメ化にしろドラマ化にしろ、
そうするだけの必然性と説得力を見せてほしい。
たぶん、私が求めているのはそういうことなんだろうな、と思います。
そういう意味では、刀ステも刀ミュも、それから「さよならソルシエ」もとても良い舞台だった。
役者さんも、若いイケメンくんばっかりでちょっとキラキラさに負けそうになるけど(笑)、
ああ、いい表情をする役者さんだなあ、胸に届く歌声のある子だなあ、と注目したい子もちらほら。
2.5次元出身で東宝系の舞台で大きな役をする子も沢山出てきているし、
ある意味注目ジャンルなのかもしれませんね(いまさら?/笑)
願わくば、そういう若い彼らが、ただ消費されるだけの存在になることなく、
大切に育てていってもらえますように・・・

というわけで、今年の私のキーワードは「2.5次元」でした!(笑)


続きまして、コンサート・ライブ。

・KOHKI OKADA presents I Love Musical
・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2015-2016「プログラムcontinued」NHKホール
・SCHOOL OF LOCK × 進研ゼミ presents Whistle Song 2016
・I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER 【盟友編】
・UNISON SQUARE GARDEN「UNICITY Vol.1.5」
・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr. Izzy」 オリンパスホール八王子
・BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “ BFLY ” FINAL
・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr. Izzy」 中野サンプラザ
・中川晃教弾き語りコンサート2016 HAKUJU HALL
・中川晃教 15th Anniversary Live 「I SING~Crystal~」
・KENJI URAI 15th Anniversary Concert 「Wonderland」
・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr. Izzy」 桐生市民文化会館
・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr. Izzy」 栃木県総合文化センター

・・・今年も見事にユニゾン中心ですな(笑)。
でも、本当に彼らのライブは見るたびに“最高”を更新してきてくれるので、
多分来年も追いかけていくんだろうなー・・・体力の続く限り(^^;)
今年は小さなライブハウスには1回も行く機会がありませんでしたが、
インディーズで好きなバンドくんが新譜を出してくれたりしたのも嬉しかったv
新しいものに出会う機会は年々減っていくのかもしれないけど、
こんな風に好きなものが少しずつでも増えていくのって、本当に幸せだと思います(*´▽`*)
アッキーや浦井くんのコンサートも、最高に素敵な時間でした。
それぞれの魅力をしっかりと見せてくれる構成なのが、それぞれにとても見ごたえ聞きごたえあり!で。
こんな風に大規模なコンサートはなかなか大変なのかもしれないけれど、
コンスタントに続けてくれると嬉しいなあ、と思います。


そんなこんなで、今年もたくさんの幸せな時間を過ごさせていただきました。
最近ちょっとブログもTwitterも放置気味だったり、観劇ファンのみなさまにお会いする機会が減っていたりで、
特に年後半はこっそり引きこもり気味ではありましたが、
来年はきっとリバウンド的に観劇が増える・・・のではないかと思っています(笑)。
マイペースな私ではありますが、またみなさまといろいろお話できる機会があることを祈りつつ、
今年の締めとさせていただきたいと思います。

今年も、本当にお世話になりました。
喪中のため、新年のご挨拶は遠慮させていただきますが、
みなさまに良いお年が訪れますように!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

スキップ
2017年01月02日 01:29
恭穂さま

あけましておめでとうございます。

いつも楽しみに読ませていただいている恭穂さんの観劇記
こうしてリストアップされると、重なっているものも多い
ですが、それ以上に私が未知のジャンルも多くて、やはり
とても興味をそそられます。

「クレシダ」も「グランドホテル」も「アルカディア」も
とても印象に残るよい舞台でしたね。
そしてこれを読んでいるとモーレツに恭穂さんとお話が
したくなります(笑)。
今年はぜひまたお会いしたいなぁ。

2017年も公私ともに充実したよい年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
スキップ
2017年01月02日 01:31
恭穂さま

ごめんなさい。
最後のフレーズを読み落としていました。
新年のご挨拶、控えなければなりませんでしたね。
大変失礼いたしました。
恭穂
2017年01月03日 22:21
スキップさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
一昨年辺りからちょっと観劇の方向性が変わってしまっていて…(^^;)
でも、未知のジャンルに興味を持っていただけたなら嬉しいです(笑)。

私も、スキップさんのレポを読ませていただくたびに、
お話したいなあ、と思っております。
今年は仕事で西に行くこともありそうなので、
タイミングが合いましたら、ぜひ遊んでくださいね!

今年もよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック