心機一転!

今日、ツイッターで回ってきた占い(@shiitake7919)によると、
2018年の牡牛座は「1回自分の持っているものを0に戻す」年だったのだとか。
鬼のように自分自身を整理整頓した年だったようです。
確かに、そんな感じだったかもしれないなー。
引越しをして、思い切って断捨離した、という物理的な部分もそうだし、
いろんなことがあったはずなのに、自分の中に何も残っていないような不安があるのもそう。
でも、きっと無駄な時間はなかった、と思う。
今私の中にある空白は、新しい何かを受け入れるためのスペース。
そう思って、来年は心機一転、いろんな方たちとお話して、いろんな舞台に出会って、
いろんな音楽に身を委ねて、いろんな物語の世界を旅していきたいなあ、と思います。

さて、最後の整理整頓で、今年の総括行ってみます!

まずは、今年観た舞台。
(ミュージカル関係のコンサートはこちらに入れてます)

・「TENTH」 シアタークリエ
・「ピカレスク♦セブン」 ×2 サンシャイン劇場
・「黒蜥蜴」 日生劇場
・『髑髏城の七人』Season月 下弦の月 IHIステージアラウンド東京
・「TERROR テロ」 紀伊国屋サザンシアター
・成田美名子画業40周年記念「花花能」 GINZA-SIX 二十五世観世左近記念観世能楽堂
・「マタ・ハリ」 東京国際フォーラム ホールC
・『髑髏城の七人』Season月 上弦の月 IHIステージアラウンド東京
・「HEADS UP!」 ×2 赤坂ACTシアター
・「ラ・カージュ・オ・フォール~籠の中の道化たち」 日生劇場
・「Romale」~ロマを生き抜いた女 カルメン~ 東京芸術劇場プレイハウス
・「1789 ~バスティーユの恋人たち~」 帝国劇場
・「PHOTOGRAPH 51」 東京芸術劇場 シアターウエスト 
・「メリー・ポピンズ」 ×2 シアターオーブ
・ミュージカル『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~ ×2(1回はライビュ) TOKYO DOME CITY HALL
・「しゃばけ 参 ~ねこのばば~」 シアターサンモール
・JERSEY BOYS THE MUSICAL IN CONCERT シアターオーブ
・「1984」 新国立劇場小劇場 
・「ヘンリー五世」 新国立劇場中劇場
・『修羅天魔 ~髑髏城の七人 Season極』 IHIステージアラウンド東京
・「モーツァルト!」 ×2 帝国劇場
・「アメリ」 天王洲銀河劇場
・舞台「刀剣乱舞 悲伝 結の目の不如帰」 ×3(2回ライビュ) 明治座
・「シークレット・ガーデン」 シアタークリエ
・「銀河鉄道999 GALAXY OPERA」 ×2 明治座、梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
・「フリー・コミティッド」 DDD青山クロスシアター
・「宝塚BOYS」team SEA×1、team SKY×1 東京芸術劇場プレイハウス 
・朗読劇「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」 オルタナティブシアター
・「GHOST」 ×2 シアタークリエ
・「ナイツ・テイル ―騎士物語―」 帝国劇場
・「メタルマクベス」disc 1  IHIステージアラウンド東京
・リーディングドラマ「シスター」 ×2 博品館劇場
・「ナミヤ雑貨店の軌跡」 足利市民プラザ文化ホール
・「マイ・フェア・レディ」 ×2 シアターオーブ
・「DIVE!!」The STAGE!! THEATER 1010
・「JERSEY BOYS」 TEAM WHITE×1、TEAM BLUE×2 シアタークリエ
・「生きる」 赤坂ACTシアター
・「マリー・アントワネット」 帝国劇場
・「贋作 桜の森の満開の下」 東京芸術劇場プレイハウス
・「No.9 ―不滅の戦慄―」 赤坂ACTシアター
・「メタルマクベス」disc 3  IHIステージアラウンド東京
・「サムシング・ロッテン!」 東京国際フォーラム ホールC

42演目、56公演でした。
もっと少ないかと思ってたけど、結構観てたなー。
ライビュも多かったので、少ないように感じていたのかもしれません。
今年は劇場も入れてみたのですが、帝劇・クリエ・オーブが同点1位でした。
結構いろんな劇場に行ってたんだな、と改めて思ってみたり。
あ! でも、さい芸行ってない!!
一番好きな劇場なのに(^^;)
来年は行けるといいなあ。

では、今年の恭穂的ベスト3!

「TERROR テロ」
 :演目の内容はもちろんのこと、役者さんお一人お一人の在り方も、
  舞台上に創り上げられた何もないはずの空間の重苦しいほどの密度も、
  全てが自分の中に深く残った、そんな作品でした。
  去年に引き続き森さんにやられた感じです。
  私は1度きりの観劇だったのですが、複数回観てみたかった気持ちもあります。
  精神的に凄くきついだろうけれど、自分の中の倫理観の揺らぎに向き合ってみたい。
  再演されることがあったら、頑張ってチケットとります!

「アメリ」
 :自分でもこれを選ぶのか!とちょっと意外なんですが(笑)、
  なんというか、とにかく隅から隅まで可愛くて、そして愛しい舞台でした。
  それぞれのキャストが生き生きしていたのもとても印象的。
  こういう幸せになれるミュージカルが、今年の私には必要だったような気がします(笑)。

舞台「刀剣乱舞 悲伝 結の目の不如帰」
 :ここ2年、次点に入っていたこの演目がとうとうベスト3に入ってしまいました(笑)。
  ゲームにも未だ飽きることなく嵌っているのですが、
  そういうことを差し引いても、演劇的にとても素晴らしい作品だったと思います。
  役者さんたちの役への向き合い方。
  細部にまでこだわり妥協しない演出と舞台造形。
  そして、一つの物語世界としての完成度。
  来年には新作公演があるとの情報があって、
  それがこの物語世界と同じ時間軸なのかはわからないけど、
  彼らが“生きる”この世界を、またぜひ旅してみたいと強く願います。
  ・・・まあ、チケ争奪戦に勝てる気はしないんですが(^^;)

因みに、これを書いている今、TVに刀剣男士が出ていますが、こちらは刀ミュの方。
刀ミュも、とても良くできた舞台で、毎回大泣きしております。
未だ2部のライブにはまだ慣れないんですが、こちらもぜひいろんな方に観ていただきたいなあ、と思います。
来年のマリウスやマーキューシオもいるしね(笑)。


続きまして、ライブ・コンサート。

・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018「One roll, One romance」 幕張メッセ
・中川晃教 Symphonic Concert 2018 Spring has come サントリーホール
・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018「MODE MOOD MODE」 NHKホール
・UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018「MODE MOOD MODE」 群馬音楽センター

うーん、少ないなあ・・・もっと行きたかったなー。
どうしてもコンサート関係は告知が遅くて日程が合わなかったり、
ユニゾンに至っては人気が出すぎてチケットとれなくなっちゃってますからねー。
でも、アッキーもユニゾンも、違う色合いの幸せで私を満たしてくれるので、
来年も頑張ってチケットとって、お休み確保して、飛び跳ねに行きたいと思います(笑)。

そんなこんなで、今年もあと数時間になりました。
今年はブログ放置で引きこもってる時間も結構ありましたが、
観劇を続けている限り、このブログは細々と続けていこうと思います。
舞台から、ライブから受け取ったものを、ちゃんと自分の中の空白に収めていくために。

今年もお世話になりました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
みなさまの新しい1年が、素晴らしいものでありますように!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

スキップ
2019年01月02日 00:13
恭穂さま

あけましておめでとうございます。
コメントをすっかりご無沙汰してしまっていますが、
いつも恭穂さんの感性あふれるレビューを楽しみに
拝読しています。
そして読むといつも恭穂さんと語り合いたくなって
コマル(笑)。

「アメリ」は映画が大好きで、パリに行った時、
アメリのロケ地巡りをしたほどなのですが、
そのイメージ壊されたくなくて舞台は見送った
経緯がありまして、恭穂さんのご感想を読んで
やっぱり観ればよかったなと思いました。

新しい年もたくさんステキな舞台に出会えますように。
そして今年こそまたお目にかかれたらいいなぁ。
恭穂
2019年01月02日 20:01
スキップさん、明けましておめでとうございます。
いえいえ、こちらこそいつも読み逃げ御免!という感じで申し訳ないです。

「アメリ」の映画、お好きだったのですね。
ロケ地めぐり、楽しそうv
映画が好きで舞台を観ない、という気持ちはとっても良くわかります。
でも、スキップさんがどんな感想を持たれるかも気になったり……
再演があったら、ぜひ選択肢に加えていただけると嬉しいです。

今年も、お互い充実した観劇ライフを送れるといいですね。
またお会いできる機会を楽しみにしております!

この記事へのトラックバック