明順応

言葉も希望も約束も。 見えない大切なものを奪われて。 真っ暗な孤独を彷徨っても。 彼らの―――私の眼はあの光を覚えている。 だから。 この暗闇から抜け出したとき。 光に眩んだこの眼がとらえていく世界は。 きっと。 この日の灯りが描いたたくさんの花のように。 ―――美しい。 Halo at 四畳…
コメント:0

続きを読むread more