Happiness

このブログを始めて、気づいたらもう11年が過ぎていました。 再演の舞台の記録を書くとき。 以前観た役者さんの新しい一面を発見したとき。 ふと思い出したとき。 そんな時に、自分の記事を読み返すことがあります。 ああ、この時の自分は、こんなことを想ってたんだなあ、とか、 趣味ってやっぱり年を重ねても変わらないわ(^^;)、とか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉響の縁

夜明け前。 光の生まれる前。 未来の生まれる前。 瑠璃色の空から微かに降り注ぐ、高く澄んだ音。 それは、刹那の時に彼らが紡いだ縁の音。 ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~ 2017.4.23 ソワレ ライブビューイング ユナイテッドシネマ前橋 出演:崎山つばさ、荒木宏文、太田基裕、spi、横田龍儀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こういう時もある。

再演、というのは難しいなあ、と最近良く思います。 初演のリベンジを果たすことができる場でもあれば、 初演を超えることを期待される場でもあり、 初演と同じものを求められる場でもある。 それを逆手にとって、物語を深める舞台もあれば、 同じものを磨き上げる舞台もあり、 全てを大きく変えてくる舞台もある。 どれが正しいとか間違って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春色の一日

遠く冬枯れた山肌に不意に灯る小さな灯りのような桜の花。 その隙間を埋めるように、日々色合いを変えていく新緑の緑。 冬とは違う不透明さが優しい空の色。 空の色を映したかのようなおおいぬのふぐりの小さな花。 風に揺れる一面の菜の花。 柔らかなパステルカラーに彩られた春は、なんだかそれだけで幸せな気持ちになります。 そんな色に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼女の纏う色

小さい頃、ピンクがちょっと苦手でした。 桜などの花や、小物のピンクは大丈夫だったのだけど、服は一切拒否。 幼稚園の発表会(白雪姫だったかな?)で用意されたピンクのドレスが嫌で、 先生に直談判して水色に変えてもらった実績があります・・・って、嫌な幼稚園児だな(^^;) 何がそんなに嫌だったのか、思いつく理由はいくつかあるけれど、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼らの未来形

構成要素は同じ。 でも、向かう未来は―――選ぶ未来は異なって。 それでも、先を歩むその影は、きっと彼らの未来形。 TRICERATOPS "DINOSAUR ROCK'N ROLL 7" 2017.3.17  EX THEATER ROPPONGI Guest: UNISON SQUARE GARDEN …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白刃の無垢

着せかけられた幾重もの衣を取り去ったとき。 そこに残るのは、一振りの刀の、無垢な真実の姿。 ミュージカル『刀剣乱舞』 ~三百年の子守唄~ 2017.3.18 ソワレ AiiA 2.5 Theater Tokyo 4列30番台 出演:崎山つばさ、荒木宏文、太田基裕、spi、横田龍儀、財木琢磨、鷲尾昇、大野瑞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

捏造された、彼の人生。 彼の想い。 彼の狂気。 彼の切望。 彼の絶望――― でも、その中にたった一つだけ刻み込まれた、真実。 ミュージカル「さよならソルシエ」 2017.3.17 マチネ シアター1010 18列10番台 原作:穂積「さよならソルシエ」 脚本・演出:西田大輔 音楽:かみむら周平 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

破綻の魅力

暑さ寒さも彼岸まで、と言いますが、ここ数日で一気にいろんな花が咲き始めて、 一気に春になったような気がします。 まあ、今日は風が強かったですが(^^;) ホトケノザの紫が一面に広がるのを見ると、春だなあ、と実感します。 河津桜はいつの間にか満開で、桃のピンクと競っているし、 木蓮の花芽は日に日に膨らんできているし、 染井吉野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓標

裏庭の片隅。 白い花が咲き乱れるその場所に眠るのは。 白い小さな命の真っ白な小さな骨。 そして。 幻のように消え去った“彼”がそこに残した記憶の欠片。 「アルジャーノンに花束を」 2017.3.11 マチネ 天王洲銀河劇場 1階F列30番台 2017.3.11 ソワレ 天王洲銀河劇場 1階A列10番台 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

水底の物語

その水の底に潜むのは。 決して捕まえることのできない大きな魚。 空っぽになったかつての故郷。 そして―――一人の男の、物語。 「ビッグ・フィッシュ」 2017.2.12 ソワレ 日生劇場 1階M列20番台 2017.2.26 マチネ 日生劇場 2階D列20番台 出演:川平慈英、浦井健治、霧矢大夢、赤根那奈、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死の黒い翼

空を切り裂くその白い手の先を黒い鳥が羽ばたいた。 それは、全てを覆い尽くす死の翼。 「ロミオ&ジュリエット」 2017.2.12 マチネ 赤坂ACTシアター 2階C列10番台 出演:古川雄大、木下晴香、馬場徹、平間壮一、渡辺大輔、大貫勇輔、香寿たつき、シルビア・グラブ、    坂元健児、阿部裕、秋園美緒、川久保…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同じ空の下で

ずいぶんブログを放置してしまいました・・・ 実はPCの液晶を割ってしまいまして(^^;) 修理に出していたのですが、手元に戻るのに3週間もかかってしまいました。 ・・・いえ、実は2週間前にはお店に届いていたらしいんですけどね。 お店の手違いというか怠慢で、2週間連絡がもらえてなかったことが判明しまして。 目安の2週間+数日たっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余白の誘惑

全てが作りこまれた完璧なものの美しさには、感嘆するし圧倒される。 でも、隙のある、完璧ではないものにも心惹かれる。 それはきっと、その余白に隠された何かを感じるから。 その余白に、自分の心を忍ばせることができるから。 「フランケンシュタイン」 2017.1.28 ソワレ 日生劇場 GC階A列50番台 出演:中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

彼女の明日

明日には――― そう、彼女たちは歌いました。 一人の役者が演じる、全く異なる二人の女。 その女たちが望んだ“明日”は、どんな色の夜明けだったのだろうか。 「フランケンシュタイン」 2017.1.28 マチネ 日生劇場 GC階A列一桁台 出演:柿澤勇人、小西遼生、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ、朝隈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死の白い面

その街の片隅で。 その街の闇を纏い。 その街の命に忍び寄る。 “死”の影が覆うのは誰? 「ロミオ&ジュリエット」 2017.1.22 ソワレ 赤坂ACTシアター 1階T列一桁台 出演:古川雄大、生田絵梨花、馬場徹、小野賢章、広瀬友祐、大貫勇輔、香寿たつき、シルビア・グラブ、    坂元健児、阿部裕、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最初の記憶

一人の青年の中の、天才という“怪物”。 その“怪物”が創り出した、孤独な“生命=怪物”。 二人の“怪物”が辿り着いた世界の果て――― 「フランケンシュタイン」 2017.1.22 マチネ 日生劇場 1階B列20番台 出演:中川晃教、加藤和樹、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ、朝隈濯朗、新井俊一、    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瓦礫の薔薇

焼け落ちた城の瓦礫の中。 小さな炎のように咲く真っ赤な薔薇。 それはきっと、誰かに向かう彼らの想いの名残。 「フランケンシュタイン」 2017.1.21 ソワレ 日生劇場 1階I列30番台 出演:中川晃教、小西遼生、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ、朝隈濯朗、新井俊一、     後藤晋彦、佐々木崇、当銀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野望のその先

1月もあっという間に下旬になってしまいましたね。 雪に翻弄されたり、仕事に忙殺されたりしていましたが、 今月は後半に観劇を詰め込みました(笑)。 久々の観劇な週末、さすがにマチソワ×2はきつかったけど、 ミュージカルが好きで、観劇が好きで良かったなあ、と改めて感じることができました。 そんな週末の記録をぼちぼちと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眩暈

その涙を流したのは、 その願いを叫んだのは、 その疵を受け止めたのは、 その手を取ったのは、 その笑顔を向けたのは、 その物語を生きたのは――― もしかしたら別の“彼ら”。 舞台「刀剣乱舞 虚伝 燃ゆる本能寺」 2017.1.17 ソワレ 大阪メルパルクホール(ユナイテッド・シネマ前橋 スクリーン7 O列…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more