テーマ:高橋洋

言ってもしかたないですが・・・

暑い! ですねー。 夏が苦手で、且つクーラーが苦手な私には、本当にキツイシーズンになりました。 劇場もクーラーがガンガンにかかってますしね。 あの外との気温差がもうとんでもないです。 でも、それでも劇場通いはやめられないんですけどね(笑)。 なんたって、私の元気の元ですから! 「道元の冒険」 2008.7…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

見たいポイントが多すぎるのもちょっと困る・・・

というわけで、「道元の冒険」観劇記録その2ミーハー編役者さん編ですv たぶんかなり暴走しますが、暑さのせいにしておいてください。。。 さてこの舞台、基本的にはみなさん坊主の鬘です。 木場さんだけが地頭(え)だったかな。 鬘といっても、チラシのように境目がわからないような精巧なものではなくて、 端っこは浮いてるは、動きで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

坐してみる夢

”笑い”にも、いろいろなものがある。 例えば。 おなかの底から大笑いして、心も身体も元気になっちゃうような”笑い”。 くすくすと密やかで、でも心がほっこりあったかくなるような”笑い”。 沢山の涙を流しながら、自然に込み上げてくる優しい”笑い”。 鈍い痛みを伴う、片頬だけを歪めるような”笑い”。 そして、反射的な笑いのあと…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

可愛いv

と、思ってしまいましたのよ。 なにをって・・・ 洋さんの喋り方!(笑) 待ちに待った、「おけぴdeシアターFゲストコーナーを聴こう」を聴いた、最初の感想がこれだったの。 同い年の、30代半ばの男性に言うのは、本当に失礼だとは思うのですが、それでも、 この可愛い喋り方は一体なんなんですか?! それこそ植本さんの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

寝る前に・・・

ちょっと叫んでもいいですか? 高橋洋さん、ラジオ番組出演です!! Rayさまの「おぼへ。」で教えていただきました。 素敵な情報をありがとうございます! エフエム世田谷(83.4MHz)で毎週水曜日21:00pmから放送中の、 「世田谷的演劇案内 Theater F」だそうです。 コミュニティFMなのでリアルタイム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

落胆と歓喜

が、いっぺんにやってきました・・・ まず落胆から。 彩の国シェイクスピアシリーズ第20弾「から騒ぎ」の配役に、 洋さんの名前がない・・・!(涙) いえ、そのほかのキャストはめちゃくちゃ豪華で、 これは絶対観にいこう!と思ってはいるのですが、 でも、やっぱり洋さんの名前がないと、ちょっと哀しい・・・ もしかして、「他」に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

補充v

「SP」スペシャルを見ています。 総集編、ということだったので、 たぶん時系列に沿った編集になるだろうなあ、と思ったのですが、大当たりv 冒頭から佐伯氏大活躍! ま、数分間の登場なんですけどね(笑)。 それでも、「リア王」以来の洋さん補充ですv 結局リアルタイムの放送では、洋さんの出た回しか見なかったので(汗)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ふふふふふ・・・v

またしても当直明けで、ちょっとというかかなり壊れてます。 さすがに2時間睡眠後のフル勤務+残業1時間はちょっときつかった・・・(涙) が! 例の「~~からのラブレター」に、「蜷川幸雄演出作品出演俳優からのラブレター」なるものが!! これはやらずにはいられんでしょう!と早速やってみたら・・・ ○ちゃんへ 会う事…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

次の舞台が!!

明日は当直なんだから、もう寝なきゃいけないのですが、 嬉しいニュースその2が飛び込んできたので、ちょっと叫びます(笑)。 洋さん、次の舞台決定です! 「道元の冒険」 作:井上ひさし 演出:蜷川幸雄 出演:阿部寛、栗山千明、北村有起哉、横山めぐみ    高橋洋、大石継太、片岡サチ、池谷のぶえ、神保共子、木場勝己 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青空の向こう側

「リア王」、今日が東京公演の千秋楽でしたね。 お昼ごはんを食べながら、 ああ、そろそろ幕が開く頃だなあ、と心は与野本町に飛んでいました(笑)。 本当に、素晴らしいお芝居を見せていただきました。 蜷川さん、平さんをはじめとした役者さんたち、そしてスタッフの方々に、 心からの感謝をしながら、最後の観劇記録に突入しようと思います。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

落日

今日は、午後だけ有給をいただいて、さい芸まで行ってきました。 だって、今日は終演後に、 グロスター一家のアフタートーク があったんですもの!! これは行かなきゃならんでしょう!(力説) 実は今朝まで迷っていたのですが、 まるで私を後押ししてくれるかのように、年に数回あるかないかの暇々な午前中。 同僚も上司も快く承諾…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

月の明るい夜ですねv

今朝はめちゃくちゃ寒かったですが、 今夜の空気はとても澄んでいて、帰り際にみた月の明るさにびっくりしました。 そういえば、今日は満月なんですね。 冬は、月が地球に近づくから、夏よりも大きく明るく見えるんでしたっけ? うろおぼえな知識なので間違ってるかも(汗)。 でも、こんな月の明るい夜は、なんだか幸せな気持ちになりますね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廻る運命の車輪

舞台は、大きな板張りの引き戸で閉ざされていた。 美しい木目の、けれど温かみのかけらすら感じられない、扉。 その大きさにまず圧倒され、そして、その奥に隠されたものを見たいという気持ちになる。 床にひきつめられた目の粗い土は均されてはおらず、そこここに見られる大小の盛り上がり。 それは、まるで、そこを歩む人の足を阻むかのようで―――…
トラックバック:2
コメント:4

続きを読むread more

見ました!

「SP」見ました!! 最初のシーンから出ていた割には、障害物が多くて焦らされたし(え)、 アップはは多いけど焦点は奥の岡田くんだし、 台詞は少ないし、今回限りの出演みたいですが(涙)、 ちょっとした表情が、やっぱり雄弁だなあ、と思いました。 体力もあるし技もあるけど、ちょっと覚悟の足りない感じの訓練生でしたね。 彼はきっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

今からそんな心配・・・?

わたくしの現在一押し!の役者さん、 高橋洋さん が(意味もなく太字大文字/笑) とうとうTV出演されるとのことです! 出演されるのは、今週土曜日の「SP」第8話。 先日wamさんからいただいたコメントでそれを知ってから、 気持ちは既に土曜日に飛んでいます(笑)。 「SP」は堤さんも出ているし、舞台寄りの役者さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闇の中、花の香り

今回の名古屋遠征で、新幹線の中ずっと聴いていたのは、 「オセロー」の音楽を担当したかみむら周平さんのユニット、White_Classical_Bandでした。 さいたま千秋楽のミニライブでもかなり心惹かれたのですが、 CDで聴いて、更に好きになりました。 叙情的なのに、何処かストイックな印象のある旋律。 優しく繊細な歌詞。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のハンカチ王子は・・・

私の母と祖母は、野球界のハンカチ王子に夢中ですが、 (彼専用の録画用DVDがあるので、筋金入りです/笑) 私のハンカチ王子は・・・ 洋さんに決定です! ・・・って、古いネタですみません(笑)。 いえ、「恋の骨折り損」のDVDを観たのですが、 洋さん、何回か水色のハンカチ(かハンドタオル)をおもむろにポケットから取り出…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

黎明

座右の銘は?と訊かれたら、私はこう答えます。 明けない夜はない。 と。 どん底、と思っても、底まで落ちたらあとは登るしかないわけで。 だから、暗い世界の片隅で一人丸くなって、 ただひたすらに新しい力が生まれてくるのを待ちながら、 何度も、何度も胸の中でつぶやく。 明けない夜は、ない―――と。 けれど、二度…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

オセロー追記

まだオセローを引っ張るのか、と呆れられそうですが(汗)、 ちょっと書きそびれたことがありまして。 というか、役者さんのこと以外、何にも書いてないよね、私。 ので、ちょこっと美術とか音楽とか衣装とかのことを。 演出については・・・ちょっと畏れ多くて書けません(笑)。 今回の舞台、緞帳が降りていたことは最初の記事で書いたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長文体質+深読み体質・・・?(汗)

狡猾。 人を陥れる悪魔的な才能。 姦計。 腹黒い大悪党。 底知れぬ悪意・・・ いろいろなサイトや本のオセローのあらすじにあるイアゴーの形容詞は、 こんな感じのものばかりでした。 確かに、蜷川さんの「オセロー」の舞台でも、 高橋洋さん演じるイアゴーの憎しみの深さ、闇さ、激しさ、理不尽さ、 そしてそれによりオセローとデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イアゴーにたどり着けずにこの長さ・・・?(汗)

ブログ禁にしている間に、彼岸花はすっかり盛りを過ぎて、 金木犀の香りが爽やかな季節になりましたね。 彼岸花の褪せた赤は、それまでの鮮烈さの記憶があるだけに、なんだかちょっと悲しくなります。 一個一個の花の形はもちろんですが、 花束みたいに丸くかたまって咲く様子も、 それがお祭りの提灯みたいに田圃の畦に点々と並ぶ様子も大好きです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視線の先にあるものは

朝起きたら、全然声が出なくなっていましたが、 私の声なんて、観劇には関係ないわー! ということで、 しっかり行ってきました、「オセロー」2回目。 予想通り、イアゴーに釘付けの4時間でした(笑)。 ストーリーや展開が頭の中に入った状態での観劇でしたので、 高橋洋さん演じるイアゴーの感情の揺らぎに、 かなり気持ちを持っていか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めろめろです・・・v

昨日試験が終わってから、青山劇場で「キャバレー」を観て、 今日はさいたま芸術劇場で「オセロー」を観て、先程帰宅しました。 長い土日でした(笑)。 でもね・・・ 高橋洋さんのイアゴー、とんでもなくかっこよかったです!! 期待はしてましたが、はっきり言って期待以上! この人になら、騙されても利用されても傷つけられてもいい…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

欲しいのは、真実のことば

土日、舞台もお喋りも食も堪能した付けが、やっぱりやってまいりました。 まあ、これから1ヶ月は、結構大変なのは予想できてたんですけどね。 年度末はほんとにどこも大変ですよね。 お友達なみなさん、お互い体に気をつけて、怒涛の年度末を乗り切りましょうね!! そんなこんなで、しばらくブログも書けなくなってしまいそうな予感。 その前に、…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

カノンと孔雀とサティと桜 その2(俳優編?)

予告より1日遅れましたが、「タンゴ・冬の終わりに」の観劇記録後半です。 遅れた理由はインフルエンザの予防接種(笑)。 毎年のことなのですが、今年もしっかりと腫れてくださいまして・・・腕がだるくて仕方ありません。 まあ、それだけ一生懸命抗体を作ろうとしてくれている自分の体を、 ちょっといたわってあげるべきかと思いまして(笑)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発掘作業(笑)

「間違いの喜劇」を観にいったのが、2月11日。 うわー、もう1ヶ月近く前だよ・・・ こんなに経ってから感想を書くのもなんだかなー、とは思いますが、 まあ、個人的な覚書程度にはなるかな。 とりあえず、発掘作業に入りたいと思います(笑)。 さて、初のオールメールプロダクション観劇、ということで、 私が恐れつつ(笑)気になって…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more