テーマ:高橋洋

終焉の鐘

その舞台の上に在ったのは、 一つの季節の終わり。 一つの恋の終わり。 一つの命の終わり。 そして、一つの時代の終わり。 「クレシダ」 2016.9.17 ソワレ シアタートラム D列一桁台 2016.9.18 マチネ シアタートラム J列10番台 作:ニコラス・ライト 演出:森新太郎 出演:平幹二朗、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

そこはかとなくSF

普段から眠い眠いと言っている私ですが、最近は冬眠モードなのか、更に眠気に負けております(^^;) 昨日本を読んでいて夜更かししたのはあるのだけど、今日は起きたらお昼だったからね! そして、大掃除のまねごとをした後、お昼寝もしたからね!! でもって、更に眠れそうな自分が怖いです(笑)。 きっとお腹が空かなかったら、24時間眠れる気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽土の夢

高校生の頃、文芸部だった私が一つだけきちんと完結させたシリーズ物の小説がありました。 その中の一つのお話は、ユダヤ人の青年を主人公としたもので。 その青年が捨てた名前、それがZionでした。 Zion―――約束の地、エルサレム。 彼らが求め続けた、楽土。 勉強不足の高校生が書いた物語は、今となっては黒歴史以外のなにもの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今はただ"おかえりなさい"と言いたい

その人を初めて目にしたのは、真っ白な舞台の上の鮮やかな赤が印象的な舞台でした。 その白い世界で、青い衣裳に身を包んだその人が演じる役は、 正直言ってとんでもなく受け入れがたい役柄で(というか、その舞台そのものが受け入れがたかった・・・)、 なのに、その人の発する声が、愚かさと嗜虐と恐れに揺れる目が、彼が背負う時間が、 何故かとて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リズム

ツイッターで、髙橋洋さんがブログを始めていることを教えていただきました。 二塁手 もう何年も、私の中でもの凄く大きな存在である役者さんです。 ここ数年は映像の世界に行ってしまっていて、 得られる情報も途絶えがちで・・・ でも、ときどき伝わってくる情報の糸を繋ぎながら、 洋さんが役者を辞めるはずがない、と根拠なく信じ続…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

久々に聞いた・・・

洋さんの声! すみません、のっけから(汗)。 「東京公園」のサイトに行ったら、予告編がありまして。 なんと、洋さんの声から始まってました!! ほんとに一言なんだけど、「うわ~、洋さんだ!」と思っちゃったv キャストの写真のあの髪型はどうよ、と正直思いましたが(おい)、 でも、また役者・高橋洋を観ることができるのは、本当に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

信じてた!

ここ数日、「ワンピース」の再読とハコニワ(携帯ゲームね)にはまっていて(LaLaLaちゃん、ありがとう!)、 ネットから離れていたら、見事に情報に乗り遅れましたが、ファン友さんのブログで発見! 高橋洋さんが映画に出演との情報が!! もう大文字太字色つきで書いちゃいますv 洋さんが役者を辞めるはずがない。 きっと今も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

三度目・・・いや四度目の?

またまた大当たりの当直で、ちょっと眠さにふらふらしている恭穂でございます。 今日も暑かったですが、みなさまお元気ですか? ちょっと眠さに負けそう・・・と思いながらも、やはりこれはリアルタイムでみなければ!! ということで、見終わりました、「新警視庁捜査一課9係」第6話。 とうとう来ましたね! 高橋洋さん、犯人役!! い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

こちらもやっぱり大好きなんです。

朝5時に、目が覚めた途端寝違えに気づいた恭穂です(涙)。 というか、寝違えて目が覚めたのか・・・? 右手首もなんだか腱がぴきぴきしてて痛いし、ちょっと体中ヤバイ感じです。 とりあえず、癒していただく予約まであと1週間。 お風呂と温タオルとアロマで、なんとか悪化しないように気をつけます。 って、手首のためにはPCはいじらない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四月の魚の日

4月1日。 April Fool's Day ですね。 新年度初日の勤務中にはそんなことを思いつきもしませんでしたが、 先程、横田栄司さんのブログの記事を読んで、そういえば今日は4月1日・・・と気づきました(笑)。 なんとも豪華な「ハムレット」! 蜷川シェイクスピア常連の横田さんならではの配役ですねー。 実現されたら絶対通っ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

癒された・・・

研修1週目が、もうすぐ終わります。 いやー、あっという間でしたが、非常に濃い1週目でした。 勉強する内容は、真新しいことばかりで非常に楽しいのですが、 もう、実技が辛くて辛くて(涙)。 いえ、実技自体は興味深くて体験できることは凄く嬉しいのですが、 普段使わない筋肉を使うので体が既に悲鳴を上げているし、 更に、やるべきことを…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楽しみは半年先に!

ここ数日、ちゃくちゃくと同僚に「幼獣マメシバ」を布教中(違います/笑)な私に朗報が! いろんなファンサイトさんで書かれてますが、 高橋洋さん、映画にご出演です!! この太字大文字を書ける日を心待ちにしていましたよ~(笑)。 だって、もうず~っとお仕事の情報なかったんだもの! 出演されるのは、「さよなら夏休み」という…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地雷

前の前の記事で、洋さんのリチャード三世が観てみたい、とか書いたら、 洋さんのお芝居が観たくて仕方がなくなってしまいました。 うーん、ちょっと地雷を踏んじゃった感じ? さすがに、この時間からDVDを観るわけにはいかないので(明日普通に仕事だし)、 去年の6月の、洋さんのラジオでのインタビューを、聞きなおしてみました。 ああ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洋さん、出た!!

「となりの芝生」に洋さんが出演されると知ったのは、 先週の放映が終わってからだった私(涙)。 先ほど、かすかな望み(笑)をかけつつ録画しながらリアルタイムで見てたのですが・・・ 出てくれました~!! 主人公の勤め先のお客さんの部下? 「スマイル」に引き続き、サラリーマン役ですね。 あの社長さん、これからも出そうな雰囲…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

いい歌だ・・・

「幼獣マメシバ」昨日が初日でしたね。 佐藤二朗さんのブログの写真に洋さん発見! でもって、高橋直純さんは高橋直純”さん”で、洋さんは高橋洋”くん”なんだ(笑)。 これだけだけど、なんだかいい現場だったんだろうなー、とか思っちゃった(え)。 舞台挨拶、観にいかれた方も多いんでしょうね。 いいなあ~、生洋さん・・・(笑) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逃げない、ということ

録画したままずっと見る機会を逃していた、 阿修羅像の輸送を担った方についての「プロフェッショナル 仕事の流儀」を見ました。 最初は、画面に映る興福寺とか唐招提寺とか新薬師寺とかを見て、 また奈良に行きたいなあ、なんてのんびり思ってたのですが、 番組が進むにつれて、息をのんで見つめてしまいました。 そして、阿修羅像の最初の輸送を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バラエティに進出?!

先週、5月8日の深夜。 関西圏で放送されている「アンタッチャブルのマキマキでやってみよう!」に、 高橋洋さんが出演されましたv 思いっきり関東圏在住な私は、 その日だけ大阪出張がないものかと一瞬本気で思ってしまったり(笑)。 見れなくてほんと残念ー!!と思っていたら、 さくりなさんがコメント欄に感想を書き込んでくださいました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しいなあ・・・

観ましたよー!! 洋さん@「スマイル」! シーンとしては短いけど、 洋さん、すっごいいいお芝居してましたねv 佐原明夫という役柄は、とても辛い立場ですし、ストーリーそのものも非常にシビアですが、 洋さんのシーンは、見ていてなんだかめちゃくちゃ嬉しくなりました。 やっぱり私は、芝居をする洋さんが大好きなんだなあ、と思い…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

まさか俳優役?!

ただ今実家に帰省中です。 茶の間に置いてあったス○ラで8日の洋さん出演ドラマをチェックしたところ、 なんと事件は俳優殺し! まさか、被害者役?!と思いましたが、違う役者さんでした。 そうすると、仲間の俳優役とかかなあ… 犯人役ということもあるかもですね! 楽しみですv
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祈れば通じる

こともあるんですかねー。 この前の記事で、高橋洋さんの次のお仕事の情報が早く欲しいなあ、と呟いたら、 日参するファンブログさんに、TV出演の情報が二つも! 一つ目。 「西村京太郎サスペンス 十津川刑事の肖像 人捜しゲーム」 2009年5月8日(金)21時~ 二時間ミステリーですか。 どんな役なのでしょうか。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

観た!!

お友達に録画していただいた「幼獣マメシバ」。 7話まで一気に観ました!! るーくさん、ありがとー!!! でもって、 一体何回可愛いvvvと叫んだことか! 一郎くんはもちろんのこと、 洋さんのあの可愛らしさは何事ですか?! 特別ファンではないはずのるーくさんが、「可愛かったですよー」と言った意味がやっと解かりました・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

たどる指先

企画していた仕事のイベントが今日終わりました。 とりあえず、中心になって動いていたので、 予想以上に盛況で、びっくりしたり嬉しかったり。 今日のことをまた次に続けていけるよう、 また明日から頑張ろうと思います! で、自分にご褒美(笑)で、先週録画した「獣の奏者エリン」と「妄想姉妹」を見ました。 エリンは・・・めちゃく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有言実行は当たり前

毎日寒いですねー。 でも、通勤路の梅の木の枝が、ちょっとほっこり赤くなってきました。 もうすぐ梅の花の季節ですね。 なんだか心が浮き立ちますv が、ちょっと風邪気味な私。 シアタードラマシティで、後ろの席の人がずっと咳してたしなー。 そんなわけで、今日は早く寝ようと思うのですが、我慢できないのでちょっと叫ばせてください!(笑…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

第一話ではなく

新年会から先程帰宅いたしました。 少人数で、且つお酒を飲む人が殆どいない集まりなので、 のんびりまったり美味しいお料理を堪能してきました! 久々に和食で美味しいお店を発見ですv ここはきっとお友達なみなさんも気に入るに違いありません。 いつかグルメツアーを是非! そんなお友達なみなさんから、 「幼獣マメシバ、観たよ~」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3つ目!

リアルでもネットでも人見知りの激しい私。 以前誘っていただいて登録したmixiは、すっかり情報収集の場となっています。 で、今日一つびっくり情報! 1月17日(土) 日本テレビ「妄想姉妹~文學という名のもとに~」 第1話ゲスト 高橋洋 ゲストとはいえ、今月は3つのドラマにご出演ですか! そしてこのドラマのコンセプトは…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

幼獣マメシバ 覚書(え)

知らないうちに、「幼獣マメシバ」のサイトが充実してました! というか、ドラマ版と劇場版で分けたの・・・? とりあえず、覚書的に。 幼獣マメシバ 連続ドラマ版公式HP 幼獣マメシバ 映画版公式HP でもって幼獣マメシバ オフィシャルブログ いずれも、動画の一郎くんの可愛らしさがとんでもないです! よしのさん、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

きっと癒し系なドラマ!

洋さんのファンの方のブログにお邪魔したところ、素敵情報が! 「幼獣マメシバ」の予告編が流れているのだそうです。 You Tubeの動画で拝見させていただいたのですが・・・ 洋さんの目線と表情がめちゃくちゃ優しそう!! 役柄とか全然分からないのですが、 とてもリラックスしたふうに見えて、 一郎くんの可愛さとあいまって、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

まだ北海道ですが…

ちゃんと見ましたよ~、ガリレオ! 洋さん、思っていたよりずっとしっかり出演されてましたね。 冒頭に出てきた瞬間、お元気そうで良かった…、と素で思ってしまいました(笑)。 でも、やっぱり舞台の上で芝居する洋さんが見たいなあ… とりあえず、次の情報、お待ちしていますねv さて、明日は群馬に帰ります。 風邪ひきの私の耳が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ほんとに出た!!

今日、出かける準備をしながら、たまたまつけていたTVに、 洋さんが映りました!! いや、来週の「ガリレオΦ」に出演される、というのは、 洋さんファンの方々のブログで知っていたのですね。 で、たまたま今日ガリレオ関係の特番をやっていまして。 映画と来週のドラマのメイキングみたいな感じだったのですが、 堤さん、凄い雰囲気…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

空と海が一つになる場所

今、長野で開催されている東山魁夷展では、唐招提寺の障壁画の一部も公開されています。 少し明度の落とされた照明の中、目に映るのは鮮やかな海。 その前に立った瞬間、周囲のざわめきと入れ替わるように、 私は確かに濤の声を聴きました。 黒い岩肌に砕ける波。 緩やかに描かれる波紋。 潮風に耐える松の緑。 12枚の襖に描かれて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more