テーマ:音楽

愛情証明

今日の仕事帰り、通勤路の畦道に今年最初の彼岸花を見つけました。 これからだんだん畦道が真っ赤に染まっていくのを見るのが、毎日の楽しみになりそうです。 うん。 辛いことも悲しいこともやるせないこともたくさんあるけど、 同じくらい、いやそれ以上に、嬉しいことや楽しいこと、幸せを感じることもある。 どの感情も私自身だから、見ない振り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理由

今日はユニゾンの配信対バンライブがありました。 7組のバンドを迎えての、5時間を越える配信ライブ。 名前だけ知ってて、初めて見る(聴く)バンドも多くて、 お家でフェス!みたいな感じでのんびり楽しませていただきました。 どのバンドもそれぞれの魅力で素敵だったし、 広いライブハウスのフロアに対面でステージを作って、 二組のバンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逸材

8月も最後の日曜日になりました。 1ヶ月前は、まだ梅雨が明けない・・・と湿気に負けていたのに、 1ヶ月後の今は、まだ酷暑が続いている・・・と暑さに負けています(^^;) でも、空の色はもう透き通ってきているので、きっと気が付くと秋がきちゃうんだろうなあ。 まだまだ舞台を観に行くどころか、県外にすら出られない日が続いていますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孵化

闇に沈んだ小さな空間。 そこから世界は始まった。 UNISON SQUARE GARDEN 2020 「USG 2020“LIVE (in the) HOUSE 2”」 2020.8.22 代官山UNIT(配信) ≪セットリスト≫ ♪ マスターボリューム ♪ MIDNIGHT JUNGLE ♪ f…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二つのリアル

そろそろ梅雨が明けないかなあ、と思い始めてはや幾日(笑)。 いやでも冗談でなく、そろそろ梅雨明けしてくれないと、いろいろ大変ですよね・・・ COVID-19の状況も、まだまだ出口が見えない感じですが、 それでも、前に進んでいると感じられることがあるのは嬉しいことだな、と思います。 例えば、再稼働した劇場で輝いてる人たちとか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

還りゆく音

劇場やホールは、観客が入ることでその音響が完成する、と何かで読んだ記憶があります。 人の体が吸収する音。 人の体が跳ね返す音。 人の熱気で揺らぐ音。 ステージから放たれる音は、オーディエンスの体を通してステージの上へと還っていく。 だとしたら。 あの空っぽの空間に放たれた彼らの“音”。 それは、どんな風に彼らに還っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の一歩、最初の一歩

一昨日の日曜日は、久々の青空でした。 めっちゃ暑かったけど(^^;) 暑いのは苦手だし、雨の日も好きだけど、やっぱり人間にはお日様が必要なんだなあ。 でもって、私には彼の歌声という光も必要なのだと再確認した一日でした。 中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』 2020.7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いつか

ステイホームを続行したまま7月になりました。 週末は雨にも負けず(笑)なるべくお散歩をしているのですが、 大好きな凌霄花や百日紅が咲き始めたのがちょっと嬉しかったりv 今年は久々にベランダに日本朝顔も植えたので、咲くのがとても楽しみです。 西洋朝顔の爽やかさも好きですし、日本朝顔の艶めいた雰囲気も好きです。 そういえば、雨柳堂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェードアウトにはまだ早い

今年も無事にお仕事の最終日を終えました。 まあ、明日の朝までは呼びだされる可能性もあるんですけどね(^^;) 今年は、ちょっと久々にお仕事で気持ちが折れそうになる時期があったりもして。 なるべくお仕事とプライベートは分けるようにしているのですが、 そうも言っていられない部分もあって。 急なお仕事で観劇を諦めざるを得ない状況が続…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

波動

咲き零れる笑顔を。 迸る感情を。 衒いもなく。 ただひたすらに。 届けたいと思った。 伝えたいと思った。 祝いたいと思った。 そんな想いが波のように押し寄せた、贅沢な一年の終わり。 UNISON SQUARE GARDEN TURE 2019 「Bee-side Sea-side ~B-side Collect…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万華鏡の夢

覗きこむたびに見えてくる 見惚れるほど鮮やかで 飛び跳ねたくなるくらい楽しくて 胸が痛くなるほど綺麗で 万華鏡みたいな、そんな彼らの世界 UNISON SQUARE GARDEN TURE 2019 「Bee-side Sea-side ~B-side Collection Album~」 2019.11.15…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木漏れ日の降る森で

彼らのライブに行くと、いつもどこかを旅している気分になります。 彼らが作りだす色鮮やかな世界は、今回もとても幸せな空間で。 彼らの世界は、これからもずっと私を魅了しつづけるんだろうな。 UNISON SQUARE GARDEN 「Bee-side Sea-side U-side」 2019.9.27 新木場STUD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

25,000分の1の幸福 25,000乗の祝福

初めて行った彼らのライブは、大阪でのライブでした。 あれから6年。 同じ大阪の、けれど今度は広い広い空の下の、広い広い空間で、 彼らの記念日をお祝いしてきました。 UNISON SQUARE GARDEN  「プログラム15th」 2019.7.27 舞洲スポーツアイランド 太陽の広場 ≪セットリスト≫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

架け橋

今週も1週間が終わりました。 明日からは前代未聞の10連休です。 正直、仕事柄やめてほしいなあ、と思うところはあるのですが、 というか、数日は仕事に行くのですが、それでも大型連休前はちょっとわくわくしますねv 平成もあと数日と思うとちょっと寂しい気もしますが、 令和という新しい時代を五月の明るい陽射しの中で迎えられるのは、素敵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

心機一転!

今日、ツイッターで回ってきた占い(@shiitake7919)によると、 2018年の牡牛座は「1回自分の持っているものを0に戻す」年だったのだとか。 鬼のように自分自身を整理整頓した年だったようです。 確かに、そんな感じだったかもしれないなー。 引越しをして、思い切って断捨離した、という物理的な部分もそうだし、 いろんなこと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

凌霄花の咲く夕べ

昨日、ライブ会場まで車を運転していたら、もう凌霄花が咲いていることに気づきました。 もう夏だなあ・・・前回彼らのライブに行った時には、まだ春の花が咲いていたのに。 今年は季節が本当に駆け足。 次に彼らのライブに行く時には、どんな花が咲いているかな。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 「MOD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温故知新

2年。 この年になるとあっという間に過ぎてしまう時間。 だけど、若い彼らにとっては、きっととても濃密でいろんなことを吸収する時間だったんだろうなあ。 そんな若者の成長を実感したりもしたコンサートでしたv JERSEY BOYS THE MUSICAL IN CONCERT 2018.5.13 マチネ シアタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てのひらの世界

大きなホールの三階から見下ろした、遠くの小さな小さなステージ。 けれど。 その掌の上のステージから広がったのは、果てしのない彼らの世界。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 「MODE MOOD MODE」 2018.4.19 NHKホール 3階C11列30番台 *以下、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春疾風

色とりどりの花が咲き乱れる草原を吹き抜ける。 彼の歌声は春の疾風。 中川晃教 Symphonic Concert 2018 Spring has come 2018.4.15 サントリーホール 1階1列20番台 指揮:高谷光信 音屋室内管弦楽団 《セットリスト》 ♪ オペラ座の怪人 ♪ LIST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡き春

1週間前の雪がまだ残る道。 厚い雲に覆われた冬空。 身体を芯から凍えさせる冷たい風。 でも、あの場所には、確かに春の気配が在った。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018 「One roll,One romance」 2018.1.28 幕張メッセ 国際展示場 1・2・3ホール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明けました!

当直も新年も(笑)。 仕事帰りに、近所の神社に初詣をしてから帰ってきました。 川沿いの道を歩いていたら、川面が朝日にキラキラ光っていて、しばし佇んでしまいました。 今年も、小さく、でも鮮やかに流れゆく何かをきちんと受け止められる一年になるといいなあ、と思います。 そんなわけで、仕事をしながら年越しした関係で、今年最初の記…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

私の現在地

限られた空間の限られた時間。 でも、彼らの創り出す、あの瞬間、あの場所が、確かに私の“現在地”だった。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017-2018 「One roll,One romance」 2017.10.17 高崎club FLEEZ というわけで、ユニゾンツアー高崎公演に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息吹

その空間に溢れたのは、 華奢な篠笛から迸る音色。 踊り手の身体を包み込む生気。 美しい言葉の間の僅かな吐息。 そして、彼の歌声―――全ての、息吹。 中川晃教コンサート2017~Seasons of love~ 207.10.1 明治座 1階正面13列30番台 出演;中川晃教、佐藤和哉(篠笛)、 杉浦ゆら、浅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

幸せの残像

禍福は糾える縄の如し、と言うけれど。 この幸せな時間を過ごすために、ここ数日の大変さがあったのかな。 大変で、辛かったからこそ、こんなにもこの時間が幸せだったのかな。 そして、この時間があるから、私はまだ頑張れる。 これからも。 きっと UNISON SQUARE GARDEN fun time HOLIDAY …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼らの未来形

構成要素は同じ。 でも、向かう未来は―――選ぶ未来は異なって。 それでも、先を歩むその影は、きっと彼らの未来形。 TRICERATOPS "DINOSAUR ROCK'N ROLL 7" 2017.3.17  EX THEATER ROPPONGI Guest: UNISON SQUARE GARDEN …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年のキーワード

今年も明日で終わりですね。 今年は仕事のお正月休みが最短の6日間なのですが、もう1/3終わっちゃった! 年々時間が過ぎるのが速く感じるようになってきましたが、今年もほんとに速かった・・・(笑) でも、今年観た舞台を振り返ってみると、なんだかずいぶん前に見たような気持ちもしてみたり。 時間の感覚って、一定ではないのだなあ、となんだ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

空の欠片

初めて踏み込んだその世界の中心は、 高い場所にある細長い窓から遠い空の欠片がのぞくような、 その窓から差し込む光が踊る万華鏡のような、 ずっとそこに佇んでいたくなるような―――そんな、場所でした。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 「Dr. Izzy」 2016.12.11  栃木県総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テリトリーの内側

彼らにとって、初めての街。 初めてのホール。 初めての演奏。 それが、とても楽しい時間だった嬉しい。 キラキラした思い出になってくれていたら嬉しい。 私のテリトリーに彼らがいるのがとても不思議で、とても幸せな夜。 そんなことを思いました。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016 「D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彼の白

恋に落ちる瞬間って、自分でわかるものなのかな。 恋愛偏差値めっちゃ低い私としては、あんまり実生活でそういう経験はないのですが、 観劇分野では別!(笑) アッキーは思いっきり一目惚れv あの瞬間の衝撃は、今も凄く鮮やかに自分の中に残っています。 最近某所で大好きだ―!と叫んだ椎名くんの場合は、 ちょっと気になってた人に数年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その煌めきを信じて

15年前、私は何をしていただろう。 仕事上の進路の分岐点に立って、車の中で一人泣いてた頃かもしれない。 あの頃に、彼の歌を知っていたら。 今日のように、涙でぼやけた視界で、それでも夜空に星を探すように、顔を上げていたかもしれない。 中川晃教 15th Anniversary Live 「I SING~Crystal~」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more