テーマ:レ・ミゼラブル

正道

先週からの尋常でない暑さも、今日からちょっと和らいだ感じですね。 5月末で真夏日とか、ほんとやめてほしい(>_<) でも、湿度が低かった分、梅雨時の真夏日よりは過ごしやすかったような気がします。 今週は後半に出張があるので、このままあまり気温が上がらないといいなあ。 とりあえず、書けるうちに先週末の観劇記録を! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命の重さ

史上最長(かな?)の大型連休明けの1週間がやっと終わりました。 途中仕事もしていたので、そんなに仕事がいやー!という感じはなかったのですが、 休日は普段とは違う道でお仕事に言っていたので(混雑がないので)、 久々にいつもの道を通ったら、ニセアカシアが満開になっていてびっくりしました。 触れたら小さな可愛らしい鈴の音が聞こえてきそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天使と悪魔

人間の肩には、それぞれ天使と悪魔がのっているのだと何かで読んだ記憶があります。 善き心と悪しき心。 節制と欲望。 慈愛と憎悪。 意識するしないに関わらず、大なり小なり確かに常に人の心はどちらかに揺れながら、 日々を生きているのだと思う。 でも。 どちらか一つだけに大きく傾いた心にも、確かにもう一つの存在はあって。 だから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世代交換

平成最後の日。 先程、TVで「退位礼正殿の儀」の中継を見ました。 退位、という形は200年以上ぶり、と解説の方が言っていました。 昭和から平成に変わるときの記憶は、TVに流れるバイタルの数値とリンクしていて、 当然のことながら全然受ける印象は違います。 未来へと繋いでいく。 そんな言葉が思い浮かびました。 儀式の間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温もりの気配

一瞬だけ腕に触れた、その指の温もり。 たぶん、それだけが彼女だけの、彼。 「レ・ミゼラブル」 2017.5.28 マチネ 帝国劇場 1階T列20番台 出演:ヤン・ジュンモ、吉原光夫、知念里奈、松原凛子、海宝直人、清水彩花、KENTARO、森公美子、   相葉裕樹、大西統眞、井出柚花、鈴木陽菜、増原英也、田村雄一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たった一人のヒーロー

5月の最終日も暮れてきましたね。 今月はいろいろぱたぱたしていたので、観劇記録が滞っております(^^;) 記憶も曖昧になってきているので、ひとまずさらっと一個だけ。 「レ・ミゼラブル」 2015.5.23 マチネ 帝国劇場 2階F列30番台 出演:ヤン・ジュンモ、川口竜也、和音美桜、笹本玲奈、原田優一、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒーロー不在

数日前に、今年も無事一つ年を重ねることができました。 この年になると、誕生日を祝ってもらうというよりも、 むしろ周りに感謝したくなる気持ちの方が強くなったような気がします。 いやもちろん、お祝いしていただくのはとっても嬉しいんですが(笑)。 生まれてきたことを言祝ぐ。 生かされていることに感謝する。 生きていくことを、誓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結晶

今日は18時半ごろ職場を出ました。 外に出た瞬間、耳に飛び込んできたのは、さーっという雨の音。 正面には青空の気配を感じさせる薄い雲がほんのりと薄紅に染まっていて、 こんな風に爽やかな雨を感じるのはちょっと久しぶりで、なんだか嬉しくなってしまいました。 昼の光の名残を纏った雨が、強くなったり弱くなったり・・・こういうのを驟雨って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命の価値

長く続き、確固たる存在であった何かを変えていくのは、とてつもないエネルギーが必要になる。 新しい何かに向かう夢や希望、新に手にする喜びや達成感と同じくらい、 喪うものも、引き裂かれる痛みも、これでいいのだろうかという戸惑いもあるはず。 それでも、変えていかなくては、という強い想いを、感じることができたように思います。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の願い

その人が出てきた瞬間、すっと目を惹かれる―――心も惹かれる。 そんな役者さんに出会うことがあります。 どんな役を演じていてもその輝きが溢れ出る人もいれば、 ある瞬間に爆発的にその輝きを放つ人もいる。 そのどちらもが私にはとても魅力的で。 またそんな役者さんに出会うことができたこの舞台を、 私はずっと忘れないと思います…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

魂の類似

昨夜、駅からの帰り道。 信号で止まったら、満開の真っ白なハナミズキの木に目が引き寄せられました。 街燈もない暗い道で、車のヘッドライトの端っこの僅かな光を吸収するような、 白い花弁(ではないですが)を風に揺らすハナミズキ。 その柔らかな白さ。 闇の中の、儚くも凛とした存在感――― それは、バルジャンが見たファンティーヌの姿の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

静焔

昨日はずいぶん冷え込みましたね。 今朝通勤時に見た赤城山が白くなっていてびっくり! でも、雨上がりの澄んだ空気の中、陽射しにキラキラする新緑に、 なんだかとっても幸せな気持ちになりました。 そのときに思い浮んだのが、♪恵みの雨 。 哀しい歌ではあるけれど、とても優しさと幸せに満ちた歌でもある。 そう、思います。 「…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

全然足りない!

今年の「レ・ミゼラブル」も、あと3日で千秋楽ですね。 2ヶ月あれば、突発的にチケット追加できるかなあ、なんて甘いことを思っていたのですが、 結局2回しか観ることができませんでした・・・・・全然足りないよ!(涙) まあ、風邪をひいて1回観損ねた私も自業自得なんですけどね。 とりあえず、今期2回目にして最後の観劇の記録です。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

一期一会

11月も中旬に入り、一気に寒くなりましたね。 空気の澄み具合が、もう冬の気配で、なんだかちょっと嬉しくなります。 今朝は、空の殆どが雲に覆われていて、山の端近くだけぐるりと青空が見えていました。 暗い空の下で、紅葉に染まった山々が朝陽を浴びて、とっても綺麗でした。 特に妙義山! いつもは少し霞んで青みがかって見えるのですが、今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

恋の喜び

先週の暖かさと打って変わって、今週は寒いですねー。 今朝は赤城山も榛名山も子持山も(ローカルですみません)、 粉砂糖をかけたように白くなっていました。 そして、遠くの山々の見え方もまるで冬のよう・・・(笑) その雪のように真っ白な花を咲かせた雪柳も、 咲き始めた辛夷や白木蓮も、膨らみ始めた桜の蕾も、 身を縮めてしまいそうな寒…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

迸る想い

理屈でなく、心惹かれるものがあります。 自分でもどうしようもないくらい、心揺さぶられるものがあります。 それは、もちろん一つではなくて。 既に慣れ親しんだものの中から、突然私の心に飛び込んでくるときもあります。 その瞬間は、凄い衝撃で、そして、素晴らしい喜びになる。 初めての中日劇場で、久々にその感覚を覚えました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

HAPPY BIRTHDAY アンジョ!

実はただいま名古屋にレミゼ遠征中です。 いや、東山アンジョ、やっぱり観ておきたいなあ、と思って。 久々にお会いする大好きなお友達と一緒に初中日劇場でした。 Aさん、Nさん、ありがとうございました! お二人の初レミゼ、ご一緒できて光栄でした。 さて、お目当て(笑)の東山アンジョ、なんか、若返ったかんじ?(え) 髪型のせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラタさん、よろしくね!

去年の夏、自分でも不思議になるほどどっぷりとはまった「レ・ミゼラブル」。 そのはまりっぷりは、右にあるテーマ「レ・ミゼラブル」(そのままじゃん/笑)で明らかです・・・ はまったきっかけは、別所さんのバルジャンなのですが、 リピートすればするほど、キャストのみなさん一人一人の生き様が心に沁みて、 終わってしまった時は本当に哀しかっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

天上の紺

曼珠沙華が咲き始めましたね。 黄を帯び始めた田圃の畦に浮かぶ紅を見ると、 秋がきたんだなあ、と実感します。 今日は青空も綺麗でした。 つきぬけて 天上の紺 曼珠沙華   大好きな誓子の句です。 天から降り落ちた紅い花が、天を想い、まっすぐに天に向かうその姿。 もしかしたら正しい解釈ではないのかもしれないけど、 そ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

守り人効果?

今日は群馬に帰るので、チェックアウトぎりぎりまで寝ていようと思ったら、 8時5分丁度に目が覚めました(笑)。 すばらしき守り人効果! 久々にリアルタイムで観て、 ガカイ頑張った!とか、 タンダへたれだけど男前だ、とか、 シュガはやっぱりちょっと信用ならん人物かも、とか、 狩人やっぱり隠密じゃない、とか、 お頭しか役に立っ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

勇気のなさが悔やまれます

昨夜の台風はすごかったですねー。 ホテルの33階のお部屋にいたのですが、 窓に当たる雨や風の音がすごくて、あまりよく眠れませんでした。 被害もいろいろ出ているようで・・・心よりお見舞い申し上げます。 台風はまだ東北縦断中のようですが、 これ以上の被害が出ないことを祈るばかりです。 それでは、書きたくて仕方がなかった観…
トラックバック:5
コメント:6

続きを読むread more

泣けたのは…

やっぱり別所さん効果だったみたいです(え)。 ソワレは、わりと冷静に観ることができました。 アンジョの最後の笑顔に、ちょっと涙腺やられましたが(笑)。 そこまでの苦悩があった上でのあの笑顔は、ちょっと破壊的だと思う。 というか、マチネとソワレで、客層がかなり違っていたようで、 拍手とかは、足して2で割ったら丁度いい感じでし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

号泣でした…

別所さん、やっぱりすごかったです… さすがに8回目だし、もう泣かないかなあ、と思っていたのですが、とんでもない!! 二幕、号泣でした… 別所さん、凄い熱演! エピローグ、「父じゃない」の声が、涙でかすれてて…それは私も泣くしかないでしょう! 思いがけず前から五列目で、しかも上手寄だったので、 ジャベールとの対決もばっちりでし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

爆笑に次ぐ爆笑

な、トークショーでございましたv 8月16日のファン感謝デーイベント。 終電覚悟で参加しましたが、参加してよかった!! というか、橋本さん、岡さん、泉見さん、阿知波さん、って、 このメンバーで面白くないはずが無いじゃないですか!! 案の定、爆笑に次ぐ爆笑でした。 詳細は公式ブログにもうのっておりますので、 とりあえず、…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

もはやつける薬すらなく・・・

いろいろな誘惑に屈して、結局、 博多行き決定しちゃいましたv(えへ) もう1回、別所バルジャンを観てきます。 飛行機の乗り方も調べたし(笑)、きっと大丈夫、なはず。 もう、こうなったら、行けるところまで行き着こうと思います。 体調も上向いてきたしねー。 やっぱり、人間食べなきゃ駄目ですね。 というわけで、私の博…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

最後のレ・ミゼは

橋本バルジャンの激しさと優しさに目を奪われ、 岡ジャベールの迷いに涙し、 三谷テナルディエに人間の残酷さを見、 知念エポニーヌの純愛にうたれ、 東山アンジョルラスの苦悩に胸を痛め、 泉見マリウスの最後の表情に希望を感じた… そんな、舞台でした。 観に行って良かった。 もちろん、アフタートークは…
トラックバック:7
コメント:4

続きを読むread more

恐るべし、帰省ラッシュ

昨日思い立ってチケットをとったレ・ミゼ6回目(汗)。 世間様のお休みとは隔絶した仕事をしているので、失念していましたが、 帰省ラッシュ真っ只中でしたね・・・ 今日の東京駅は、人もいつもより全然多かったし、 駅員さんがなんだか殺気立っていました。 まあね、発車ベルが鳴り響いてるのに、駆け込み乗車する人が沢山いて、 2分ぐらい発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体質変換?(え)

今日はこちらはとーっても凄い夕立でした。 職場周囲が少し落ち着いたので帰宅したら、 どうもうちの方に雷雲が動いてたみたいで、まさに真っ只中に!! めちゃくちゃ怖かったです(涙)。 空腹に耐えて、もう1時間職場にいればよかった・・・ 建物の中にいる分には、雷も綺麗で、好きなんですけどねー。 とりあえず、今は落ち着いたので、観劇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌うことって、なんて気持ちいいんだろう

というわけで、そのまま突入いたしました、ファン感謝デーイベント。 みんなで唄おう「レ・ミゼラブル」(今まで唄わなかった歌特集) 詳細は既に公式HPのブログにあがっていますが(すばやいですね!!)、 ええ、もう、本当に楽しんできましたよ。 発声練習してから唄うなんて高校生の時以来でしたが、 おなかから声を出すって、ほんと…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

抱きしめる、その手

2度目にして、最後の別所さんのバルジャンを観てきました。 自分でもちょっと泣きすぎだろう、と思うぐらい泣いてしまった。 今でも、思い出すと泣けてくる。 でも、本当に、行って良かったと思います。 「レ・ミゼラブル」 2007.8.3 マチネ 帝国劇場 2階A列14番 出演:別所哲也、石川禅、新妻聖子、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more