テーマ:中川晃教

双翼

運命の分かれ目、というようなたいそうなことを感じることはこれまでないのですが、 今思ってみれば、あの時のあの電話が、私の運命の分かれ目だったのかもしれないなあ。 そんなことを思い出した、配信でした。 「僕らこそミュージック」 2020.9.23 帝国劇場(配信) 出演:井上芳雄・中川晃教 これまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出会いの奇跡

19歳。 たぶん、いろんなことが未完成で。 たぶん、根拠のない万能感があって。 たぶん、漠然とした不安があって。 たぶん、柔らかくて、でも頑なな心を持つ―――そんな時期。 そんなころの彼に、あの人との出会いがあって本当に良かった。 そんな風に思った90分×2でした。 「My Story −素敵な仲間たち−」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逸材

8月も最後の日曜日になりました。 1ヶ月前は、まだ梅雨が明けない・・・と湿気に負けていたのに、 1ヶ月後の今は、まだ酷暑が続いている・・・と暑さに負けています(^^;) でも、空の色はもう透き通ってきているので、きっと気が付くと秋がきちゃうんだろうなあ。 まだまだ舞台を観に行くどころか、県外にすら出られない日が続いていますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渦巻く縁(えにし)

今日は1週間で一番忙しい水曜日。 しかも夏休みでめっちゃ忙しかったのですが、 何とか定時で上がって帝劇コンの配信をついさっきまで見ていました。 やっぱり帝劇って特別な場所なんだなあ、としみじみ思ってしまいました。 いや、劇場はどこだって、特別なんだけど。 いろいろなミュージカルのいろいろな曲を豪華キャストで聴くことができて大満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伸ばした手の先の光

今日はちょっといろいろと忙しくて、気が付いたら夕方になっていました。 JBコンの千穐楽に念を飛ばそう(え)と思っていたのになあ・・・ でも、SNSには、千穐楽を見届けたみなさんやキャストのみなさんと言葉がたくさんあって、 素晴らしい千穐楽だったんだなあ、となんだか涙が出そうになりました。 うん。 本当に、おめでとうございます!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠くにある星

今日は本当に久々のマチソワな日曜日でした。 ・・・と言っても配信なんですけどね(笑)。 実際に劇場に行くと、マチソワ間も非日常なわけですが、 自宅で配信だと日常と隣り合わせな感じが、なんだか不思議。 でも、体力的にはめっちゃ楽(笑)。 配信を観ていると、やっぱり劇場に行きたいなあ、 あの歌声を肌で感じたいなあ、と思ってし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の名前

8月になった途端、いきなり夏空になりました。 昨日は雲の隙間から見えていた月が、今夜は遮るものなくその皓い光を降り注いでくれています。 そういえば、さっき見たこの舞台にも、月の下で歌う曲があったなあ。 SHOW-ISMS  Version マトリョーシカ 2020.8.1 マチネ シアタークリエ(配信) 出演:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

溢れる愛を

以前から言っているかもしれませんが、私はPC関係の知識がほぼありません・・・って断言することじゃないですが(^^;) 仕事でも、こうしてプライベートでもPCは使っているのですが、 とりあえず、なんとなく使えてる感じ? 多分、便利な機能をたくさん見落としているんだと思います・・・ PCの画面をTVに映すのも、以前調べた時に良くわか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の一歩、最初の一歩

一昨日の日曜日は、久々の青空でした。 めっちゃ暑かったけど(^^;) 暑いのは苦手だし、雨の日も好きだけど、やっぱり人間にはお日様が必要なんだなあ。 でもって、私には彼の歌声という光も必要なのだと再確認した一日でした。 中川晃教コンサート2020 feat.ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』 2020.7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恋情

雪が降ったかと思ったら、小春日和と言うにはちょっと暖かすぎる日が続きましたね。 1月ももうちょっとで終わり。 暦の上では春になりますが、まだ冬は続きます。 例年+αの感染症の流行に戦々恐々としておりますが、 手洗いマスクに十分な睡眠と栄養を心がけて、何とか乗り切れるといいなあ、と思います。 というわけで、睡眠時間確保のために(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポラリス

小学校で星座を習った時から、ふと星空を見上げる時、 ついつい北極星を探してしまいます。 他の星に比べても小さな、 けれど、現時点では揺るぎない唯一の指針の星。 そして、どこか孤独を纏った、星。 北極では真上に見えるはずのその小さな星は、 あの時、空を仰いだ彼の目には見えていたのだろうか。 「フランケンシュタイン」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宝石の残骸

二つの心の間で育まれる、世界で一番美しい宝石。 じゃあ、片方の心に生まれた感情は、宝石にはなれなかった感情は、 一体何を生み出すのだろうか。 その感情の残骸に、輝きはないのだろうか。 「怪人と探偵」 2019.9.22 マチネ KAAT神奈川芸術劇場ホール 1階8列20番台 2019.9.29 マチネ KAAT神…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギャップ萌え?

観劇な週末を終えて帰宅いたしました。 今回は、二人芝居の朗読劇と、ミュージカルコンサートという全く違う組み合わせ。 どちらも本当に素晴らしくて大満足でしたv 体力と当日券があれば、夜のコンサートも観たかったなー、なんて思いつつ、 明日お仕事なので素直に帰ってきました。 今頃は夜のコンサートも終わる頃かな? またこういうコンサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

体力必至

以前とある舞台を観た時に、笑いには相性があるなあ、と思いました。 で、今回。 笑いには体力が必要だなあ、と実感いたしました(^^;) 体力ギリギリだと、笑いを受け止める余裕がなくなるんですね。 もっと元気だったら、もっと笑えたのかなー。 いやでも、それ以前の相性があるか(え)。 「サムシング・ロッテン!」 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四人の星座

子どもの頃、星座早見盤を持ってベランダに出るのが好きでした。 夜空に浮かぶ無数の星の中から、人によって繋がれた、星座。 一つの物語を形作るその一連の星々が、 実際には気の遠くなるほどの距離を挟んでいることを知ったのは、いつの頃だっただろう。 「JERSEY BOYS」 TEAM BLUE 2018.9.27 マチネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

WISH

先日、仕事関係の講演会で、行動心理学のお話を聞く機会がありました。 テーマは、不公平を嫌うのは人間だけか、というもの。 マウスのいろんな実験から、正の共感や負の共感、不公平嫌悪、不公平選好などが解説されて、 非常に面白く聴講しました。 印象に残った内容はいろいろあったのですが、最後にあったこの言葉もその一つ。 「相対的社会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想の男

梅雨の中休み、と今朝天気予報で言っていましたが、今週はかなり暑くなりそうですね。 連日30℃越えとか、ちょっと勘弁して欲しいなあ、と思いつつ、夏の花をめでる毎日です。 夏の空というと、なんとなく天の川が思い浮かぶのですが、 そういえばしばらく天の川を見ていないなあ。 今年は舞台の上の銀河だけでなく、リアルな天の川も観にいけるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温故知新

2年。 この年になるとあっという間に過ぎてしまう時間。 だけど、若い彼らにとっては、きっととても濃密でいろんなことを吸収する時間だったんだろうなあ。 そんな若者の成長を実感したりもしたコンサートでしたv JERSEY BOYS THE MUSICAL IN CONCERT 2018.5.13 マチネ シアタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春疾風

色とりどりの花が咲き乱れる草原を吹き抜ける。 彼の歌声は春の疾風。 中川晃教 Symphonic Concert 2018 Spring has come 2018.4.15 サントリーホール 1階1列20番台 指揮:高谷光信 音屋室内管弦楽団 《セットリスト》 ♪ オペラ座の怪人 ♪ LIST…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幸せの共犯者

舞台と客席は共犯関係だと、彼は言いました。 それは、なんて幸せな共犯関係なんだろう。 「HEADS UP!」 2018.3.3 マチネ 赤坂ACTシアター 1階A列20番台 2018.3.3 ソワレ 赤坂ACTシアター 1階H列30番台 原案・作詞・演出:ラサール石井 出演:哀川翔、相葉裕樹、橋本じゅん、青木…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝祭

10年続けることができたら、それは本物。 この言葉をいつどこで聞いたのかは忘れましたが、 10年というのはやっぱり一つの大きな区切りなんだろうなあ、と思います。 そんな10周年を迎えたシアタークリエの祝祭に行ってまいりましたv 「TENTH」 2018.1.8. ソワレ シアタークリエ 3列10番台 シアタークリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

息吹

その空間に溢れたのは、 華奢な篠笛から迸る音色。 踊り手の身体を包み込む生気。 美しい言葉の間の僅かな吐息。 そして、彼の歌声―――全ての、息吹。 中川晃教コンサート2017~Seasons of love~ 207.10.1 明治座 1階正面13列30番台 出演;中川晃教、佐藤和哉(篠笛)、 杉浦ゆら、浅…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

君に贈る歌

もっと高くへ―――もっと、眩い場所へ。 幾度も訪れた、彼らの、彼の、彼女の“予感”。 けれど予感のその先は、きっといつからか異なっていた。 「Beautiful The Carole King Musical」 2017.8.24 帝国劇場 マチネ 1階H席20番台  キャロル:平原綾香 2017.8.25 帝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天気雨

午前中のお仕事を終えて、お昼ご飯を食べた後ちょっとお昼寝をしていたら、 遠い雷の音と、波のような細かい雨の音で目が覚めました。 夕立かな、と思って窓の外を見ると、そこには青空があって。 天気雨の、何度見てもどこか不思議な空間に、しばし窓際に佇んでしまいました。 天気雨は、涙雨、とも言うそうです。 光の中、降り注ぐ不確か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happiness

このブログを始めて、気づいたらもう11年が過ぎていました。 再演の舞台の記録を書くとき。 以前観た役者さんの新しい一面を発見したとき。 ふと思い出したとき。 そんな時に、自分の記事を読み返すことがあります。 ああ、この時の自分は、こんなことを想ってたんだなあ、とか、 趣味ってやっぱり年を重ねても変わらないわ(^^;)、とか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春色の一日

遠く冬枯れた山肌に不意に灯る小さな灯りのような桜の花。 その隙間を埋めるように、日々色合いを変えていく新緑の緑。 冬とは違う不透明さが優しい空の色。 空の色を映したかのようなおおいぬのふぐりの小さな花。 風に揺れる一面の菜の花。 柔らかなパステルカラーに彩られた春は、なんだかそれだけで幸せな気持ちになります。 そんな色に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余白の誘惑

全てが作りこまれた完璧なものの美しさには、感嘆するし圧倒される。 でも、隙のある、完璧ではないものにも心惹かれる。 それはきっと、その余白に隠された何かを感じるから。 その余白に、自分の心を忍ばせることができるから。 「フランケンシュタイン」 2017.1.28 ソワレ 日生劇場 GC階A列50番台 出演:中…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最初の記憶

一人の青年の中の、天才という“怪物”。 その“怪物”が創り出した、孤独な“生命=怪物”。 二人の“怪物”が辿り着いた世界の果て――― 「フランケンシュタイン」 2017.1.22 マチネ 日生劇場 1階B列20番台 出演:中川晃教、加藤和樹、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ、朝隈濯朗、新井俊一、    …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瓦礫の薔薇

焼け落ちた城の瓦礫の中。 小さな炎のように咲く真っ赤な薔薇。 それはきっと、誰かに向かう彼らの想いの名残。 「フランケンシュタイン」 2017.1.21 ソワレ 日生劇場 1階I列30番台 出演:中川晃教、小西遼生、音月桂、鈴木壮麻、相島一之、濱田めぐみ、朝隈濯朗、新井俊一、     後藤晋彦、佐々木崇、当銀…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョーカー

今日は天気予報通り雪が降りました。 11月に10㎝以上も雪が降るなんて初めてで・・・タイヤ交換の間に合わなかった私は大慌てでした(^^;) そして明日はきっと道が凍るんだわ。 なんとか先程タイヤ交換をしてもらえたので、ちょこっと安心ではありますが。 でもまあ、人生油断は禁物ですな(笑)。 とりあえず、今年のボーナス出たら、ゴム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more