アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
瓔珞の音
ブログ紹介
観劇、音楽、本・・・恭穂の平穏な日常を彩る瓔珞の音の記録
 *基本的にネタばれになりますのでご注意を!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
祝祭
10年続けることができたら、それは本物。 この言葉をいつどこで聞いたのかは忘れましたが、 10年というのはやっぱり一つの大きな区切りなんだろうなあ、と思います。 そんな10周年を迎えたシアタークリエの祝祭に行ってまいりましたv ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 22:19
明けました!
当直も新年も(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/01 11:21
大河の流れゆく先
交錯する時間。 すれ違う自分。 向かい合う過去。 成就する約束。 守り抜く歴史。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/30 21:56
彼が飛び越えた柵(さく)。 彼女が解き放たれた柵(しがらみ)。 その先に待つのは、どんな世界なんだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/12/30 15:05
ボーダーレス
この物語を初めて舞台で観たのは、サントリーホール、市村さんの一人舞台でした。 まだこのブログを始める前だったので、記録もしていなくて記憶が曖昧なのですが、 歌を交えた変幻自在な市村さんのペールの、魂の救済の物語だと思ったような思わなかったような(^^;) そして、今回。 浦井くんが創り上げたペールを観てきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/23 20:55
鎧の下の孤独
師走もあっという間に半ばを過ぎてしまいました。 あと半月で今年も終わりとか・・・誰か嘘だと言ってほしい(^^;) ちょっと仕事でばたばたしていて観劇記録を放置だったのですが、 やっぱりこれはどうしても書いておきたかったので、ちょっと頑張ってみます。 今年はほんとに妄想を刺激される舞台が多くて困るわー(笑)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/12/16 20:14
見えない二人
ちょっとプライベートががたがたしていて、すっかりブログ放置しておりました(^^;) まあ、その関係で観劇もセーブしていたのもあるのですが、 ちょっとした願掛けの意味もあったりなかったり(笑)。 とりあえず、私は元気です! 状況もいくらか落ち着いたので、観劇記録を、と思ったのですが、 さすがに日が空きすぎてしまったので、記録というよりも感じたことを少しだけ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/29 19:35
彼の言い訳
大人になると、諦めることが上手くなる。 何らかの理由をつけて。 何かを理由にして。 何かを守るために、自分に言い聞かせる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/16 21:47
夢の花
互いを見つめる二人の晴れやかな笑顔。 二人がこれまで共に過ごした時間は夢だったのだと。 二人がこれから共に過ごす時間は夢の中でしかないのだと。 けれど、その夢は何よりも自由で甘やかなのだと。 だからこそ、現実の孤独を未来への光に変えていけるのだと――― そう約束する、夢の、花。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 20:45
私の現在地
限られた空間の限られた時間。 でも、彼らの創り出す、あの瞬間、あの場所が、確かに私の“現在地”だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/21 16:59
息吹
その空間に溢れたのは、 華奢な篠笛から迸る音色。 踊り手の身体を包み込む生気。 美しい言葉の間の僅かな吐息。 そして、彼の歌声―――全ての、息吹。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/08 18:37
旅立ちの勇者
気が付いたら10月最初の1週間が終わろうとしています。 この1週間、ちょっと個人的に落ち込んだり辛かったりすることが多くて、 時間がないわけではないけど、観劇記録を書く気持ちの余裕がありませんでした。 ええ、決して、この舞台の後遺症というわけではないです! ・・・たぶん(^^;) まだまだ問題は解決してなくて気持ちがちゃんと向いてはいませんが、 とりあえず、観たよー!の記録だけしておこうかと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/07 19:08
亡霊
黄昏の終わりに沈む部屋。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 19:45
傍にいてほしい人
舞台を観ていると、時々、この人とお友達になれたら楽しいだろうなあ、とか、 この人が傍にいてくれたら心強いだろうなあ、とか、 この人とじっくりお話したいなあ、とか、 そんな気持ちになる登場人物とであることがあります。 今回出会ったとある登場人物も、家にいてくれたらいいなあ、と思いました。 お酒と甘味を用意しておくから、来てくれないかな・・・(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/17 14:35
死神の擬態
擬態―――攻撃や自衛などのために、からだの色や形などを、周囲の物に似せること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 18:33
彼の翼
繋がれても。 落とされても。 一度は地に伏しても。 それでもあの空を目指す―――彼の、翼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/13 21:03
君に贈る歌
もっと高くへ―――もっと、眩い場所へ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/09/02 19:20
一陣の風
完璧で孤独な、彼らの世界。 吹き抜けた一陣の風は、吉兆か凶兆か。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/31 22:30
父の背中
目の前にある―――いつも目の前にあったその背中は、 こんなにも小さくて、こんなにも、大きい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/29 20:58
天気雨
午前中のお仕事を終えて、お昼ご飯を食べた後ちょっとお昼寝をしていたら、 遠い雷の音と、波のような細かい雨の音で目が覚めました。 夕立かな、と思って窓の外を見ると、そこには青空があって。 天気雨の、何度見てもどこか不思議な空間に、しばし窓際に佇んでしまいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/19 19:32

続きを見る

トップへ

月別リンク

瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる