瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 多重構造

<<   作成日時 : 2006/01/22 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今年2個目の舞台は「ベガーズ・オペラ」。
実は、「贋作・罪と罰」と2日続けての観劇でした。
お友達のYさんと、都心のホテルに1泊して。
いやー、贅沢な週末でしたよ。
大好きなお友達と、大好きな舞台を見れて、且つ夜通しお喋り付なんて!
もう一個個人的にスペシャルなこともありましたが、
それはYさんとの秘密、ということで(笑)。
泊まったホテルも、大当たりでした。
宿泊プランで申し込んだのですが、
一泊+朝食+特別ランチフルコース+15時チェックアウトで1万円ちょっと!!
ものすごいリーズナブルだと思いません?
駅からも近いし、内装もなかなかでしたし、また一個お気に入りのホテルが出来ましたv
・・・こうしてどんどん泊りがけ連続観劇が増えていくんだろうなー(笑)。

さて、では1週間前の記憶を掘り起こすかな・・・


「ベガーズ・オペラ」
2006.1.15 ソワレ 日生劇場 1回K列25番

演出・脚色:ジョン・ケアード
出演:金田龍之介・橋本さとし・高嶋政宏・森公美子・笹本玲奈・幸村吉也・
   小西のりゆき・村上勧二朗・高谷あゆみ・三谷六九・照井裕隆・宮菜穂子・
   川本昭彦・Kuma・水野栄治・内野聖陽・原田優一・小此木麻里・
   山崎ちか・泉里沙・入江加奈子・山崎直子・村井国夫・島田歌穂


18世紀イギリスのある劇場で、乞食(ベガ−)のトムが一夜だけのオペラを
仲間のベガ−たちと上演する・・・一言で言うとそういう舞台です。
が!その構造はめちゃくちゃ複雑!
そして凝りに凝りまくっていました!

予め、舞台の上にも客席があるとか、役者さんがかなり観客に絡んでくるとか、
そういった情報は仕入れていったのですが・・・
まず、いつから舞台が始まったのか解からない!(笑)
老役者さん(金田さん)が舞台上のお客さんに声をかけながら出てきたな、と思ったら、
いきなりお客さんに掃除させたり、小道具を移動させたり・・・
そして、「時間になるのにまだベガ−たちはやってこない!私の若い頃は云々・・・」
と話し出したと思ったら、後ろの扉から役者さんたちがだーっと!
しかもお客さんに愛想を振り撒きながら(笑)。
いや、こんなに間近に役者さんを見たのは初めてですが、
みなさんやっぱりオーラが違います!
橋本さんとかめちゃくちゃかっこよかったですし、笹本玲奈ちゃん、もの凄く可愛かったですよー。
思わずYさんと「可愛ーv」と呟いちゃいました(笑)。
そんなこんなでベガ−たちが舞台に上がり、
リーダーのトム(橋本さん)が前口上を述べて、劇中劇が始まるのですが・・・
それも、まず衣装の奪い合いから(笑)。
森さん、お客さんに衣装の紐解かせてるし(笑)。

そういうこれまでの舞台になかった演出は、休憩時間にも。
なんと役者さんたちが舞台上だけでなく客席まできて、お客さんとコミュニケーション!
お客さんの荷物を持ってっちゃう女の子とか、それをたしなめる男の人とか・・・
森さんなんて、お客さんに食べ物ねだってるし(笑)。
日生劇場のお客さんはみんなお行儀がいいのか、
だーっとそこにお客さんが集まるということはなかったのですが、
やっぱりサインをねだった人もいたらしく・・・
その時森さんが「あたしは字はかけないんだよ!」と。
そこでやっと、私も理解したわけですね。
彼らは日本人の役者さんではなく、登場したその時から休憩時間まで、
18世紀イギリスの乞食役者なんだ!と。(遅すぎ!)

そう思ってみると、公演プログラムもそういうつくりなんですよね。
普通、主要人物は1Pで紹介されて、アンサンブルは写真だけ、というプログラムが多い中、
この公演は出演者全員が1Pまるまる使用。
つまりアンサンブルはいないんですね。
そのプログラムの中で、「『ベガーズ・オペラ』で○○を演じる私は・・・」
と、ベガ−たち一人一人が自己紹介をしているんです!
それをよく読みこめば、この子とこの子は兄妹で、とか、
彼らのお祖父ちゃんがあの人で、とか、
彼女は彼に惹かれていて、でも彼は気付いていないのね、とか、
あの二人は親友なんだで、あの二人は親子なんだ、とか、
地に戻っちゃうと彼は口下手なのね、とか・・・いろんなことが解かってくるのです!
役者さんたちは、まず一人一人個性と人間関係をもったベガ−を演じ、
そのベガ−たちがまた「ベガーズ・オペラ」の登場人物を演じる。
そういう二重(多重?)構造の舞台だったわけです。

でも、ただでさえ人の顔を覚えるのが下手な私・・・
しかも初見の舞台なので、劇中劇を追うので精一杯で、
そこまで気を配って見ることは結局出来ませんでした(涙)。
きっとこの舞台、観れば観るほど発見があって面白いんだろうなー。
劇中劇の板に乗っていない時にも、きっとベガ−としてみなさん演技されていたのだと思います。
そういえば、橋本さん演じるトム、後ろの方で心配そうに舞台見てたな(笑)。
そう思った時点で、DVD購入決定?(笑)

そういう意味では、本当にとっても興味深い舞台でした。
ミュージカルとしては・・・
うーん、曲は民族音楽風だったり、宮廷音楽風だったり、バラッド風だったり、
バリエーションに富んでいて、且つ綺麗な曲が多かったし、
役者さんたちも歌の上手な方が多かったし、
ダンスシーンあり、笑いあり、涙ありで楽しかったのですが、いかんせん1曲1曲が短すぎました。
60曲以上もあるんじゃ仕方ないかなあ、と思ったのですが、
もともと私は歌い上げる感じの曲が好きなので、どうしても物足りなさを感じてしまいました。
何度も観れば、また感じ方も違ってくると思うのですが。
やっぱりDVD購入決定ね(笑)。

で、その役者さん。
まず特筆すべきは、やっぱり、ミセス・ピーチャムとダイアナ・トレイプスを演じた
モリ−・コシファンを演じた森公美子さんでしょう!(ややこしい・・・笑)
あの存在感、あの声、あの演技力・・・どれをとってもぴか一でした。
お客さんとも極自然にからんでらっしゃったし、
その時の話し声ですら通りが良かった・・・さすがです!

主役のマクヒースを演じたマッコリを演じた内野さん。
かっこよくって、自信満々で、女たらしで、悪党で、頭が良くて、
行き当たりばったりな(酷!・笑)、最高に魅力的なマクヒースでした。
この男にひっかかっちゃ駄目、って一目でわかるのに、
よろめいちゃうんですよねー、きっと。
ポリーにとっては王子様で、ルーシーにとっては「自分がいなきゃ」と思わせる相手で、
ジェニーにとっては「自分のものにならないなら・・・!」な気持ちにさせる男で。
でも、きっと本人は自覚なし、自分はなにしても許される、って思ってる。
うーん、めちゃくちゃ始末の悪い男ですね(笑)。
でも、それを内野さんがやってるから許される、というか。
「エリザベート」で私を悩殺(笑)した、あのセクシーなかすれ声と手の動きは、
今回も健在でございました(笑)。
でも、3幕、かすれ声、という以上に声が苦しそうだったような・・・
最後は復活されてたので、演出だったのかなあ。ちょっと心配です。

ポリーを演じたマーガレットを演じた笹本玲奈ちゃんは、
容姿も声も仕草もめちゃくちゃ綺麗で愛らしかったですv
夢見るお嬢さま、でも実は結構シビアなのよ、という感じで、
なんだか観ていて微笑ましかったです。
女として・・・ちょっとむかつくとこもありましたが(笑)。

で、ルーシーを演じたエリザベスを演じた島田歌穂さん。
もう、1曲が短くて短くて! 
もちろん短くても十分感情が伝わる素敵な歌でしたが、
もっと聴いていたい!という気持ちになりました。
エリザベスに戻った瞬間、雰囲気が変わったのにも驚きです。

そして、トム/フィルチを演じたトムを演じた橋本さとしさん。
実は初見だったんですよねー。
「ミス・サイゴン」のエンジニアは、
私的には市村さん以外は観たくない!という気持ちがあったのですが・・・
えええー! めちゃくちゃかっこいいじゃないですか?!
話す声も歌う声も仕草も、彼が出ると目が離せなくなりました。
舞台の後ろにいても目が行っちゃう。
これはエンジニアも見とけばよかったかなあ、とちょっと後悔してしまいました。

ピーチャムを演じたジョン・ジョンソンを演じた高嶋さん。
・・・なんだかだんだん色物になってきてませんか?(笑)
そういう役柄なんですよね?(確認)
動きも滑らかで、観客も上手に盛り上げ・・・
でも、今度シリアスな役を見せていただいても、笑っちゃうかもしれません(汗)。
いえ、それだけダイアナとロキットのシーンの印象が強くて(笑)。

あああ、他の方たちもとても素敵だったのですが・・・
なんだかめちゃくちゃ長い文章になっちゃいましたね。
もっと上手く纏められるようになりたいです(切実)。

あ、最後に一人だけ。
トム・ティップル、モリ−・プレイズンを演じたモリ−を演じた宮菜穂子さん。
一番客席に出てきてくれたから、というのもあるのでしょうけれど、
ダンスをはじめ動きの綺麗さに目がとまりました。
楽しんで演じてるんだな、というのが丸解かりな可愛らしい笑顔でv
今後注目の女優さんを一人発見vという感じです。
これからも頑張っていって欲しいなー。

ということで、DVD発売の待ち遠しい恭穂でございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
恭穂さん、こんばんはです〜(どきどき)
なんて内容が濃くて素敵なブログなんでしょう♪もう少し元気になったら、なめるほど拝見させていただきますね♪
そのためにもがんばって元気になってまたきますねー(とりあえず足跡ぺたっ 笑)
おたちゃ
2006/01/23 22:09
おたちゃさん! いらっしゃいませv
初足跡ですよー。とっても嬉しいですv
長いばかりで纏まりのない日記ばかりですが・・・
ちょっとでも面白く素敵な文が書けるように頑張ります!
お風邪、早く全快されますように!
恭穂
2006/01/24 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
多重構造 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる