瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 帝国劇”城”におけるヴァンパイアの研究その2

<<   作成日時 : 2006/08/06 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

というわけで、プチ夏休みの最終日は3回目の「ダンス・オブ・ヴァンパイア」でした。
いやー、あちらやこちらのブログを拝見していたら、我慢できなくて(汗)。
でもねー、一応目的はあったんですよ?

1.全体的なセットと照明を堪能したい
   :前回2回がかなり前の方で且つ下手の席だったので、
    セットの全体的な雰囲気を見れなかったんですよねー。
2.ダンスシーンの群舞の全体的な雰囲気を見たい
   :きっときれいなフォーメーションだと思うんですよね。
3.宿屋のシーンの市村さんを見たい
   :1、と同じ理由で。
    きっと細かい動きをされてるはずなのですけど、全然見えなくて(涙)。
    いえ、その分サラの美しさを堪能できたのですが・・・
4.伯爵の登場シーンのお顔を見たい
   :ほとんど上手を向いて歌ってるんですよー(涙)
5.アルフレートに迫るヘルベルトを別の角度から見たい
   :いや、とっても美しいとの噂なので(笑)。
6.今日のクコールさんに会いたい!!

・・・・・なんだか後にいくほど煩悩にまみれてるような(汗)。
ま、観劇の基本ですよね?(開き直り)
あ、もう一個忘れてました。

7.プログラムが欲しい
   :8月5日から、7月の公演の写真入のプログラムになるんですよ。
    海外の舞台の写真だけじゃなくて、このキャストの写真も欲しいですよね?

・・・・・マニアかも?(滝汗)
お友達なみなさん、引かないでくださいねー。

では、観劇記録いってみます。


「ダンス・オブ・ヴァンパイア」

2006.8.6 マチネ 帝国劇場 2階A列51番 
出演:山口祐一郎、市村正親、剱持たまき、泉見洋平、佐藤正宏、阿知波悟美、宮本裕子、
    吉野圭吾、駒田一、他


とんでもない暑さに負けそうになりながら、なんとか劇場に辿り着いた私を迎えてくれたのは、
2代目〜5代目のリー君。
今回は1階ロビーに3匹、2階ロビーに1匹いました。
元気に飛び回ってましたよー。でも天井とのつなぎ、S字フックなのね(笑)。

目的達成のため、今回は敢えて2階席上手側。
1階席の通路は全然見えませんでしたが、
2階の最前列だったので、前の人の頭を気にせずみることができました。
いやー、やっぱり全体を把握できるのって、いいです。
最前列で役者さんの細かい表情を見たり、マイクが拾わないアドリブの声を聞けるのとは、
また別の楽しみがあります。

セットは、同じセットの各面を上手く使ってるな、と思いました。
舞台袖からセットの後ろに役者さんが動くのも見えたのですが、
教授もアルフレートも、しっかり演技してるんですよ! 凄い!!
ほとんど客席からは見えないところなのに。
伯爵のお城の門も、組み合わせでいろんな表情を見せてくれました。
照明は、全体的にチープな印象。
いえ、これ悪口ではなくて、なんというか映画風?
舞台の雰囲気とあってたと思います。きっと狙ってたんじゃないかな。
ただ、原田さんが床に描く光の文様や逆光のインパクトの方が、やっぱり好みかなあ。
こればっかりは、好みの問題なので、どうしようもないかと。

ダンスシーンも、堪能いたしましたv
前方だと、どうしても特定の人を追う形になっちゃうのですが、
やっぱり凄く複雑なフォーメーションをとっていて、
全体としてみても迫力がありました。
2幕の悪夢のシーンなんて、寝てる教授とアルフレートをまたぐし飛び越えるしのしかかるし(笑)。
いや、お二人よく逃げ出したくならないなー、と思います。
だって、踏まれたら痛いですよ、絶対!
アルフレートは悪夢にうなされてるのでちょっと動くのですが、
教授は身じろぎもしません。すばらしい度胸です! というか信頼関係?

それにしても、サラの化身と伯爵の化身のお二人のダンスは凄い!
サラの化身の加賀谷香さん、小柄で細くてしなやかで、
でも指先やつま先まで、それにつなぎの動作も全て美しいんです!
リフトの時とかも、まるで体重がないような軽やかさ!!
伯爵の化身の新上裕也さんも、めちゃくちゃ色っぽい!
2幕の伯爵の「抑えがたい欲望」の時のダンス、
前2回はどうしても伯爵を目で追ってしまったのと、
墓石に隠れて見えないのとで、あまり印象に残ってないのですが、
(というか、ちょろちょろと目障りかも、とまで思ってました。ごめんなさい!!)
今日は、本当に感動しました。
伯爵の深く、穏やかで、優しいとまで思える歌声。
その奥の伯爵の苦悩、痛み、悲しみ、そんな感情が、
新上さんのダンスがあることで、ストレートに伝わってきました。
自分の意思を超えた力、それを制御できない痛み、
抑えられない欲望に、悶え捻じれていく心・・・
ちょっと泣きそうになってしまいました。
山口さんの歌声は、本当に本当に素敵で、
きっとその歌声だけでも伯爵の苦悩は表現できているのだと思いますが、
新上さんのダンスがあることで、相乗効果をもたらしているように思いました。

さて、でもって、宿屋のシーンの市村さん。
期待以上にいろいろな動きをされてましたv
シャガールがドアを打ち付けるシーンでは、右に左に飛び上がり、
最後には床に落ちて、打った腰をアルフレートにさすらせてました(笑)。
アルフレートがまたかいがいしいんですよねー。
教授が脱ぎ捨てたズボンを、きちんと裏返してました。しかも正座で(笑)。
でも、このシーンだけでなく、全体的に小技が増えてませんか?>市村さん
台詞の発音の仕方とか、アドリブの台詞とか、動きとか・・・
前回にはなかったぞ!というところが結構ありました。
なんというか、ますます頑固でわからずやで突っ走ってて、
でもお茶目で憎めない教授になってたような。
それにあわせてか、アルフレートの情けなさも磨きがかかってました(笑)。
泉見さん、やっぱりちょこまかした動きがコミカルでいいなー。
でもって、歌声はますます深みが出てる感じです。
その分、ちょっとサラが押されちゃってたかも?
今日は調子が悪かったのかな? 
相変わらずの美しさでしたけど、声が上手く乗ってない気がしました。
お風邪とかではないといいんですけど・・・

そして問題のヘルベルト・・・・・
ええ、やっぱり美脚No.1でしたよ、今日も(涙)。
今日は片肌脱いで、「きゃっ!」だったしなー。
でもってタトゥーも両足だったなー。
問題の台詞は「いいわ〜、いいわ〜、いいわ〜、うぇるかーむvv」でした・・・
それはアルフレート逃げるって(笑)。
いや、私はついてっちゃうかもしれないけど(爆)。
後半の野獣っぷりも迫力が増してましたねー。
なんというか、一番拍手が大きかった気がします。
新プログラムでも、見開きで写真が載ってたしなー。
各種評論で「怪演」とか「おいしい役」とか言われてるみたいですが、
これ、吉野さんがやってるから、ここまで受けてるんだと思います。
綺麗とカッコいいと妖しいと色っぽいとお茶目と、
全部を兼ね備えてる役者さんなんて、そうはいないでしょう?
徹底して細かい演技をされてますしね。
もう、最初から最後までしっかりアルフレートに色目を使ってました。
舞踏会シーンはきちんと女性パートだったし。
お辞儀の仕方まで徹底してますしねー。正直サラのお辞儀より色っぽいです(笑)。
フィナーレのダンスは、本当に目が離せないかっこよさでしたし。
秋の舞台(「AKURO」)では正統派のかっこよさが見れるかな?
ということで、Rくさん、ご一緒にいかが?
Rくさんには是非かっこよさ直球勝負の吉野さんを見ていただきたいです!(笑)

そして、本日もクコールさんは可愛かったですv
幕間も、3度目にして初めて音楽付をみることができました!
今日は「北の国から」ヴァージョン(笑)。
あの音楽が演奏された瞬間、会場がどよめきましたよ。
純くんなのかなー、と思ったら、おもむろに帽子をとりだして・・・お父さんでした(笑)。
土下座して風呂敷からかぼちゃを取り出してました。
遠かったので、言っていることがいまいち聞き取れなかったのが残念でしたが。
そのうちリー君が動画にしてくれるかな?
そういえば、昨日のクコール劇場は、ヘルベルト登場だったらしいです。
アルフレートを探してのセンチメンタル・ジャーニーだったとか(笑)。日傘もって(爆笑)。
やっぱり我慢できなかったんですね・・・いろんな意味で(溜息)。
さすがに今日は登場されなくて、とっても残念でした。

それにしてもこの舞台、観れば観るほどまた観たくなります。
さすがにもう無理ですけどねー。いや、頑張れば後一回くらい・・・(よしなさい)
あのフィナーレの一体感がいいのかな。
今日は2階席でしたが、率先して立っちゃいました。
たぶん同じブロックでは一番早かったと思う(笑)。
だって、どうせ楽しむなら、めいっぱい楽しみたいじゃないですか。
ので、これからご覧になる皆さん!
カーテンコールで伯爵の合図があったら、速やかに立ち上がりましょう!
その方が絶対楽しいと思いますよv
あああ、早くYさんやTさんと語り合いたいです!!

そういえば、2階席にもヴァンパイアは出現してくれました。
カーテンコールの時に来てくださった方は、
すぐ傍の方に「ありがとうございます」と言っていた気が・・・
ほんとに言ってたとしたら、なんていいヴァンパイアなんだ(笑)。
でも、あのメイクだと、どなただか全然わかんないんですよねー・・・

そんなわけで、今日は森も枝葉もしっかり堪能してきました。
・・・当日券でもう1回行っちゃったりしてたら笑ってやってください。
本当にやりそうな自分が怖いです(汗)。
や、でも無理だよ。無理。来週はライブだし。え?泊りがけ?
やめとこうよ、自分。やめといた方がいいって! 体力ないんだから!
・・・もしかして、言い聞かせてるあたりで負けなのか?!
そのくらい、楽しい舞台ですv(無理やり〆)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
帝国劇”城”におけるヴァンパイアの研究その2 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる