瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 20年後が楽しみですv

<<   作成日時 : 2008/02/29 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

やーっと1週間が終りました。
今週はなんだかいろいろ慌ただしく・・・
気持ちも体調も急降下急上昇という感じでした(笑)。
私はやっぱり平穏な日々が好きです。
ので、このミュージカルを見ても、「結婚したい!」とは思わなかったの(え)。
でも、めちゃくちゃ楽しかったですよー!!
千秋楽も終っちゃってますが、遅ればせながら観劇記録いってみます!


「ウェディング・シンガー」

2008.2.24 日生劇場 ソワレ 1階F列10番台

出演:井上芳雄、上原多香子、樹里咲穂、大澄賢也、新納慎也、徳垣友子、ちあきしん、
    初風諄、鈴木綜馬、佐野真吾 他


吹雪のあとの大荒れの日曜日。
日生劇場にたどり着くのに、普段の2倍の時間を要しました。
でも、それでも行って良かった!と心から思える舞台でした。
もうとにかく楽しい!
何も考えず、ただ楽しむだけでいい。
そんな舞台はほんとに久々で、観終わった後も、笑顔でいられました。
今年に入ってから、ずっと重い舞台が続いていて、
もちろんそういう舞台が私は大好きなのですけど、
たまにはこんな舞台もいいなあ、と思いました。
なんとなく、「ダンス・オブ・ヴァンパイア」に通じるところがあるかなあ。


物語の舞台は1985年。
このとき、みなさんお幾つでした?
私はもちろん、いろんなことをしっかりクリアに覚えている年齢(笑)。
一緒に行った子は当時5歳だったそうで・・・(汗)
でも、その時代を知っていても知らなくても、
二人とも思いっきり楽しめました。

舞台に話を戻しまして・・・
主人公のロジャー(井上芳雄)は、サミー(鈴木綜馬)、
ジョージ(新納慎也)、ジム(佐野真吾)とバンドを組んでいます。
夢はもちろんメジャーデビュー!
でも、今は結婚式場のウェディング・シンガーとして結婚式を盛り上げる日々。
そんなロジャー自身もリンダ(徳垣友子)との結婚を控えています。
けれど結婚式の当日、リンダは突然婚約破棄の手紙を残して出奔。
残された傷心のロジャーは、仕事もがたがたになってしまいます。
そんなロジャーを励ましたのは、結婚式場のウェイトレスのジュリア(上原多香子)。
彼女と言葉を交わすうちに、ロジャーはジュリアに惹かれていきます。
けれど、ジュリアにはウォール街のエリートであるグレンという恋人が。
母のアンジー(ちあきしん)といとこのホリー(樹里咲穂)に後押しされ、
ジュリアはやっとグレンと婚約します。
幸せなはずのジュリアを見て、彼女を諦めようとするロジャー。
けれど、ジュリアも、グレンとの価値観の違いに気づきだし、
ロジャーに心惹かれていきます。
そんな二人を阻むように起こるいろいろな出来事。
結局ジュリアはロジャーを誤解したまま、グレンと結婚するためラスベガスへ飛び立ちます。
ホリーからジュリアの気持ちを聞かされたロジャーは、
祖母のロージーやバンドの仲間に励まされて、
ジュリアに想いを伝えるため、ラスベガスへ!
そこで個性的な助っ人たちに出会ったロジャーは、
無事ジュリアと想いを確かめ合い・・・


というお話。
うーん、こうやって書くと、なんの面白味もなさそうですね(え)。
実際、話そのものは単純だし、終わり方もお約束で想像がついちゃうんですが、
とにかく全員キャラが立ってる!!
でもって、全員が舞台そのものを楽しんでるのがばしばし伝わってくるんです!
それは客席だって楽しくなっちゃいますよね。
というか、楽しまなかったら絶対に損です!!
アンサンブルの皆さんも、めちゃくちゃ濃い芝居をされてましたし、
きっと何度見ても見るたびに新たな発見がある、というタイプのミュージカルだと思う。
一回しか見れなかったのが、本当に残念です。


ロジャー役、井上芳雄くん。
よっしーのろっく・・・?と見る前はかなり心配で、
実際登場シーンはちょっと無理があるなー、とも思ったのですが、
物語が進むにつれて、そんな違和感はすっかりなくなりました。
笑わせるところは笑わせ、聴かせるところは聴かせる、体当たりの演技。
顔芸も満載!(笑)
「ロマンス」で、いい役者さんだなあ、と思ったのですが、
この役で更に一皮向けた?
というかもしかして、上手く素を出すことを習得したのかな?
アフタートークも含め、井上くんの認識が一気に変わった舞台でした。
客席通路を歩きながら歌うシーンがあるのですが、
私の席のちょっと後ろで、井上くんの生声が聴けました。
好みど真ん中の声ではないのですが、やっぱり素敵だなあ・・・と思っちゃったv
「ルドルフ」は、きっと笑いの少ない舞台だと思うけど、
今からとても楽しみですv


ジュリア役、上原多香子ちゃん。
とにかく細い!
あの折れそうな足はなんですか?!
じゃなくて(笑い)、台詞の言い方とか、歌い方とか、「M!」のhiroさんにとおんなじで、
ちょっと浮いちゃうところもありましたが、
ジュリアという役にぴったりだったと思います。
とっても可愛くて、でもはじけきれない真面目さみたいなところがあって。
歌詞とか、さりげなく笑える部分も、
彼女が笑わず真面目に歌っていたので、更にこちらは笑えた感じです(笑)。
でも、きっとロジャーは尻に敷かれると思うよ。


ホリー役、樹里咲穂さん。
年齢不詳、その1ですな(笑)。
めちゃくちゃスタイル良くて、めちゃくちゃダンスの切れが良くて、
めちゃくちゃ歌がお上手で、でもって、めちゃくちゃ可愛らしかったです!
宝塚出身で男役もされていたとのことですが、かっこよかったろうなーv
サミーにどうしようもなく(言葉通り!/笑)心惹かれてしまうホリー、
とっても説得力がありました(笑)。
めちゃくちゃ楽しいバカップルになると思いますv


で、そのサミー役、鈴木綜馬さん。
私の中の鈴木さんは、「十二夜」のオーシーノ公爵なんですが・・・びっくりしました!(笑)
あの髪型も、あの服装も、あのキャラも、あのお腹も!
あれ、なにか詰めてるんですよね?!
自腹じゃないですよね?!!
役者さんって、ほんと凄いです・・・
オヤジ全開だけど、何故かとっても魅力的なサミーでした。
ロジャーを心配する人情家な部分も素敵v
メジャーデビューできるといいね。


ジョージ役、新納慎也さん。
なんというか・・・違和感無さすぎなんですが?!
もしかして、この舞台の中で一番衣装にお金がかかっているのがジョージなんじゃなかろうか・・・
とっても綺麗で、とってもかっこよくて、とっても楽しそうでした。
情けない風のシーンも、ロージーとラップで歌いまくるところも、
本当に楽しませていただいた感じですv
次は「ルドルフ」でイギリス皇太子役ですねー。
楽しみです!


グレン役、大澄賢也さん。
舞台で観るのはもちろん初めてなのですが、ダンス、カッコイイですねー!
この方も紛れもなく「グレン」でした。
女としては許せない男ですが、
彼も自分に正直に生きてるだけなんだよね。
ので、最後、ちょこっと可哀想になってしまいました(笑)。
彼も幸せになれるといいね。
というか、グレンはいつも幸せか(え)。


リンダ役、徳垣友子さん。
・・・凄かったです!
まさにブーメラン女!!(笑)
思いっきりデフォルトされてるんですが、
こういう女の子いるいる!と思っちゃった。
とにかく最強で最凶の女の子だと思います。
で、そのリンダを、可愛く骨太に演じてらっしゃいました。
歌もダンスもサイコー!!
出は少ないのに、印象はぴか一でした。
というか、あの衣装が似合うところが凄い・・・!


そして、この舞台で実は一番凄かったのではないかと個人的に思っているのが、
ロージー役、初風諄さん!
ロジャーのおばあちゃんなのですが、とにかくはじけてました!!
あの歌詞のあの歌をあの面白さで歌われた日には・・・!
「宝塚BOYS」では散々泣かされたのに、
今回は思いっきり笑わされてしまいました。
さりげなくリンダと張り合ってたり、まだまだ現役なバカップルだったり、
でもって、ラップまで歌っちゃうし!!
あのお年とは思えませんよ、ほんと。
途中ブレイクダンスもしてましたが、あれって初風さんご本人だったのかなあ・・・
セットの後ろにちょっと隠れたので、代役の方かな、とも思ったのですが、
もしかして靴を履き替えただけ・・・?
1回の観劇ではわかりませんでした。
でも、わからなくてもいいかな。あの瞬間は、ほんとびっくりしたし(笑)。


そして、初風さんと同じくらいはじけてたのが、指揮の塩田明弘さん!
今回もWIWのように舞台の上奥にオケがいて、
ほぼずーっと塩田さんの姿が見えていたのですが、
最初から客席を煽る煽る!!(笑)
ロジャーと同じ服を着て、踊るし跳ねるし歌うし!!
一緒に行った友達は、ひたすら塩田さんを見て笑っていました。
かく言う私も舞台でロジャーが演技してるのに、塩田さんに眼を奪われたシーンがあったり(笑)。
役者さんも、指揮者さんも、オケも、きっとみんなみんな楽しみながら創り上げた舞台だったんだろうなあ。
だから、私も心から楽しむことができました。
本当にありがとうございましたv


アンサンブルさんのことも書きたいのですが、長くなっちゃいましたねー。
とりあえず、アフタートークへ突入!

この日、井上くんと新納さん「他」(笑)のアフタートークがありました。
アナウンスのあと、ベールをかぶった新納さんと井上くんが、腕を組んで登場!
さすがにウェディングドレスは着ていませんでしたが、ブーケはしっかり!
そのブーケを「恒例のセレモニーを!」と客席に投げてくれたのですが、まさしく剛速球(笑)。
放物線ではなく、直線を描いて客席に届きました。
というか、お客さんに当たってしまったようで、
新納さん、「大丈夫?!」とちょっと動揺してました。
更にこのブーケ、もしかしてちょっと呪い付き・・・?(笑)

トークの様子は、公式HPのブログに載っていますので、
ここでは個人的に印象に残ったところを。
とにかく、お二人の漫才がめちゃくちゃ楽しかったです。
ボケとツッコミ、というか、ボケとボケ、ツッコミとツッコミという感じ?
お二人とも爽やか〜に毒舌でした(笑)。

「他」の出演者は、終盤でロジャーを助けてくれるそっくりっさん軍団でした。
それぞれいろいろこだわりがあるようで・・・トークもとっても楽しかったですv
個人的にお気に入りだったのは、偽マルコス元大統領v
本物の顔とか全然覚えてないですが、この大統領はいい味だしてました。
この方たちとロジャーが舞台から客席側に回るのに、がーっと楽屋(かな?)を走るらしいのですが、
その時に、他の役者さんたちが、いろいろなことをしているのだそうです。
結婚式をしていたり、帰る準備をしていたり・・・
もちろん、走る皆さんを笑わせるため!(笑)
仲のいいカンパニーですねー。
演じる皆さんもほんとに楽しんでらしたようで、
1ヶ月で終ってしまうのが残念!と新納さんがおっしゃっていました。
最初は客席にも戸惑いがあったけど、それもどんどんなくなって、みんなで楽しめるようになって・・・
だから、2ヶ月3ヶ月続いたら、日本のミュージカルを変えたと思う!と。
うん、確かにこれまでの東宝系のミュージカルとも四季のミュージカルとも違うよね。
そういう意味では、やっぱり「ダンス・オブ・ヴァンパイア」に通じるものがあると思う。
その話を受けて、井上くんが爆弾発言してました。
井上くん、いい感じだな〜(笑)


で、その後の二人のトーク。
この舞台で気になること・・・だったかな、を言い合っていたのですが、
井上くんは、ジュリアと買い物をするシーンで、ジュリアに勧めて呆れられる黒いタオル。
あれで毎回汗を拭いているのだそうですが、
毎回拭くときになると、「これ、洗ってないよなー」と思うのだとか。
そんな井上くんに新納さんが、
「誰も拭けとはいっていない、むしろ拭くな! というか自分で洗え!」という感じのツッコミをしてました。
うーん、確かにそうかも・・・(笑)
千秋楽を終えて、あのタオルは洗ってもらえたのでしょうか・・・?

一方の新納さんは、赤いハイヒール。
オカマ役のジョージは常に赤いハイヒールをはいて走り、歌い、踊っているのですが、
練習の時にとにかく早くこの靴を用意してもらうようお願いし、
稽古のときから履いていたのだそうです。
確かに、公開稽古の動画でも、しっかり履いてるね。
で、ダンスシーンは靴を履き替える、という案もでていたのだけど、
あえてこの靴で全編通した、と・・・素晴らしい役者根性ですね!!
だって、あのヒール、男の人は歩くのも大変だと思うよ。
私も履いたら転ぶかも・・・(え)
で、新納さん、井上くんに「履いてみる?」。
で、素直に履く井上くん。
というか、上手く履けなくて新納さんに履かせてもらったのですが・・・
履いて立ち上がった途端、「すげ〜! こえ〜!」とめちゃくちゃ楽しそう(笑)。
履くだけで気持ちが変わるねー、と。
新納さんの話も聞かずに歩き回り、階段を上り・・・(笑)
怖いと言いながら、上手なモデル歩きで階段を降りて来られました。
そして、「いつかオカマの役がきたら、この靴をはいて頑張ります」(言葉は違うかも)と。
その言葉を聞いて、ザザ役をやる井上くんをちょっと思い浮かべちゃいました。
でっかいザザになりそうだけど、20年後だったら、いいかもなあ・・・なんて。
いつか観てみたいです。頑張れ井上くん!!
で、その時のジョルジュは新納くんかな(笑)。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
20年後が楽しみですv 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる