瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS 三千世界におれ一人

<<   作成日時 : 2009/07/15 22:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

夏休み明け初日の当直で大当たりを引き当て、
ちょっとへろへろになっていた恭穂でございます・・・ま、そんなもんです(笑)。

が、今日は仕事を速攻で終らせて、松竹大歌舞伎の巡業東コースを観てきました。
といっても、結局最初の演目には間に合わなくて、
「義経千本桜」からだったのですが・・・(涙)
それでも、観れて良かったです!
前から7列目のセンター付近だったので、
仁左衛門さん演じるいがみの権太の最期を、真正面から見ることができました。
同じごろつきとはいえ、先日観た与兵衛とは、まったく足場の違う権太。
仁左衛門さんこだわりの「下市村茶店の場」からの上演で、
権太という人物の存在が、とてもクリアに伝わってきたように思います。
その上で、その権太を手にかけた父の言った言葉―――「三千世界におれ一人」が、
なんだかとても印象に残りました。

詳しい感想はまた改めて。
この巡業、明日1日のお休みを置いて、
新潟→埼玉→神奈川→・・・・と7月末までほぼ連日の移動と上演のようです。
梅雨が明けて一気に暑さも増してきましたので(今日の前橋は37℃・・・・)、
役者さんもスタッフさんも、お体に気をつけて頑張っていただきたいな、と思います。
でもって、これから行く地域の方が、もしこの辺境ブログに迷い込んでらっしゃったなら、
是非、この舞台をご覧になっていただきたいな、と思います。
歌舞伎座よりは全然お安くいい席で観れますし、たぶん、歌舞伎座よりも敷居が低い。
そして、仁左衛門さんの権太、一見の価値ありです!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
07/03/26 歌舞伎座「義経千本桜」千穐楽!仁左衛門の権太!!
{/hearts_pink/} 3/18に昼の部だけで帰れなくなって幕見してしまい、千穐楽でも堪能した仁左衛門権太編、ようやくアップだ。 「木の実」〜「すし屋」の主な配役は以下の通り。 いがみの権太=仁左衛門  女房・小せん=秀太郎 父・鮓屋弥左衛門=左團次  母・お米=竹三郎 妹・お里=孝太郎  弥助実は三位中将維盛=時蔵 若葉の内侍=東蔵  主馬小金吾=扇雀 梶原平三景時=我當 昨年の十八代目勘三郎襲名披露全国公演での感想はこちら 今年の新春浅草歌舞伎での愛之助権太の感想はこちら 4.四幕目... ...続きを見る
ぴか の観劇(芸術鑑賞)日記
2009/07/23 01:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
2007年3月歌舞伎座で観た仁左衛門権太の記事をTBしたのですが、うまくいかないので下記に該当記事のURLを書いておきます。
http://blog.goo.ne.jp/pika1214/e/376462ec80f61aa8d3f19f9756b10102
地方巡業公演ってそれなりのよさがあっていいですよね。今回は秀太郎丈の弥助実は三位中将維盛を観てみたかった(立役はなかなかされないので)のですが、実家のある越谷公演は平日昼だけだったので見送りました。あさって熊谷公演を玲小姐さんがご覧になる予定です。
ぴかちゅう
2009/07/15 23:40
ぴかちゅうさん、こんばんは!
TBできませんでしたか・・・どうしてかな(汗)
確認してきますね。
地方公演は、ほんとにお徳だなあと思います。
平日なので、観にいけるかどうか解からないのもスリリング!(笑)
仁左衛門さんの群馬への来訪は襲名披露のころ以来だそうで、
無事に観れて良かったな、と思います。
恭穂
2009/07/18 21:13
こんにちは!

熊谷で仁左衛門さん見てきましたよ!
地方巡業の、役者さんも少しのんびりとして、敷居の低い雰囲気が結構気に入ってます。小さい座組で工夫しているところがまたいいのですよね。
熊谷は、歌舞伎の題材になっている熊谷直実の地元だったり、近くの秩父で村歌舞伎がさかんだったりということもあるのか、ほぼ満席でした。中学生も団体で見に来てました。

仁左衛門さんの権太は、今まで見た役者さん(勘三郎さん、海老蔵さん)のなかでも群を抜いていました。やはり経験値の大きさと言えるでしょうか。背中だけで、小悪党ぶりが表現できるんだもの!
木の実の最後、秀太郎さんと子役さんとで家族3人引っ込む場面、家族の温かさが本当にいい感じで出てましたね。
玲小姐
2009/07/21 15:07
玲小姐さん、お久しぶりです!
コメント、ありがとうございます。

地方巡業、確かにのんびりな雰囲気がありますね。
前橋の夜の部は、けっこう空席が多くて残念でした。
日中は学生さんも見に来ていたのでしょうか。
こういうのって、凄くいい機会だと思うのですが。

「義経千本桜」そのものを初めて見たのですが、
役者さんごとでやはりいろいろ違うんでしょうね。
最初が仁左衛門さんだったのはラッキーだったのでしょうか?
あの背中や、ちょっとした手の動きの雄弁さは、
本当に素晴らしいなあ、と思いました。
家族3人のシーンは、ほんとにほのぼのらぶらぶ(笑)で、
自然と笑みがこぼれてしまう感じでした。

歌舞伎もですが、また何処かの舞台の後などにご一緒できる日を楽しみにしております!
恭穂
2009/07/22 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
三千世界におれ一人 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる