瓔珞の音

アクセスカウンタ

zoom RSS きたぞ、大阪!(+追記)

<<   作成日時 : 2009/10/26 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

というわけで、なんとかリフレッシュ休暇に突入し(ちょっとやばかったの・・・)、
1月からの住まいのリサーチに大阪にやってきました!
ホテルの部屋にたまたまPCがあったので、ちょこっと更新。
いや、だって、凄かったの、「蛮幽鬼」!

えーと、実は今日、新橋演舞場経由で大阪入りしたのです(経由って言わない/笑)。
1階席後方からの観劇だったのですが、
あの光の海に沈むのと、花道が見えるのは、やっぱりテンションがあがります!
今日はとにかくサジに視線が釘付けでした。
動きがさらに滑らかになって、台詞を紡ぐ声はさらに何かを飛び越え、
そして、あの”笑顔”が、どんどん笑顔に見えなくなって・・・
最後の方はあのロビーの蛮神像と重なりました。

物語の最初、赤い背景の中に浮かぶタイトルが、
「蛮幽鬼」ではなく、「蛮憂鬼」となっていることに2度目にして初めて気づきました。

幽かと憂い。

それはきっと、土門の存在の象徴。
でも、名前をもたないサジという男の存在でもあったかもしれない。

部屋にオーディオがついているのを幸いに、今日購入したサントラを今聴いています。
悲しい、哀しい曲たち。
殺陣を見て泣いたのは初めてでした。
「朧の森に棲む鬼」のように、圧倒的な力はないけれど、
揺らぎと曖昧さを隠しもったこの物語は、私のどこか深いところに針を刺したように思います。

明日の東京千秋楽、そして大阪公演へと、この舞台は更に深みを増していくことでしょう。
キャストのみなさんが、どうぞ怪我のないように。

さて、明日はリサーチ後に奈良入りです。
念願の正倉院展が待っている!(笑)
明日以降は携帯からの更新になりそうです。
初めての秋の奈良、堪能してきます!



《11月16日追記》

「蛮幽鬼」大阪公演も盛り上がっているようですね。
この日の観劇記録、改めて書くつもりでしたが、
予定外の出来事(涙)により更新がままならないまま、ずいぶん時間がたってしまいました。
もう、ここで書いた以上のことは、みんな嘘になってしまう気がするので、
今回はこれを観劇記録にしちゃおうと思います。
細かい感想は、またゲキ×シネを観た後にでも(笑)。


劇団☆新感線 いのうえ歌舞伎
「蛮幽鬼」

2009.10.26 昼の部 新橋演舞場 1階19列20番台

作:中島かずき 
演出:いのうえひでのり
出演:上川隆也、稲森いずみ、早乙女太一、橋本じゅん、高田聖子、粟根まこと、山内圭哉、山本亨、
    千葉哲也、堺雅人 他

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あらー…
私、この土日、大阪におりまして
電車の中で「正倉院展」のチラシを見て
いいなあ、大阪なら行けたのにと思っていたところでした。
(奈良まで行くには時間が足りなくて…)

いいお住まいが見つかりますように。
お天気がいいといいですね。楽しんできてください。
みずたましまうま
2009/10/26 23:21
みずたましまうまさん、こんばんは!
あらら、すれ違いでしたね。
初めての秋の奈良も、正倉院展も堪能して来ました。
天気にも恵まれて、とてもいい旅だったと思います。
「レ・ミゼラブル」も良かったですよー。
確かに生声風な音響とオケだな、と思いましたが。
小西くんが以前見たよりずっと良くなっていて、
ちょっと嬉しくなりましたv
恭穂
2009/10/30 19:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
きたぞ、大阪!(+追記) 瓔珞の音/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる