その街の片隅で

その空間は、いつもよりもちょっとだけ穏やかな印象がありました。

突き動かされるような熱狂よりも。
自分では制御できない高揚よりも。
全てを根こそぎ持っていかれるような奔流よりも。

どこかほっとするような、ほんの少しだけ優しい空間。

それはきっと、彼らが一歩近づいてくれたから感じられる、温もり。


UNISON SQUARE GARDEN
「UNICITY Vol.1」

2015.9.12 LIQUIDROOM


ここ二年ほど、私の最優先事項(笑)になっているユニゾン。
今年の武道館ライブを機に発足したファンクラブ UNICITY の最初のイベント、
FC限定ライブの東京初日に行ってきました。
ユニゾンのライブは、ここのところずーっと落選ばっかりだったので今回も無理かなあ、と思っていたのですが、
今まで落ちていた分のツキが今回纏めて来たのか、
先月お友達とお出掛けした時に連れて行ってもらった出雲大社のご利益なのか、
幸いなことに当選することができました。
お礼参りに行かなくては!(笑)
整理番号が919番(^^;)だったのと、今回は入場に時間がかかりそうな感じだったので、
開演の15分前くらいに会場に向かいました。
それでもちょっと待って入場。
さすがに手すりや壁は埋まっていて、ちびな私はステージも見えない感じ。
まあ、音と雰囲気を体感できればいいかなあ、と適当なところに陣取ったところ、
始まってみたら、前の男の子の方の上にずーっと田淵さんが見えていて、
バラードになってその前の女の子が静かになると(笑)斎藤さんが見える、という状況にv
空間的にもぎゅうぎゅうではなくて、少し余裕があったのでそれなりに快適でございました。

で、ライブ本編!
・・・なんですが、こういうFCイベントって、どのくらいブログに書いていいものなのかしら?
とりあえず、東京の2日目は今まさに公演中で、且つこれから名古屋大阪もある予定なので、
本編に関する部分は文字色を変えておこうと思います。
ご興味のある方は、ご面倒でも反転してお読みくださいね。
で、セットリスト!


【セットリスト】
♪ UNOストーリー
♪ cody beats
♪ サイレンインザスパイ
♪ フルカラープログラム
♪ 夜が揺れている
♪ 僕は君になりたい
♪ 花火(aiko/斎藤さんカバー)
♪ 1/6の夢旅人2002(樋口了一/田淵さんカバー)
♪ Why I’m Me(RIZE/鈴木さんカバー)
♪ セレナーデが止まらない
♪ シャンデリア・ワルツ
♪ (新曲)
♪ シグナルABC
♪ 徹頭徹尾夜な夜なドライブ
♪ ラブソングは突然に ~What is the name of that mystery?~

En.
♪ スノウリバース
♪ シュガーソングとビターステップ



ステージの奥上方には、いつものロゴマークではなく、UNICITYのマークの幕。
SEもいつもとは違っていて、洋楽。
出てくる順番はたぶん一緒だったと思うけど(この辺ではまだステージ見えず)、
掛かってる音楽が違うだけで、ちょっと新鮮な雰囲気でした。
斎藤さんはいつもの白いシャツ、田淵さんは黒いTシャツ(グッズのかな?)、
鈴木さんは白っぽい服装だったと思うけど、遠目すぎて良くわからず・・・
鈴木さん、ブログでこの日の衣裳のこと書いてたから、どんななのか気になってたんだけどなー。

で、1曲目はまさかの♪UNOストーリー 。
まさかの、って書いたけど、聴いた瞬間には最初の歌詞がもの凄くストレートに響いてきて、
いきなり涙目になりました。
そして、♪cody beats で早くも涙腺決壊(^^;)
♪UNOストーリー はライブで聴くのが初めて、というのもあるけれど、
この2曲って私の中ではそれこそ“迎えに来てくれる”というイメージの曲なのね。

ユニゾンのファンに対する距離感。
何かのインタビューで、放置、って言ってたこともあったけど、
何というか、明確な線を引いている印象があった。
おもねるのでもなく、媚びるのでもなく、
ただそのままの“彼ら”を、彼らの“音楽”を届けることでのみ繋がる、距離感。
それは、多分彼らの覚悟でもあり、矜持でもあると思う。
でも、この日のライブは、彼らが一歩近づいて来てくれたように感じた。
これが自分たちのやりたいことなのか?と悩みながら、
これが求められていることなのか?と戸惑いながら、
それでも、彼らが踏み出してくれた一歩。
その一歩分近くなった距離感。
その距離感の分、感じられる温もり―――
それは、本当に胸の奥がほっこりと温かくなるような感じで。
この二曲には、その一歩を踏み出す彼らの“決意”が感じられる気がして、
なんだか、これまでに感じたことのないような穏やかな喜びに満たされたように思います。

・・・なんてことを一人思っていたわけだけど、彼らの真意はもちろんわからず(笑)。
でも、いつも通りにちょっと特別をプラスしたライブを、彼ら自身も楽しんでいるみたいで、
それがとっても嬉しかったのでしたv

♪フルカラープログラム は、前奏を聴いた瞬間、武道館の記憶があまりにも鮮やかによみがえって、
自分でもちょっとびっくりしたのですが、
この日はもちろん武道館とは違う“いつも通り”のキラキラさに、思いっきり笑顔になったのでした。

で、この後に斎藤さんのMC。
FCイベントの記念すべき第1回ということで、いろいろな案が出たのだとか。
5曲くらいやって、あとはみんなでマリオカートしようか、とか、
田淵さんの体のいろんなところに万歩計をつけて、どこが一番動いているか調べるか、とか(笑)。
その実験、ちょっと見てみたかった気がする(笑)。
で、またTVで山ちゃんに報告するのv(え)

♪プロトラクト・カウントダウン は、個人的にとっても痛くて、でもとっても好きな曲で。
いやもうほんとにかっこいいよね!
この日はロッカーに預ける余裕がなくて小さめの荷物を抱えていたので、大人しくしようと思ってたんだけど、
我慢できずに腕振り上げちゃいました(^^;)
演奏自体も勢いに乗っているというか、ちょっと走ってる感じだったかなー。
で、結構テンション上がってたところでの♪夜が揺れている 。
・・・びっくりした!
まさかこの曲が来るとは思わなかったので、第一声を聴いた瞬間にちょっと鳥肌立ちました。
ずっと生で聴いてみたかった曲でもあったのですが、
実際に聴いてみると、喚起される情景と感情があんまりにも切なくて―――
穏やかなメロディと強がるような言葉の底に流れるやるせない感情に思いっきり揺さぶられました。
暗いステージの上から客席に向かう、放射状の水色の照明も、
どこか別の次元のような曖昧さと冷たさがあって・・・
そして、最後の呟くような「バイバイ」に泣けた。

♪僕は君になりたい は、初めてライブで聴いた後、この曲の背景を教えてもらって。
たぶん、その後ライブで聴くのは初めて、かな。
思ったほど元の物語は思い浮かばなかったけど、
夕焼けみたいなオレンジの照明が、放課後の教室とか帰り道みたいな感じで、凄く綺麗でした。

で、ここからちょっと特別(笑)なカバー曲。
1曲目は、斎藤さんでaikoさんの♪花火。
ソロの弾き語りとかでは歌ったことがあるのかな?
なんだか凄く可愛い雰囲気で、サビの部分のキラキラさがとても印象的でした。
「もう1曲。次は田淵が」という斎藤さんの言葉にどよめくフロア(笑)。
田淵さんが歌った曲、私は全然知らなかったのだけれど、凄くいい曲ですねー。
若々しいというかちょっと青臭い感じのストレートな歌詞が、
コーラスで聴くよりも甘さの強い田淵さんの声と凄く合ってたように思います。
っていうか、当然なんだけど、田淵さん、歌上手い!!!
演奏に気持ちが行って、マイクからちょっと顔が離れちゃうときとか、
裏声に流れるのがちょっとぎこちなかったり、というところはあったけど、
それがまた初々しくてv(おい)
でも、ベースが歌う、というのって、私の中ではフジタニナオキなんだよねー。
凄い常識的なフジタニナオキ? 天才的なのは合ってるか(笑)。
斎藤さんがコーラスというのも、とっても新鮮でした。
「俺、田淵ときたので・・・」という斎藤さんの言葉に、再度どよめくフロア(笑)。
カバー三曲目は鈴木さん!
しかもラップ!!
もちろん、ドラムも叩きながら!!!
でもって、思いっきりイケメンボイスなんですけど?!
いやもう1コーラス目で、フロアがこれまで以上にどよめいたよねー。
この日は鈴木さんがほとんど見えなかったのだけど、この時はちょっと背伸びして頑張って見ちゃいました。
ほんとにドラム叩きながら、歌ってるよ・・・抜群のリズム感、全開!という感じ?
斎藤さんいわく、練習の時よりも声が出てたらしいです。さすがだ、鈴木さん!
曲が終わった後も、フロアが凄いどよめいてて(いやでもその気持ちはとっても良くわかる!)、
斎藤さんが「ちょっとみんな落ち着こう」って何回か言ってた(笑)。
カバーした曲の説明もちょこっとしてくれました。
♪花火 は斎藤バージョンとのこと。
田淵さんカバー曲は、「水曜どうでしょう」の主題歌だったんですね。
今日行ってるお友達が今頃感動に涙しているに違いない!
鈴木さん曲は、ギターがちょっと弾きにくかったらしい。
で、「この曲は借り物です」と(笑)。

そういえば、このパートのとき、舞台奥のロゴの上に田淵さんの影が映っていることに気づきました。
舞台下手前方から奥に向かうライトが、ちょうど当たってたみたい。
その影が動くのがなんだかとても印象的で、しばらく見つめてしまいました。
その後の曲でもあったから、その前にもやってたのかな?
LIQUIDの照明はいつも綺麗で、この日も素敵だなー、と思った瞬間がたくさんあったのだけど、
その中でも、この影の照明プランは個人的に凄いツボでしたv
考えてくださった方、ありがとう!


いつも通りに戻っての♪セレナーデが止まらない から♪シャンデリア・ワルツ。
うん、なんというかちょっとほっとするね(笑)。
さっきの“特別”の時って、やっぱりちょっと“特別”な雰囲気になってた。
それを一気にもとに引き戻せるのは、やっぱり彼らの力なんだろうなあ。

「新曲やります」の言葉の後に始まったのは、たたみかけるような演奏と言葉がとてもかっこいい1曲。
途中、ちょっとテンポが変わるところもあって面白かった。
印象的な言葉もいろいろあった気がするけど、上手く聞き取れなかったなー。
「泥臭くてもいいじゃない」的な言葉があって、思わず笑顔になったり(笑)。
で、この新曲は、某ドラマの主題歌ではないらしいです。
あのドラマは「バンバン人が死ぬので、こんなに明るい曲ではだめ」らしい。
まあ、曲のタイトルも不穏だしね(おい)。
武道館の後、沢山新曲を作っていたらしいです。
「ライブとかCDとか、みんなの手に届くように形にしたい」って言ってくれました。
うん。楽しみにしてますv

♪シグナルABC は、生で聴くのは2回目、かな。
やっぱり凄く可愛いv
そういえば、この曲の前だったかな?
「あれ?俺のカポ知らない?」って斎藤さん(笑)。
お客さんが教えてくれたみたいで、「ありがとー」って言ってました。
その様子は見えなかったのだけど、どこにあったんだろう・・・?
夜な夜なは、いつもとは違って青系の照明だったかな。
その照明の中、空に伸ばされる沢山の手が凄く綺麗だった。
私ももちろん手を振り上げてたんだけど、振り上げた手の先が感じる温度と湿度が確実に高くてびっくり!
空調の真下に陣取っちゃって、寒いかもなー、なんて最初に思ってたはずなのに、
体感的にはむしろ快適だったから、前方フロアはすごい暑かったんだろうなー。
そういえば、隣に高校生くらいの小柄な女の子が、ずーっと胸元に手を握りしめてる感じだったのだけど、
この曲あたりから遠慮がちに、でもすごく楽しそうに腕を振り上げてたな。
なんか凄く可愛かったv
前にいた男の子は、全然動いてなかったんだけど、終わって振り向いたときに凄い全開の笑顔だった。
私の周りにいた人たちは、それぞれのスタイルでそれぞれにすごく楽しそうだったな、と思う。
手拍子とか合唱もあんまり気にならなかったのは、私がいた位置の関係かしら?
でも、やっぱりいつもよりちょっとアットホームに感じたのは、
周りがみんなユニゾンファン、っていう安心感とか余裕があったからかもしれないね。

そしてラストも、この曲が来たか!と。
最初の長く伸ばす斎藤さんの声、大好きv
この瞬間には思いっきりテンション上がってて、とにかく楽しくて仕方なかったのだけど、
今思い返してみると1曲目とちょっと対になってる感じかもしれないな、と思ったり。
「約束」という言葉が、なんだかとても深く響いたのは、多分私の感傷なんだろうな。
ギターソロを弾く斎藤さんの姿はほとんど見えなかったけど、
ガンガン切り込んでくる勢いがめちゃくちゃかっこよかった!
フロアと同じように、三人ともテンション上がってたっぽい?
この曲だったかシュガビタだったか忘れちゃったけど、
田淵さんのマイクが外れたか落ちたかそっぽ向いたかしちゃったみたいで、
スタッフさんが二人出てきてなおしてました。
で、もとに戻ったマイクをぽんぽんってして笑顔になった田淵さんがめちゃくちゃ可愛かったー!!!(落ち着け)

アンコールをねだる拍手が波みたいに弾いたり打ち寄せたりしてるの、なんだか気持ちよかったなー。
で、出てきた斎藤さん、黒のTシャツに着替えてたかな。
「こういうイベントは初めてで、どうしたらいいのかいろいろ考えたんだけど、
 こんなんで良かったですか?」的なことを。
いやいや、思いっきり楽しかったですよー!!
やっぱり今日はちょっと特別なので、あんまりひきずらないように的なことも言ってたかな?
「新曲作るときにラップ入れよう!とか言われたらめんどくさいから」って(笑)。
新たな扉ってことで、それもいいんじゃないですか?
外れちゃった人に対しての言葉もあったかな。
追加公演についても検討中で、マネージャーが頑張って号外を作りました、と。
「Uスポって言うんだけどね」(笑)。
イベントは、ファンのみんなへのお礼のようなものなので、来たい人がみんな来れるように、
これからメンバーやスタッフと考えていく、とも言ってたと思います。
号外を見たら、ほんとにいろいろ考えてたみたいで・・・その姿勢に頭が下がります。
お礼を言いたいのは、こっちの方なのになあ(>_<)
でも、さすがにライブのマチソワは無理だと思うよ?(笑)

そして、アンコールはまたまたライブでは初めての♪スノウリバース 。
凄く静かな雰囲気の曲なんだけど、なんだか凄く手を伸ばしたくなるね、この曲。
ほんとに、雪の朝みたい。
途中のギターと歌声だけの部分、白い逆光の中の斎藤さんの凛とした雰囲気が凄くかっこよかった。
(この時は奇跡的に斎藤さんが良く見えたの)
♪スノウアンサー も大好きなので、いつか聴けるといいなー。
で、ラストのシュガビタ。
何かのインタビューで、この曲がアンセムだ、というのを読んだけど、
確かに今の彼らを代表するのはこの曲なんだろうな。
改めて聴いても、何度聞いても、そのことに疑問の余地がない名曲だと思う。
いろんな感情が喚起される一筋縄じゃないところも凄く好き。

でも、この曲は、今の彼らのアンセムだから。

これから、彼らがどんな音楽を届けてくれるのか。
どんな景色を見せてくれるのか。
どんな温もりを感じさせてくれるのか。
どんな世界へ飛び立っていくのか―――

UNICITYという、彼らの街の片隅に住まわせてもらっている一人として、
これからの彼らを、その時々の距離感で、ずっとずっと見つめていきたい。
そして、小さな声でも、彼らに声援を送っていきたい。
それが、たぶん私が彼らに手渡せる唯一の“お礼”なんだと思うから。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック