道程

その希求も。 その努力も。 その笑顔も。 その絶望も。 その慟哭も。 全て彼らの道程の最中。 「宝塚BOYS」team SKY 2018.8.19 マチネ 東京芸術劇場プレイハウス 1階S列一桁台 出演:永田崇人、溝口琢矢、塩田康平、富田健太郎、山口大地、川原一馬、中塚皓平、愛華みれ、山西淳 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敗者の物語

どんなに願っても。 どんなに焦がれても。 どんなに懸命になっても。 叶うことのない夢があることを、私たちは知っている。 それでも――― 「宝塚BOYS」team SEA 2018.8.11 マチネ 東京芸術劇場プレイハウス 1階I列一桁台 出演:良知真次、藤岡正明、上山竜治、木内健人、百名ヒロキ、石井一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その果ての笑み

先週の金曜日。 久々に法隆寺に行ってきました。 目的の一つは、大好きな仏さまに会うこと。 六観音の中の、文殊菩薩さま。 初めて自分の意志で法隆寺に行った時以来、たぶん私の一番大好きで大切で憧れな仏さまです。 心惹かれるのは、その笑み。 穏やかで。 柔らかくて。 静かで。 温かくて。 見上げていると、自然と自分も笑みが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夏のクリスマス

気づいたら7月。 今年の半分が終わってしまいました・・・ という事実よりも、ここ数日の暑さの方が目下の一大事な感じです(^^;) こんな暑さの中、あの凄まじいお芝居を連日2公演とか、役者さんってほんとに凄いなあ。 本当に、お体に気をつけて楽しんで演じてほしいです(多方面へ向けて)。 そんな暑さの中、ちょっとブラックな真夏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

導きの星

あの時。 “彼ら”が見上げた先に輝いていた、星。 その星は“彼ら”に何をもたらしたのか。 「モーツァルト!」 2018.6.24 マチネ 帝国劇場 1階M列10番台 出演:古川雄大、平野綾、和音美桜、香寿たつき、阿知波悟美、武岡淳一、遠山裕介、戸井勝海、    山口祐一郎、市村正親、朝隈濯朗、阿部誠司、奥山寛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理想の男

梅雨の中休み、と今朝天気予報で言っていましたが、今週はかなり暑くなりそうですね。 連日30℃越えとか、ちょっと勘弁して欲しいなあ、と思いつつ、夏の花をめでる毎日です。 夏の空というと、なんとなく天の川が思い浮かぶのですが、 そういえばしばらく天の川を見ていないなあ。 今年は舞台の上の銀河だけでなく、リアルな天の川も観にいけるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命の芯

夏至を過ぎて、本当に日が長くなりましたね。 これを書き始めたのは19時ちょっと前なのですが、まだ外が明るいです。 今週は、久々に大きな地震が続いたり(地元のは直下だったのだけど、初めてでびっくりした・・・)、 予定外の仕事がとんでもなく多くて久々にキャパ越えしそうになったり、 なんだか落ち着かない1週間でした。 午前仕事を終え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凌霄花の咲く夕べ

昨日、ライブ会場まで車を運転していたら、もう凌霄花が咲いていることに気づきました。 もう夏だなあ・・・前回彼らのライブに行った時には、まだ春の花が咲いていたのに。 今年は季節が本当に駆け足。 次に彼らのライブに行く時には、どんな花が咲いているかな。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 「MOD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

命題

彼が背負う天命。 彼を形作る命名。 彼が―――彼らが対峙する命題。 その答えは、未だ白い茫漠の彼方。 舞台「刀剣乱舞 悲伝 結の目の不如帰」 2018.6.2 ソワレ TOKYO DOME CITY HALL アリーナ14列50番台(ライブビューイング) 2018.6.5 ソワレ 明治座 1階16列10番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1/2の距離感

真っ白な壁の内側。 隠されているのは鮮やかな心。 「アメリ」 2018.5.30 天王洲銀河劇場 1階E列一桁台 出演:渡辺麻友、太田基裕、植本純米、勝矢、伊藤明賢、石井一彰、山岸門人、皆本麻帆、     野口かおる、藤巻杏慈、明星真由美、池田有希子、藤木孝 フランス映画「アメリ」をミュージカル化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

父の祈り

気が付いたら大好きな5月が終わっていました・・・ いろいろ楽しいことも大変なこともあったはずなのに、なんだかあっという間だったなあ。 年々、時間の経つのが早くなって、一瞬一瞬の濃度が薄まっていく気がしますが、 それって、人が生きていくためには必要なことなのかもしれないな、と思いました。 そして、それはたぶん、“彼”とは正反対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢の残滓

彼女が撃ち抜いた夢の残滓。 それがきっと、新しい未来の始まり。 劇団☆新感線『修羅天魔 ~髑髏城の七人 Season極』 2018.5.12 マチネ IHIステージアラウンド東京 22列一桁台 出演:天海祐希、福士誠治、竜星涼、清水くるみ、三宅弘城、山本亨、梶原善、古田新太、     右近健一、河野まさと、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

緋色の王衣

彼が選んだ白を染め上げた赤。 それは、あの大地に流れた血の色なのか。 彼の未来を飾る薔薇の色なのか。 「ヘンリー五世」 2018.5.19 マチネ 新国立劇場中劇場 1階19列30番台 出演:浦井健治、亀田佳明、鈴木陽丈、浅野雅博、櫻井章喜、水野龍司、田代隆秀、勝部演之、    下総源太朗、清原達之、金内善久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内と外

まあるい硝子に閉じ込められた小さくな空間。 静かで、綺麗で、誰にも脅かされることのない―――決して壊れることのない、世界。 それは、あの硝子の内側なのか外側なのか。 「1984」 2018.5.12 ソワレ 新国立劇場小劇場 C6列一桁台 出演:井上芳雄、神農直隆、曽我部洋士、武子太郎、山口省吾、森下能幸、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

温故知新

2年。 この年になるとあっという間に過ぎてしまう時間。 だけど、若い彼らにとっては、きっととても濃密でいろんなことを吸収する時間だったんだろうなあ。 そんな若者の成長を実感したりもしたコンサートでしたv JERSEY BOYS THE MUSICAL IN CONCERT 2018.5.13 マチネ シアタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猫要素補充!

猫が好きです。 いや、お友達からすれば今更何を、という感じでしょうが、とにかく猫が好きです! 小学校6年の時から2年前まで、実家にはずーっと猫がいました。 仕事柄家を空けることが多いので、一人暮らしの部屋で猫と暮らすことは諦めていたので、 時々実家に帰っては「誰だっけ?」という目で見てくるおばあちゃん猫を愛でていたのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流星の軌跡

果てる場所ではなく、生き抜くための場所で。 終わりを告げるためだけではなく、未来へ繋げるために。 想いを振り切るのではなく、想いを受け止めて。 ―――その星が届けた、最後の輝き。 ミュージカル『刀剣乱舞』~結びの響、始まりの音~ 2018.4.30 ソワレ TOKYO DOME CITY HALL 第1バルコニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東風が運ぶもの

「東風(こち)」という言葉をきくと、 出会いや別れ、終わりと始まり、変化と飛躍・・・ そんなイメージが浮かびます。 これはたぶん、春が新学期の日本ならではの感覚なのではないかなあ、と思うのですが・・・ でも。 雨に煙るチェリー・ツリー・レーンに吹いた一陣の強い東風がもたらしたのも、 きっとそんな変化の奇跡。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

離れゆく螺旋

人の目では見ることのできない、小さな、けれど無限の世界。 それを見ようとした彼女と彼らは、 けれど、目に見えるはずのものを見ることができなくなっていたのだろうか。 「PHOTOGRAPH 51」 2018.4.15 東京芸術劇場 シアターウエスト H列10番台 作:アナ・ジーグラ 演出:サラナ・ラパイン 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

てのひらの世界

大きなホールの三階から見下ろした、遠くの小さな小さなステージ。 けれど。 その掌の上のステージから広がったのは、果てしのない彼らの世界。 UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 「MODE MOOD MODE」 2018.4.19 NHKホール 3階C11列30番台 *以下、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more